スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン テイルパイプwithピンポインター&ノーブル軍曹 

■TFダークサイドムーン HAベーシック テイルパイプwithピンポインター&ノーブル軍曹
パッケージ
6354.jpg 6355.jpg


ビークルモード
6356.jpg 6357.jpg
6358.jpg 6359.jpg
6360.jpg 6361.jpg
大型バイク。
系的にはツアラー系になるのかな?

ノーブル軍曹
6362.jpg 6363.jpg
6364.jpg 6365.jpg
デドクリフ上等兵に比べればまだマシですが、やはり目の塗装が…

武器のガトリングユニットを装着して搭乗
6366.jpg 6367.jpg
かなりのオーバースケールになります。


トランスフォーム
6368.jpg 6369.jpg
武器とノーブルを外し、後部シートを展開して脚部にする。
6370.jpg 6371.jpg
エンジン部を展開して腕部にし、立たせてフレームを90度曲げ前輪後輪を折り畳む。
6372.jpg 6373.jpg
頭部を引き上げ腰部を開いて胸部パーツを出し、胴体を折り畳んで胸部パーツを嵌めこみ完成。


ロボットモード
6374.jpg 6375.jpg
肩に回ったタイヤが特徴的ですが、本体の変形ギミックそのものはシンプル。
ややバックヘビー気味ですが、足先と踵がクロー型なので安定しています。

頭部はブリアレオスのような四つ目。
6376.jpg

武器のガトリングユニットもトランスフォーム
6377.jpg 6378.jpg
6379.jpg 6380.jpg
手持ちのダブルガトリングガンになります。

武器は拳の5mm穴に持たせることが出来ます。
6381.jpg 6382.jpg

可動は標準的なところ。
6384.jpg 6385.jpg
足先と踵のクローのおかげで安定してポーズが付けられます。

ノーブルとの比較
6383.jpg

ピンポインターは更にトランスフォーム
6386.jpg 6387.jpg

ロボットモード
6388.jpg 6389.jpg
なんとマイクロン”ピンポインター”になります。
6390.jpg 6391.jpg
肩、肘、股関、膝が可動しますが、テイルパイプと違い足首が動かないので
ポーズ付けの幅はあまりありません。

テイルパイプ、ノーブルとの比較
6392.jpg


トランスフォーム
6393.jpg 6394.jpg
背中のタイヤを展開してブレードを引き出し、頭部を収め胸部パーツを収納する。
6395.jpg 6396.jpg
腕部を折り畳みタイヤを上に回し、脚部を折り畳んで完成。


ウェポンモード
6397.jpg 6398.jpg
ダブルソーサーソーとでも言えばいいのかな?

ビークルモードからフレームとタイヤが移動してるだけなので、
普通にノーブルを乗せることが出来ます。
6399.jpg 6400.jpg

他TFに装着
6401.jpg 6402.jpg
ピンポインターと合わせて遊びの幅が増えます。


他のHAベーシックと比べるとややボリューム不足ですが、その分をピンポインターが
補いプレイバリューはかなり高いです。

変形動画



6403.jpg
ということでHAベーシック4体の紹介でしたが、手頃なサイズで三段変形、
人間フィギュアや他TFとの組み合わせも色々とでき、非常にプレイバリューが
高くてオススメです。
スポンサーサイト

[ 2011/06/25 23:59 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン オートボットホワール&スパークプラグ少佐 

■TFダークサイドムーン HAベーシック オートボットホワール&スパークプラグ少佐
パッケージ
6318.jpg 6319.jpg


ビークルモード
6320.jpg 6321.jpg
6322.jpg 6323.jpg
6324.jpg
小型ヘリコプター
一人乗りなのでヘリコプターというよりもオートジャイロな感じ。
スキッド部と本体との接続部がロボット時の股関節なので、ちゃんと固定化されず
すぐ可動してしまうのが難点。

スパークプラグ少佐
6325.jpg 6326.jpg
6327.jpg 6328.jpg
顔有り組の中では一番マトモな顔です(笑)。
鼻の頭の塗装がはげちゃってるのが残念。

武器を装着して搭乗
6329.jpg 6330.jpg
武器のガトリング砲はテール部にも装着できます。


トランスフォーム
6331.jpg 6332.jpg
武器とスパークプラグを外し、スキッド部を展開し脚部にする。
6333.jpg 6334.jpg
テール部を展開して腕部にし、腰部を前に回しコックピットを折り畳んで頭部を前に回し
ローターを背中に倒して完成。


