スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

放生会とちんぷんかんぷん 

いつものメンバーで筥崎宮の放生会(ほうじょうや)に行ってきました。
1669.jpg
博多祇園山笠、博多どんたくと並ぶ博多の三大祭の一つですが、
夜は物凄い人出になるので、昼間行く事に。
1670.jpg 1671.jpg
相変わらず入口から沿道を延々と埋め尽くす屋台を眺めながら
まずは一番奥の本殿を参拝。
1672.jpg
お参りを済ますと、飛田君とほとん君の二人が空腹のあまり物凄く
沈んだ顔で無口になってたので(笑)、慌てて屋台で色々摘む事に。

焼鳥(1本100円)
1673.jpg
最近4、500円のビッグサイズが主流になってたけど普通サイズのも
まだあるのね。味はまあそれなり。

餡餅(シャーピン 300円)、サーターアンダギー(5個500円)
1674.jpg
餃子の中身を厚めの生地で包んだ感じ。
一口貰いましたが、味は悪くないものの焼き過ぎで皮が硬くなってて
食べづらかった。
サーターアンダギーは揚げたてでは無いもののなかなか。

雪花氷(シェーフォアピン 500円)
1675.jpg
台湾から来た最近流行のスィーツ。
口の中でほろほろと溶ける様が新食感で美味しかったです。

焼そば(500円)
1676.jpg
まあこういうところのですのでそれなりのお味。量があるだけまだいい方か。

お好み焼き(各500円)
1677.jpg 1678.jpg
左が飛田君が、右がほとん君がそれぞれ違う店で買ったもの。
なんという格差社会(笑)。
やっぱり屋台にも当りはずれがあるのね。


お腹が膨れたところで他の屋台も見て回る事に。
1679.jpg
グレンラガンのお面ってあったのか。

お化け屋敷&見世物小屋
1680.jpg 1681.jpg
残念ながらまだやってませんでしたが、懐かしいなあ。
っていうか未だに入る人っているんだ(笑)。

うなぎ釣り
1682.jpg
ちょっとやってみたかった。
いや、釣れたら釣れたで困るけど。


満喫した後はヨドバシや天神をブラブラし、夕方に飯塚さん、んが君と合流して
今泉にある居酒屋「????????(ちんぷんかんぷん) 薬院店」へ。

1683.jpg
今年の6月に出来たばかりの、春日にある知る人ぞ知るなお店の支店なんですが、
看板も何も無い上に駐車場の奥まったところにあるという、通りすがりの
一見さんは絶対入ってこれない難易度の高いお店だったりします。
ちなみにここの入口、忍者屋敷のどんでん返しみたいになってます(笑)。

入ってみると、1階は少人数用のカウンターで、
1684.jpg
2階が多人数用のフローリングの座敷に。

まずはビール&ジュースで乾杯。
1685.jpg
なんでもビールサーバーを毎日洗浄してるらしく、泡もきめ細かく
めっちゃ美味しかったとの事。
飯塚さんがそれはそれは幸せそうにグビグビ飲んでました(笑)。
ウウ、車ダッタカラ飲メナカッタヨ…orz


名物の串焼きをメインに色々注文。
1686.jpg 1687.jpg
1688.jpg 1689.jpg

生ハムfeaturingとろアボガドのサラダ(650円)
1690.jpg
生ハムとアボガドとレタスが濃厚なマッチングを。
ちなみに皿の横に乗ってるブロック状のものはグレープフルーツ。

あぶりハツ(90円)
1691.jpg
新鮮な上に中まで火が通るか通らないかという絶妙な焼き加減で美味。

和牛サガリ(200円)
1692.jpg
濃厚かつジューシーでウマウマ。

あぶりレバー(90円)
1693.jpg
こちらも絶妙。
っていうかハツといいこれといいこの質でこの値段はおかしい(笑)。

朝ごぱん巻(200円)
1694.jpg
何かと思ったら、ソーセージを縦に切ってチーズを挟み、それをパンで
巻いて焼いた上にバターを乗せるという手間のかかった変り種。

ピーマン肉詰め(250円)
1695.jpg
良くある縦に切る形でなく、上を切って中をくりぬいて肉を詰めた
ものを焼くという、これまた手間がかかったもの。
ピーマンを焦がさず中の肉にきちんと火を通すのは結構大変なんじゃ?