ロボットモード
6335.jpg 6336.jpg
変形に捻りはないですが、バランスが取れた体型。

頭部はゴーグル+マスクであまり劇場版TFっぽくないです。
6337.jpg

武器は片腕太ももなどに取り付けることが出来ます。
6338.jpg 6339.jpg

可動は標準的な可動箇所に加え肩スイングや膝ロールまであり、HAベーシック組の
中ではダントツ。
6341.jpg 6342.jpg
足首のボールジョイントとスキッドのおかげで接地性も非常に高いです。

スパークプラグとの比較
6340.jpg


トランスフォーム
6343.jpg 6344.jpg
背中のローターを折り畳み、頭部を180度回してローターを上げ腕部を後ろに回す。
6345.jpg 6346.jpg
脚部を折り畳み、コックピットを展開して完成。


ウェポンモード
6347.jpg 6348.jpg
ロングバレルの大型ビームキャノン。

一応スパークプラグを乗せることが出来ます。
6349.jpg
まあぶっちゃけウェポンモードで人のせる乗って意味ないよね(笑)。

説明書通りだと取り回しづらいので、コックピットと腕部を折り畳んでこんな感じに。
6350.jpg 6351.jpg
R-GUNパワードのHTBキャノンっぽく。

大型TFとの組み合わせが映えます。
6352.jpg 6353.jpg


ビークルモード時にスキッド部が固定されないのが難点ですが、3形態のプロポーションは
良好で可動範囲も広く、またローターブレードの今迄に無い処理と、今回のHAベーシックの
中でもトップクラスの出来で、個人的にも一番のお気に入りです。
そもそも今回海外版の購入に踏み切ったのも、このホワールが欲しかったというのが
大きいですし。


変形動画

[ 2011/06/24 23:48 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン サンドストーム&デドクリフ上等兵 

■TFダークサイドムーン HAベーシック サンドストーム&デドクリフ上等兵
パッケージ
6285.jpg 6286.jpg

ビークルモード
6287.jpg 6288.jpg
6289.jpg 6290.jpg
6291.jpg 6292.jpg
デューンバギー

デドクリフ上等兵
6293.jpg 6294.jpg
6296.jpg 6295.jpg
可動はスパイクと同じなんですが、なんとというか、ぶっちゃけ目が抉れてるようにしか
見えなくてコワイヨー(( ;゚Д゚))))))  …呪いの泥人形と化しておる。

武器を装着して搭乗
6297.jpg 6298.jpg


トランスフォーム
6299.jpg 6300.jpg
デドクリフと武器を外し、パイプを後ろに回す。
6301.jpg
車体前部を折り曲げて立たせ、腕部を展開し胸部装甲とパイプを畳み下半身を180度回し完成。

ロボットモード
6303.jpg 6304.jpg
スタンダードでバランスの良い体型。

頭部はバックファイアのような集光ギミックはありません。
6305.jpg

武器は拳の5mm穴に持たせられます。
6306.jpg

可動はバックファイアと違い、クセが無く動かしやすいです。
6307.jpg 6308.jpg
やはり足首があるのと無いのでは接地の安定性が段違いだなあ。

デドクリフとの対比
6309.jpg


トランスフォーム
6310.jpg 6311.jpg
下半身を180度回して胸のパイプを降ろし、頭部と背中のパイプを上に上げて腕部を折り畳む。
6312.jpg
胸アーマーを下ろして脚部を折り畳んで完成。


ウェポンモード
6313.jpg 6314.jpg
大型ミサイルランチャー…とは素直に言いがたい変な形状。
前にせり出したパイプと頭部の処理の処理がはうちょっとどうにかできかったものか。

デドクリフを乗せることが出来ます。
6315.jpg
ちゃんと操縦桿があるのが芸コマ。

ウェポンモード共通の5mmジョイントで他TFの武器として持たせることが出来ます。
6316.jpg 6317.jpg
正直形状がかなり特殊なので取り回しづらいです。


ウェポンモードでの取り回しとデドクリフの顔に難がありますが、ビークルモードやロボット
モードはいい意味でクセがなく遊びやすいので、HAベーシックの中でもオススメの1体です。