みそバラ(150円)、ずり(90円)
1696.jpg
味噌味の豚バラ。思いの他マッチしてて美味しい。
砂ずりは小さめながらも程よい歯ごたえ。

冷しゃぶ串(280円)
1697.jpg
カイワレ、レタス、キュウリを豚肉で巻いたものをさっぱりとした
梅肉ソースで。これも手間がかかってます。

貝柱(300円)
1698.jpg
肉厚で柔らかくてジューシー。

納豆巻き(180円)
1699.jpg
納豆を大場で巻き、それを更に豚肉で巻いたもの。
最初はうわって思ったけど、食べてみるとこれはこれでアリかと。

肉チャーハン(800円)
1700.jpg
薄味ながらも肉の味はしっかりしてて、ご飯もパラパラ。

刺身盛り合わせ
1701.jpg
刺身は刺身でもズリにサガリにハツに地鶏にアボガドと、どれも魚以外の
これまた変り種。どれも新鮮で美味しかったです。

しおやきそば(450円)
1702.jpg
さっぱりとしていてちょうどいい味加減。

もやしっ娘倶love♪(450円)
1703.jpg
もやしベースのもんじゃ風鉄板焼き?
しかしよく分からんネーミングセンスだ(笑)。

とんそく(400円)
1704.jpg
コラーゲンタップリでプルプル。

たっぷりチーズナスグラchan!!(700円)
1705.jpg
ナスやソーセージをたっぷりのチーズで包んだ鉄板焼き。
これまたよく分からないネーミングセンス(笑)。

コーヒー
1706.jpg
居酒屋らしからぬ、ほとん君の所で頂くコーヒーに迫る美味しさでビックリ。

クレームブリュレ&抹茶ブリュレ
1707.jpg
表面パリパリ中濃厚トロトロでめっちゃウマウマ。
幼少の頃のトラウマでプリン嫌いだったたにめそ君もこれは美味しいと
絶賛してました。
まあプッチンプリンとクレームブリュレじゃあ比べ物に…(笑)。


お腹がいっぱいになったところでお会計。
アレだけしこたま食べておいて3000円ちょっとって、安いなあ。

「チャタムダイニング」に迫るコストパフォーマンスの高さな上に、
こちらは時間制限が無い(チャタムは90分制限)のでゆっくり
できるのがいいですなあ。
最近激戦区の今泉で色々大変だとは思いますが、是非とも頑張って
もらいたいものです。

飲み会自重とは言ってましたが、ここは是非近いうちにまた来よう。
スポンサーサイト

[ 2008/09/20 23:40 ] 飲み部 | トラックバック(-) | コメント(-)

トランスフォーマーアニメイテッド デラックスクラス オイルスリック 

・オイルスリック
今のところ唯一の玩具オリジナルキャラ。
アメコミには登場予定だとのこと。

ビークルモード
1581.jpg 1582.jpg
改造4輪バイク。
ヤギの頭蓋骨って凄いセンスだ(笑)。

ミクロマンやトランススキャニング、Figm等とサイズピッタリ。
1583.jpg


変形開始
1584.jpg
シートのロックを外して伸ばす。
1585.jpg
ヤギの頭蓋骨をズラして前輪部を左右に割る。
1586.jpg
ツメを出し、タンク部から頭部を出す。
中間形態のアタックモード。
1587.jpg
ここから足を伸ばして腕を下に降ろして完成。



ロボットモード
1588.jpg 1589.jpg
シンプルな変形ながらも、凄くスマートで格好いいです。

頭部はヘルメット(?)の処理が独特。
1590.jpg
鼻デカで、本人もそれを気にしてるという設定なのが面白い。

脚部に付いてる樽はそれぞれ分割でき、武器になるんですが、
1591.jpg
チェーンが内蔵されてハンマー風になる方はともかく、もう片方の
1592.jpg
ただ蓋が開くだけってのは何の意味が?(笑)