変形動画

[ 2011/06/23 23:51 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン バックファイア&スパイク・ウィトウィッキー 

■TFダークサイドムーン HAベーシック バックファイア&スパイク・ウィトウィッキー
前作リベンジから始まったTFと人間を組み合わせた「ヒューマンアライアンス」シリーズの
新カテゴリーで、ヴォイジャークラス大だったTFがスカウトクラス大に変更され、他TFの
武器になるウェポンモードへの変形が加わった、プレイバリューの非常に高いシリーズです。
6246.jpg
情報が出た頃から楽しみにしていたシリーズで、国内版が出る8~9月まで待ちきれ
なかったの為、海外版を購入してしまいました。

パッケージ
6247.jpg 6248.jpg


ビークルモード
6249.jpg 6250.jpg
6251.jpg 6252.jpg
6253.jpg 6254.jpg
三輪バギー

スパイク・ウィトウィッキー
6255.jpg 6256.jpg
従来のヒューマンアライアンスの人間フィギュアと比べると頭半分ほど小さくなっています。
6257.jpg 6258.jpg
可動は首、肩、手首、股関節、膝と、このサイズにしてはかなり動く方かと。
頭部はヘルメットなので他の連中よりかなりマシ(笑)。

武器を装着して搭乗
6259.jpg 6260.jpg
ややオーバースケール気味です。


トランスフォーム
6261.jpg 6262.jpg
スパイクと武器を外し、バギー上部を持ち上げ後輪のロックを外す。
6263.jpg 6264.jpg
バギー上部を左右に割り股関節を広げ、脚部を折り畳み立たせる。
6265.jpg
バギー前輪部を展開して腕部にし、肩を降ろして完成。


ロボットモード
6266.jpg 6267.jpg
がっしりした体型でなかなか格好いいです。
色やデザイン的にオートボットよりもディセプティコン側っぽいけど(笑)。

6268.jpg
ゴーグル部は集光パーツで光ります。

両腕の外側のC型ジョイントに武器を装着。
6269.jpg 6270.jpg
ぶっちゃけ取り回しづらいです。

可動は一応一通り動きますが、ポーズらしいポーズは付けられません。
6272.jpg 6273.jpg
特に足首が無いので接地にはかなり難有り。

スパイクとの対比
6271.jpg


トランスフォーム
6274.jpg 6275.jpg
腕部を上げ折り畳み、胸部のエンジンを前に出し頭部を収納する。
6276.jpg 6277.jpg
股関節を畳み脚部を合わせ、前輪を折って完成。


ウェポンモード
6278.jpg 6279.jpg
大型ビームキャノン

スパイクを乗せることが出来ます。
6280.jpg 6281.jpg
6282.jpg
マニュアルだとエンジン部に跨らせてますが、こちらの後部スペースの方が
正しいんじゃないかと。

グリップに当たる部分に5mmジョイントがあるので、他のTFに持たせることが出来ます
6283.jpg 6284.jpg
サイズ比的にボイジャークラス以上と絡めるのが良い感じかと。
まあ重量があるのでポーズ付けには苦労しますが。


十分プレイバリューは高いんですが、一緒に購入した他のHAベーシックと比べると
可動面等で煮詰めが足りない感じ。
おそらく開発最初期の1体だったんじゃないかと思われます。

変形動画

[ 2011/06/22 23:56 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン DD-05 ショックウェーブ 

■トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン DD-05 ボイジャークラス ショックウェーブ
G1アニメ版ではメガトロンに忠誠を誓い留守を任されたセイバートロン星を400万年
もの間守り続けるという忠臣、逆にG1アメコミ版では忠誠の対象がメガトロン個人
ではなくデストロンという組織である為場合によってはメガトロンを抹殺することも
厭わないという、媒体によって立ち位置が大きく変わるキャラになっています。
アニメイテッド版ではアニメ寄り、スーパーリンク版ではアメコミ寄りでしたが、
劇場版では果たしてどんなキャラになるのか?
まあ予告等を見る限りではアメコミ寄りっぽいけど。

パッケージ
6203.jpg 6204.jpg

ビークルモード
6205.jpg 6206.jpg
6207.jpg 6208.jpg
6209.jpg 6210.jpg
SF戦車。
主砲のメックテックウェポンは基部に被さるように接続されているので旋回はできません。


トランスフォーム
6211.jpg 6212.jpg
メックテックウェポンとブレードを外し、機体後部のロックを外し腕部を後ろに伸ばす。
6213.jpg 6214.jpg
肩を下ろして腕部を展開し、機体前部のロックを外し脚部を伸ばす。
6215.jpg 6216.jpg
頭部を背中に回し脚部を前に向けて立たせ、脚部を展開し頭部を出して完成。


ロボットモード
6217.jpg 6218.jpg
6219.jpg 6220.jpg
マッシブなプロポーションにダークバイオレットとパープルのカラーリングが
相まって非常に悪格好いいです。
ショックウェーブの特徴である頭部の一つ目は集光パーツでよく光ります。

武装装着
6221.jpg 6222.jpg
右腕にメックテックウェポンを、左腕にブレードを装着。
メックテックウェポンから伸びたエネルギーパイプを背中の5mmジョイントに繋げます。

ジョイントは5mmジョイントが両腕に2、背中に3、メックテックウェポンに1、
C型ジョイントが左腕に1と、標準的な数。

メックテックウェポンは後ろのスイッチを押し込むと主砲脇の副砲が展開し
三連砲になります。
6229.jpg 6230.jpg
また、スイッチをひっかけることによりロックが可能。

可動は手足共に標準的なところですが、胴体が全くの非可動だったり肩の位置が特殊
だったりするのでポーズ付けにはちょっとクセがあるかも。
6223.jpg 6224.jpg
また、エネルギーパイプを付けたままだと腕の可動範囲がかなり制限されます。

見立て変形でレーザーガンっぽくしたり女性型TFっぽくしたり。
6231.jpg 6232.jpg

メガトロンのマントを装着
6225.jpg
なかなかの似合いっぷり。フードの奥から覗く一つ目が映えます。

同じボイジャークラスのメガトロンと比較。
6226.jpg
ちょうど良い塩梅の対比バランスかと。


というわけで第2弾のボイジャークラス2体でしたが、どちらもよく出来ていてオススメです。
6228.jpg


変形動画

[ 2011/06/19 23:48 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン DA-13 スカイハンマー 

■トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン DA-13 ボイジャークラス スカイハンマー
6227.jpg
6/18発売の劇場版TF第2弾からミリタリーヘリコプター(仮称)とニュービラン(仮称)こと
スカイハンマーとショックウェーブを買ってきました。まずはスカイハンマーから。

パッケージ
6175.jpg 6176.jpg


ビークルモード
6177.jpg 6178.jpg
6179.jpg 6180.jpg
複座の大型ヘリコプター
6181.jpg
キャノピーの中には複座のシートがモールドされています。
6182.jpg
また、メックテックウェポンは機首に取り付けることが出来ます。


トランスフォーム
6183.jpg 6184.jpg
機体後方を左右に割って後方に伸ばし、尾翼を折りたたんで脚部にして立たせる。
6185.jpg 6186.jpg
主翼を下におろし、ローター基部のエンジン部を移動させる。
6187.jpg 6188.jpg
機首を左右に割り腕部を展開し、ローター基部を横に回しローターを折りたたんで完成。


ロボットモード
6189.jpg 6190.jpg
6191.jpg 6192.jpg
マッシブかつスマートなプロポーションで格好いいです。
後ろから見るとTFというよりもアーマードコアみたい。
頭部の白いヘルメットに青のマスクはウルトラマグナスの中身を彷彿とさせます。

メックテックウェポン装着
6193.jpg 6194.jpg
ジョイントは5mmジョイントが両腕に2、肩に3、主翼に4、メックテックウェポンに2、
3mmジョイントが主翼に2,C型ジョイントが両腕に2、ミサイルに2と非常に豊富。

メックテックウェポンは後ろのスイッチを押しこむとブレードが伸びます。
6195.jpg 6196.jpg
6197.jpg
スイッチを押し込んだ状態で右にひねるとロックされます。

可動は膝の下にロール軸があるため下半身の可動にクセがありますが、腰も回るので
ポーズ付けの幅は大きいです。
6198.jpg 6199.jpg

同じヘリ型TFであるHAベーシックのホワールのウェポンモードを持たせてみる。
6200.jpg

メガトロンのマントを装着。
6201.jpg

同じボイジャークラスのアイアンハイドと比較。
6202.jpg
ほぼ同サイズ。

映画非登場組の中では一番楽しみにしていましたが、変形前後の両形態のプロポーション
といい、適度な変形難易度といい、ヘリ型TFの鬼門だったローターの処理の今までにない
アイディアといい、期待に違わぬ素晴らしい出来でオススメです。


変形動画

[ 2011/06/18 23:56 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン DA-10 オートボットトップスピン  

■トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
 DA-10 デラックスクラス オートボットトップスピン

ロードバスター、レッドフットと共に精鋭チーム「レッカーズ」を構成するオートボット。
オプティマスやバンブルビーとは違い地球人には無関心で、ディセプティコンとの
戦闘にしか興味がないらしい?