[ 2008/09/17 03:08 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

トランスフォーマーアニメイテッド デラックスクラス サウンドウェーブ 

・サウンドウェーブ
#10「Sound and Fury」に登場。
サリへの誕生プレゼントの演奏ロボットだったのがメガトロンの策略により
オールスパークキーの力で進化し、意思を持つようになった地球産TF。
G1同様声にエフェクトがかかってるのが心憎いです。

ビークルモード
1567.jpg 1568.jpg
サイオンxB風。
サイドやリアがカセットテープ、フロントがコンパネ、ルーフが電源スイッチと、
オリジナルのカセットプレイヤーを髣髴とさせるデザインになっているのが
面白いです。

オプションのエレキギターはルーフ部に取り付けが可能。
1569.jpg
なかなかシュール(笑)。


変形開始
1570.jpg
車体後部を左右に割り、前方に持ってくる。
1571.jpg
車体前部も左右に割り、フロントを270度回す。
1572.jpg
車体前部をそれぞれ前方に180度回す。
1573.jpg
車体前部を上下180度回転させ、ルーフ部を折り畳んで足首にする。
1574.jpg
腰を180度回して立たせ、手首を出して胸を折り畳み、最後に頭部を出して完成。




ロボットモード
1575.jpg 1576.jpg
オリジナルのG1版とは全然バランスが違うんですが、ちゃんとサウンド
ウェーブに見えるよう上手いことアレンジされてます。
肩のタイヤがスピーカー風になるのがセンスいいなあ。

オプションのエレキギターを手の内側にある窪みにはめ込む事により、
1577.jpg
演奏してる風に。

また、エレキギターは変形してレーザービーク(コンドル)になり、
1578.jpg 1579.jpg
イメージ通り腕に止まれるようになっています
1580.jpg
アニメ製作スタッフがこのギミックを知らなかったため、劇中には未登場
でしたが、新シーズンでの再登場時には是非ともお供として出てきて欲しい
ものです。

[ 2008/09/16 20:03 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

トランスフォーマーアニメイテッド デラックスクラス スナール 

・スナール
#06「Blast from the Past」、#12「Survival of the Fittest」、
#26「Black Friday」等に登場。
ダイノボットの一員ですが、今まで台詞無し(喋れるかどうかも不明)。
本来トリケラトプス型の名前はスラッグのはずなんですが商標の
都合で使えないようで、代わりにアニメイテッドには登場しない
ステゴザウルス型のスナールの名が使われる事に。

ビーストモード
1557.jpg 1558.jpg
ちょっとディフォルメ気味。


変形開始
1559.jpg
頭部を上げる。
1560.jpg
頭部を折り畳み、前脚を左右に広げる。
1561.jpg
胴体後部を広げ、前足基部を折り合わせて踵を出す。
1562.jpg
前脚部を下におろし、後脚から手首を出す。
1563.jpg
頭部を畳んで角を曲げ、最後に方アーマーを前に向けて完成。




ロボットモード
1564.jpg 1565.jpg
ずんぐりむっくりしてて可愛いです。


可動に関しては、手足にロール軸が無い為思ったほど動きません。
1566.jpg
武器は炎というか溶岩の棍棒なんですが、塗装されて無いのでオレンジの
ウ○コみたいに(笑)。

[ 2008/09/15 22:58 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

トランスフォーマーアニメイテッド デラックスクラス ジャズ 

・ジャズ
第2シーズン第1話の#17「The Elite Guard」より登場。
ウルトラマグナスのお供としてセンチネルプライムと共に地球に来た
エリートガードの一人。
他の二人と違って有機生命体及びその文化には好意的で、プロール以上の
メタリカトー(セイバートロン星古来より伝わる武術)の使い手。

ビークルモード
1548.jpg 1549.jpg
ポルシェ911風スポーツカー。
エリートガード組では唯一ちゃんとディスガイズしてます(笑)。


変形開始
1550.jpg
車体後部を180度回して左右に分割し、つま先を出す。
1551.jpg
車体側面を展開して腕部を出す。
1552.jpg
肩部をハの字になるように曲げ、腕部アーマーを180度回す。
1553.jpg
車体前部を90度曲げ、排気塔筒部を180度回して完成。