パッケージ
5721.jpg 5722.jpg
5723.jpg 5724.jpg
ロードバスター同様NASCARのライセンスシールが貼られています。
あと現行TVシリーズである「トランスフォーマー プライム」の宣伝も
書かれてるけどこっちじゃ見れないヨ!


ビークルモード
5725.jpg 5726.jpg
5727.jpg 5728.jpg
ロードバスターと同じNASCARのストックカー…のはずですが、マッドマックス
にでも出てきそうな武装カーに。どうしてこうなった。
劇中では最初はノーマル状態で出てきて後に改造されるって感じなのかな?

メックテックウェポン装備状態
5729.jpg
前が見えねぇ(笑)。
いやTFだから支障は無いんでしょうが。

武装されたルーフのみの展開も可能
5730.jpg 5731.jpg
後ろがスカスカになりますが。

武装無し状態
5732.jpg 5733.jpg
5734.jpg 5735.jpg
やはり5mmジョイント穴がちょっと目立ちますね。
ペイント部分にかかってる箇所もないので、ロードバスターのような
穴を塞ぐギミックは無いです。

ロードバスターと比較
5736.jpg


トランスフォーム
5737.jpg 5738.jpg
車体サイド部のロックを外し、前輪を基点に前に回す。
5739.jpg 5740.jpg
ボンネットを持ち上げバンパーを折り畳み脚部を変形させ、ルーフを左右に移動させる。
5741.jpg 5742.jpg
胴体を180度回し股関節を閉じて立たせ、肩を展開して腕を下ろし頭部を前に出して
最後にルーフ部を折り畳み武器を180度回して前に向けて完成。


ロボットモード
5743.jpg 5744.jpg
5745.jpg 5758.jpg
背中というか肩のウェポンユニットのおかげでロードバスターと同じく逆三角形な
シルエットに。スマートで格好いいです。
脚部の変形パターンがロックダウンっぽいかな。
腕部はパッと見マジックハンドというかクローになっているように見えますが、
内側には普通の手がモールドされています。
5746.jpg 5747.jpg
頭部はサングラスをかけたドレッドヘアの黒人っぽくもあり、龍虎の拳外伝の
不破刃っぽくもあり。・・・・すごい漢だ。
ちょっと塗り分けのハズレ引いたかな。

背中のウェポンユニットはやや癖はあるもののフレキシブルに可動します。
5752.jpg

後ろに回して待機状態っぽく。
5748.jpg 5749.jpg

メックテックウェポンはスイッチを引っ張るとクローが展開。
5750.jpg 5751.jpg
ロードバスター同様こちらも展開状態では固定できません。
デラックスクラスのメックテックウェポンは基本ロック機構無し?

ロードバスターはC型ジョイント満載でしたが、
5753.jpg
こちらは両腕とウェポンユニットに合計6個の5mmジョイント穴があり、
色々付け替えて遊べます。

可動はデラックスクラスの標準的な箇所と半に加え、
5754.jpg 5755.jpg
肩が前後にスイングするので腕組みっぽいポーズを取ることも出来ます。

お約束のメガトロンのマント装備状態
5756.jpg

ロードバスターと比較
5757.jpg
トップスピンの方が頭ひとつというか、一回り大きいです。

プロポーションが良くプレイバリューも高くて、第1陣デラックスクラスの中では
一番遊べるんじゃないでしょうか。



[ 2011/05/16 23:42 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン DA-09 ロードバスター 

■トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン DA-09 デラックスクラス ロードバスター

トップスピン、レッドフットと共に精鋭チーム「レッカーズ」を構成するオートボット。
オプティマスやバンブルビーとは違い地球人には無関心で、ディセプティコンとの
戦闘にしか興味がないらしい?