ロボットモード
1554.jpg 1555.jpg
トラックスーツ風デザインで、シンプルかつスマートで格好いいです。

メタリカトーの達人という設定だけあって、良く動きます。
1556.jpg
腕部の排気筒は取り外してヌンチャクに。

[ 2008/09/14 19:49 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

焼肉中毒 

また多牛に行ってきました(笑)。

夕方頃博多に出て、前回の反省から一度開店前の多牛に行って名簿に記入。
その後ヨドバシに向かい、飯塚さんや劇場版グレンラガンを見てきた飛田君、
たにめそ君、兄めそさん、んが君らと合流。
グレンラガンはめっちゃ面白かったとのこと。むぅ、総集編という事で
敬遠してたけど、観に行けばよかったか。

ヨドバシをウロウロしてるうちに開店時間近くになってきましたが、いつも
なら早めに来てるほとん君たちが中々来ないので、電話してみることに。

ほとん君「はい、もしもし」
私「あ、ほとん君?今どのあたりかな?」
ほとん君「………え?」
私「………え?」
ほとん君「あーっ!すいません、今からすぐ行きます!」

どうやら日にちを勘違いしてたらしい(笑)。


開店時間も迫っていたので、とりあえず先に店に入ることに。

■多牛 駅南店
電話:092-483-0329
住所:福岡市博多区博多駅南1-5-3
営業:17:30~23:00
定休:月曜日

1535.jpg
何も頼まないのもアレなので、カルビ以外をスローペースちびちびと焼いて
いると、ほとん君&相方君登場。乾杯して、改めて肉を色々注文。
1536.jpg 1537.jpg 1538.jpg
1539.jpg 1540.jpg 1541.jpg
1542.jpg 1543.jpg 1544.jpg
みんなでうおォンうおォンと食べまくり。
1545.jpg 1546.jpg
今日のカルビは伊万里牛とのことで、柔らかくてめちゃ美味でした。
1547.jpg

しかし今回は久々に多牛の煙にやられました。
焼いてるうちに店中煙モクモクになったので、換気の為入口の扉が開けっ
放しにしたんですが、私が座っていたのがちょうど風下で、出る煙出る煙
全部かかってきてもうえらいことに。涙ボロボロ出てきたし。
最近被害が無かったので油断してましたが、ポジション取りはやはり
重要ですな(笑)。

お腹がいっぱいになったところでお会計。
散々飲み食いして2800円。相変わらず安いなー。

店を出た後は駅前でお茶をしながらしばしだべりんぐ。
ほとん君は新しく手に入れたおもちゃで早速遊んでました。

しかし7月に全く集まりが無かった反動なのか、夏コミ明けから異様な
ペースで飲み会やってますが、流石にいい加減マジで自重しないと。
とりあえず焼肉はホント洒落にならなくなってきてるから(笑)。


[ 2008/09/12 21:03 ] 飲み部 | トラックバック(-) | コメント(-)

トリプルチェンジャーの系譜 

オクトーンで遊んでるうちに他のトリプルチェンジャーもいじりたく
なってきたので、マウンテンサイクルをごそごそと。
ぶっちゃけ今回の日記はいっしさん若林さん向け(笑)。

■トリプルチェンジャー ヘリコプタータイプ
1496.jpg
1984年に発売された、TFの前身、ダイアクロン・可変戦隊トリプル
チェンジャーの2体のうちの1体。
ダイアクロン・リアル&ロボットシリーズの大半がTFへと移籍した中で
たた1体だけ取り残された、可哀想なやつだったりします。

もう1体のジェット機タイプの方は、後にデストロンのブリッツウイングに。
1497.jpg
ちなみに、TFコレクションでブリッツウイングが復刻された際にe-HOBBY
限定で発売されたリカラーキャラのオーバーチャージ
は、このジェット機
タイプが元ネタになっています。

・ビークルモード(ヘリコプター)
1498.jpg 1499.jpg
AH-64アパッチ風。
ヘリコプタータイプと言うだけあって、綺麗にまとまっています。
カラーリングやモチーフ選択は当時の人気映画「ブルーサンダー」から?

・ビークルモード(ジェット機)
1500.jpg 1501.jpg
正直かなり苦しいです。
少なくともF-14トムキャットには逆立ちしても見えません(笑)。
しかも各部のパーツが固定されず、すぐユルユルというかグチャグチャに。

・ロボットモード
1502.jpg 1503.jpg
プロペラをVの字の装飾パーツとして処理しようとするアイディアは
面白いんですが、これまたユルユルでVの字に固定できないので、横に
置いて上から撮影することに。

以前はなんでそんな勿体無いことをするのかと思ってましたが、いざ手に
取っていじってみると、ヘリコプターモード以外の詰めがあまりにも甘過ぎる
ので、これは取り残されるのも仕方ないなと納得しました(笑)。


■スナップドラゴン
「トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ」に登場。1987年発売。
ヘッドマスターとトリプルチェンジャーの両方の機能を持つ、ホラートロンの一人。
ロボット、ビークルの他に動物形態になるという新機軸でしたが、ヘッド
マスターは既にウィアードウルフらがいる上に、多段変形という点では
6段変形のシックスショットにお株を奪われ、更には劇中の出番も少ない為、
今ひとつ影が薄かったり。

・ビークルモード(ジェット機)
1504.jpg 1505.jpg
SR-71ブラックバード風でよくまとまってはいるんですが、カラーリングに加え
1506.jpg
コックピットがこんな位置な上にキャノピーが横開きなおかげで、全然
ブラックバードに見えません(笑)。

ヘッドパーツへと変形する小型ロボット(クランク)。
1507.jpg 1508.jpg
マスク部が跳ね上がってロボット時の顔が見えないようになっています。

・ビーストモード(ドラゴン)
1509.jpg 1510.jpg
恐竜というか怪獣ですな(笑)。

首が可動しないのが残念ですが、この頭部の処理はお見事。
1511.jpg
見立て変形気味ではありますが、上手い事考えたものです。

・ロボットモード
1512.jpg 1513.jpg
変形ギミックのおかげで、他のヘッドマスターに比べてよく動きます。

ちなみに、影は薄いですがテックスペックは
1514.jpg
通常のヘッドマスターなど歯牙にもかけない、フォートレスマキシマス、
メガザラックに迫るハイスペックだったり。


■ダイノガイスト
「勇者エクスカイザー」に登場。1990年発売。
主人公達カイザーズが追う宇宙海賊ガイスターズの首領。
圧倒的なパワーを誇り、グレートエクスカイザーとの月での最終決戦は
ロボットアニメ屈指の名勝負として名高いです。

・ビークルモード(ジェット機)
1515.jpg 1516.jpg
モチーフ不明の大型ジェット機。
やや翼が小さいですが、スマートで格好いいです。

・ビーストモード(ドラゴン)
1517.jpg 1518.jpg
デスザラスと同様の腕部の移動ジョイントが導入された事でスナップドラゴン
よりいくらか改善されましたが、それでもバランス的にまだちょっと苦しいです。

背中のスイッチを押すと、
1519.jpg
ダイノキャノンがスプリングで勢いよく展開。


・ロボットモード
1520.jpg 1521.jpg
ビーストモードに皺寄せが行った分プロポーションは良く、目茶苦茶
格好いいです。

このいかにも悪役然とした顔がたまりません。
1522.jpg

このダイノガイスト、変形モチーフ、ギミック等から見て、スナップドラゴンの
ブラッシュアップ版と見て間違いないかと。



■ダグシャドー(シャドーダグオン)
「勇者指令ダグオン」に登場。1996年発売。
無口な忍者マニア刃柴竜が変身したシャドーリュウが、ダグビークルの
シャドージェットと融合合体した姿。

DX版が見つからなかったのでカバヤの食玩版で(笑)。
1523.jpg 1524.jpg

・ビークルモード(ジェット機)
1525.jpg 1526.jpg
F-15イーグルを模してるらしいんですが、ジャンボジェットや新幹線等、ほぼ
そのままの姿の他のダグビークルと違い、原型を全くとどめていません(笑)。