パッケージ
5686.jpg 5687.jpg
5688.jpg
裏面にはNASCARのライセンスシールが貼られています。


ビークルモード
5690.jpg 5691.jpg
5692.jpg 5693.jpg
NASCARのストックカー。
本物に比べると側面あたりの広告類が減っててちょっと寂しい。

メックテックウェポン装備状態
5694.jpg
ちなみにメックテックウェポンを取り付けるルーフの5mmジョイント穴は裏側に
バネが仕込まれていて、外すと自動で穴が塞がるようになっています。
5695.jpg 5696.jpg
NASCAR側からペイントされてる部分をいじらないようにとか言われてるのかな?


トランスフォーム
5697.jpg 5698.jpg
メックテックウェポンを外し左右サイドパーツのロックを外し後部を跳ね上げ、
裏返しにして脚部を引き上げ左右に割る。
5699.jpg 5700.jpg
ボンネットの一部を分割して持ち上げ、中央ジョイントを基点に車体内のパーツ類を
後方にガバっと移動させて固定する。
5701.jpg 5702.jpg
残されたボンネットを折り畳み後方に移動したパーツの首から下を180度回し、
頭部を基点に再び折り曲げる。
5703.jpg 5704.jpg
脚部を展開して立たせ、腕部のパーツと背中のミサイルユニットを展開する。


ロボットモード
5705.jpg 5706.jpg
5707.jpg
下半身がスマートで、背中のミサイルユニットと相まってシルエットが
逆三角形っぽく。
ビークルからパーツの位置がガバっと変わる面白い変形ギミックですが、
背中にルーフ部周りがごっそりそのまま残ってしまってるのが残念。
おかげでややバックヘビー気味でちょっと倒れやすいです。
5708.jpg 5689.jpg
パッケージのブタ鼻のてへぺろ顔とは違い、実物の顔はゴーグルフェイスで
なかなか格好いいです。
グリーンのボディカラーと相まってどことなくガンマックスな印象が。

背中のミサイルユニットはたたんで収納状態にも出来ます。
5719.jpg 5720.jpg

メックテックウェポンはスイッチを引っ張るとチェーンソーが展開。
5709.jpg 5710.jpg
メガトロンと違い展開状態でのロック機構が無いのですぐ元に戻ってしまいます。
プラモの余りランナーでも挟めば丁度いいかな?
5711.jpg 5712.jpg
ちなみに腕部に接続する際に開いた5mm穴は、自動で元に戻るルーフ部とは違い
裏側から手動でパーツを押し返して元に戻すようになっています。

C型ジョイント基部が各部にあるので色々装着して遊ぶことが出来るようになっています。
5713.jpg 5714.jpg
5715.jpg

可動に関してはデラックスクラスの標準的な可動箇所と範囲ですが、
5716.jpg 5717.jpg
肩のタイヤ部や下腕のドアサイド、背中のルーフ部回りといったパーツが干渉して
微妙に動かしづらいところがあります。
あと変形ギミック上仕方ないとはいえ、腰が回らないのも残念。

おまけ:メガトロンのマントを装着
5718.jpg
あっという間に中二病仕様に(笑)。

デラックスクラスとしては良くも悪くも標準的な出来といったところではないかと。


[ 2011/05/15 23:54 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

TFダークサイドムーン DD-01 メガトロン 

■トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン DD-01 ボイジャークラス メガトロン
いよいよ発売となった「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の玩具を
早速いくつか買ってきました。まずはメガトロンから。

パッケージ
5652.jpg 5653.jpg
5654.jpg 5655.jpg


ビークルモード
5656.jpg 5657.jpg
5658.jpg 5659.jpg
前作、前々作のエイリアンジェット(タンク)から一転、今回は地球のビークルを
スキャンしてボロボロのタンカートラックに。
今までの他のボイジャークラスと比べるとやや小ぶりな印象。

幌を外した状態
5660.jpg 5661.jpg
5662.jpg

擬似的にキャリアーをスイングできます。
5663.jpg 5664.jpg
ちなみに真ん中の2連タイヤがロックスイッチになっていて、ロボットモード時に
タイヤを腿裏に畳むことによって勝手にパーツが動かないように出来ています。

前作、前々作からの伝統で、ルーフを開けるとロボットモードの顔が正面に来てます。
5685.jpg

タンク前部はメックテックウェポンになっていて、スイッチを押し込むと展開します。
5763.jpg 5764.jpg
5765.jpg
スイッチを離すと元に戻ってしまいますが、スイッチのハシゴ部を右に曲げると
ロックされます。

ジョイントは5mmジョイントがルーフに一つ、車体両側面に各一つずつ、メックテック
ウェポンに三つ、C型ジョイントが車体両側面に各一つずつと豊富。
5759.jpg 5761.jpg
5760.jpg
ちなみにルーフの5mmジョイントは裏にバネが仕込んであり、武器を外すと自動で穴が
塞がるようになっています。

ビークルモード武装形態。
5766.jpg 5762.jpg


トランスフォーム
5665.jpg 5666.jpg
タンク前部と幌を取り外し、キャブのパネルを後ろに畳み、タンク後部を左右に割る。
5667.jpg 5668.jpg
タンクを伸ばし後輪の付いたパーツをはめ、膝から下を180度回し脚部を後方に伸ばす。
5669.jpg 5670.jpg
キャブの煙突基部を後ろに跳ねてルーフ部を上に上げ、キャブサイド下から腕を
下ろし内部バンパーを下に下げつつノーズ部を左右に割る。
5671.jpg 5673.jpg
胴体から下を180度回し立たせて肩を90度下ろし、頭部を出してルーフを閉じ、バンパーを
畳みパーツを展開して胸部にし、ガードバーを回して肩アーマーに、腕を展開。
5675.jpg 5676.jpg
幌から頭部カバーを出して上半身に装着し、タンク前部をメックテックで展開して
右腕部に取り付ける。


ロボットモード
5677.jpg 5678.jpg
5679.jpg
左肩にかかったマントに破壊された頭部に右手の大型武器という、中二病マインド
全開なメガ様。というかどう見てもエクシアリペアです。本当にあ(ry

マントを外した状態
5680.jpg 5681.jpg
スマートな上半身とマッシブな下半身の、ギリギリ奇形気味にならない絶妙な
バランスで格好いいです。
下半身肥大なのはビークル顔と共にやはり前作、前々作からの伝統か。

顔の右半分は破損し内部が剥き出しになっています。
5682.jpg

可動は概ね良く動きますが、足首部に可動箇所がないので接地にやや難有りです。
5683.jpg 5684.jpg
5767.jpg 5768.jpg

発売前から一番楽しみにしてましたが、期待に違わぬ格好良さで堪りません。


[ 2011/05/14 23:52 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

タイタニウム グリムロック 

タイタニウム繋がりでこちらも。
5474.jpg
G1前日譚(的パラレル)のアメコミ「Transformers: The War Within 」版
グリムロックのデザインを立体化したものです。
2008年9月頃発売、国内流通の無い海外のみでの販売で、アメリカではトイザラス
限定品でした。

ビークルモード
5475.jpg 5476.jpg
SF重戦車というか移動式トーチカ?

トランスフォーム
5477.jpg 5478.jpg
5479.jpg 5480.jpg
変形ギミックはシンプルこの上無し。

ロボットモード
5481.jpg 5482.jpg
グリムロックの意匠を受け継ぎつつ、マッシブかつヒーロー体型で格好いいです。
唯一下腕が小さめなのが残念。そこは出来れば丸太のような腕が欲しかった。
タイタニウムの名の通り胸部と脚部が金属製で、重量感があります。

剥き出し牙の上にマスクが被さっているような顔デザイン。
5483.jpg

肩アーマー内の腕の付け根位置や劇中やスタチューなどを見るに、肩を後ろに
90度回すのデザイン的には正しいっぽいんですが、
5623.jpg
いざその形状にしてみると背中のアーマー分に干渉する上に腕がより短くなり
肩の位置も先のウルトラマグナス張りの後方に行ってしまうという、なんとも
中途半端な仕様。
この辺が相変わらずのハズブロクオリティ。

武装は剣と銃
5484.jpg
可動は下半身はそこそこですが、上半身は肩関節が一軸な上に、先に書いた
ように腕が接続されている位置が変なので動かしにくいです。

ウルトラマグナスと比較
5624.jpg


ウルトラマグナスに続き、可動やらなんやらでこれまたハズブロクオリティ
ですが、貴重なThe War Within版ということで こちらも何だかんだ言って
結構気に入ってます。

[ 2011/05/12 23:51 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

PIXIV
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。