・ビーストモード(ドラゴン)
1527.jpg 1528.jpg
二足歩行型から四足歩行型に変わったこともあり、スナップドラゴン、
ダイノガイストに比べると、格段の進歩が見られます。
…まあ、バクリュウドラゴンそっくりなんですけどね(笑)。

・ロボットモード
1529.jpg 1530.jpg
機首部を刀の鞘として背中に装着したり、各所に鎖帷子風のモールドが
されていたりと、忍者ロボっぽくなっています。

更に、ダグシャドーにはガードタイガー、ガードホーク、ガードウルフの
1531.jpg 1532.jpg
3体のサポートメカのシャドーガードが付いていて、

それら3体と「機獣合体」する事により、
1533.jpg 1534.jpg
大型ロボのシャドーダグオンになります。
頭身が高くプロポーションも良くて格好いいです。

ダイノガイストから更にブラッシュアップされた3段変形にドライアスの
3体合体の要素が加わり、それを見事に融合させた、勇者ロボの究極の
形の一つではないかと個人的には思ってます。


このようにトリプルチェンジャーの系譜はギミックの蓄積、融合、昇華が
見られ、非常に面白いものでしたが、これ以降は1998年のBWセカンドの
ガルバトロンくらいで、2000年代に入ると系譜がぷつりと途絶えてしまい
寂しく思っていました(スパリンのメガザラックくらい?)。
それだけに、ここ最近のクラシックアストロトレイン、オクトーンや
アニメイテッドブリッツウイングら、トリプルチェンジャーの復活は
嬉しい限りです。

[ 2008/09/11 00:21 ] 玩具 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユニバースクラシック タンカー(オクトーン) 

・タンカー(オクトーン)
2010に登場したトリプルチェンジャーで、趣味はかわいこちゃんのビデオ鑑賞(笑)。
今回商標の都合でオクトーンの名が使えないようで、名称がタンカーに変更
されています。

国内のヘケヘケ版はオクトーンの名前のままで10月23日頃に発売予定。


ビークルモード(トラック)
1473.jpg 1474.jpg
軍用輸送トラック風。
所々厳しいところもありますが、まあ大目に。

G1版と比較。
1475.jpg
ジャンクなのでタンクカバーやシール等がありませんが参考まで
に。


変形開始
1476.jpg
コンテナ上部と機銃を外し、車体前部を左右に割る。
1477.jpg
真ん中あたりから車体前部を90度曲げる。
1478.jpg
更に車体後部も90度曲げる。
1479.jpg
視点を90度変え、機首のパーツを合わせる。
1480.jpg
機体後部をそれぞれ内側に180度回転させ、先端を90度曲げて左右を合わせる。
1481.jpg
主翼と尾翼を下ろし、最後にコンテナのパーツと機銃を取り付けて完成。


ビークルモード(輸送機)
1482.jpg 1483.jpg
C-130ハーキュリー風(?)輸送機。
機体に対して翼がやや小さいですが、トラックモードでの収納を考えると
止むを得ないところかと。

G1版と比較。
1484.jpg


変形開始
1485.jpg
機体底部のパーツと機銃を外し、主翼と尾翼を上げて機種を左右に割る。
1486.jpg
機体後部を延ばし、左右に割って先端を90度曲げる。
1487.jpg
脚部をそれぞれ180度回転させる。
1488.jpg
つま先を出して立たせ、肩部を下ろす。
1489.jpg
180度回転させて腕部を展開し、胸部アーマーを前に畳む。
1490.jpg
胸部アーマー部を上に上げて頭部を出した後、また広げてロックし、最後に
羽根を調節して完成。


ロボットモード
1491.jpg 1492.jpg
腕が短く足が長めで、なんとなくGMコマンドを彷彿とさせます。

武器のクァドレーザーは連結してその名の通りの4連銃にすることも可能。
1493.jpg
そしてコンテナ上部パーツは展開してメーレイブレードという近接武器に。

可動は
1494.jpg
肩部がやや癖がありますが、基本的な動きは問題ありません。

G1版と比較。
1495.jpg
実は頭部の形状とカラーリングを除けばそれほど似てるわけでもなかったり。


ということでアストロトレインに続くトリプルチェンジャーでしたが、
各形態での詰めの甘さはあるものの、比較的ビークル2形態の形状が
近かったアストロトレインと違い、輸送機とトラックという大きく形の
変わる2つのビークルの両立をここまで破綻無く纏めれるタカトミの
技術力は、やはりとんでもないです。

というか、このサイズでここまでギミックを詰め込んだ設計者は本物の
馬鹿(褒め言葉)だと思う(笑)。


[ 2008/09/08 23:20 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

ユニバースクラシック サンストリーカー 

・サンストリーカー
役職は戦士でランボルの双子の兄弟。
劇中での出番はそれほど多くなく、G1初期メンバーにしては珍しく人間嫌い。

こちらも国内のヘケヘケ版が今月18日頃に発売で、同じ型を使ったランボルも
後に発売予定。

ビークルモード
1460.jpg 1461.jpg
ランボルギーニ・ガヤルド風で、G1版と同じく後部には電子推進ブースターが。
プロールほど分割線も目立たずよくまとまってますが、成型色がややチープ
なのとルーフの塗装部との差が目立つのが難点。

下から覗くと
1462.jpg
これまたバイナルばりのみっちり具合。みっちりしていってね!
マフラー部は取り外して銃になります。


変形開始
1463.jpg
電子推進ブースターとマフラー部を外し、リアのパーツを左右に分割して
前の方に持ってくる。
1464.jpg
車体後部を180度回転させ、左右に分割して内側に90度回し、つま先を展開する。
1465.jpg
車体前部を前にスライドさせ、タイヤ基部を基点に180度回転させて腕部を出す。
1466.jpg
車体前部をカクカクとコの字に折り畳みロックする。
1467.jpg
腕を下ろして肩のフレームを調節し、ドア部を180度回転させる。
1468.jpg
ルーフ部を180度回転させるとオートモーフで頭部が展開し、最後に背中に
電子推進ブースターを取り付けて完成。


ロボットモード
1469.jpg 1470.jpg
これまたG1のイメージそのままに格好良くアレンジされてます。
胸部のサイバトロンエンブレム横の穴を見るに、ランボルだけではなく
アラートも出るっぽい?
ちなみに股間にキン○マがぶら下がってるように見えるのは気のせいです(笑)。


可動は、肩が水平に上がらなかったりと、プロールに比べるとちと劣りますが、
それでも標準的なデラックスクラスTFに比べれば十分破格の可動かと。
1471.jpg
膝が二重関節では無いので片膝立ちはやや苦しいですが、その代わり肘が
二重関節になっています。

ちなみに、胸部を180度回して手首を左右入れ替えるとランボル風に。
1472.jpg
似てない双子の設定を逆手に取ったナイスアイデア。
まあ、この写真だと色的にランボルじゃなくてタイガートラックに
なっちゃうんですが(笑)。


ということでプロール&サンストリーカーの新生クラシックの車モチーフ
2体の紹介でしたが、バイナルテックからのフィードバックによるビークル、
ロボット両モードでの破綻の無いプロポーションに加え、クラシック第1世代で
不満だった腰、手首、足首等の可動箇所の増設によるデラックスクラス最高の
可動領域と、まさにクラシック新世代を飾るにふさわしい傑作だと思います。

こんな凄いものが2000円程で手に入るんだから、本当にいい時代になったものです。


[ 2008/09/06 22:27 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)

ユニバースクラシック プロール 

このところ食べ物ネタばかりだったので、最近買ったTFの紹介でも。
ってことでまずはユニバースクラシックの3体からプロールを。

・プロール
国内版での役職は戦術家ですが、海外では副官というややこしいポジション。
THE MOVIEで口から煙を吐いて息絶える姿は当時ショッキングでした。

今回紹介するのは海外版で、国内では一部メッキされた「変形!ヘンケイ!
トランスフォーマー」版が今月18日頃に発売されます。

ビークルモード
1446.jpg 1447.jpg
やや分割線が目立ちますが、フォルム自体は綺麗にまとまってます。

下から覗くとバイナルもかくやって程みっちり。
1448.jpg
中央付近に銃が折り畳まれて収納されています。

ちなみにこのシリーズ、アニメイテッドに負けず劣らず塗装精度が低く、
1449.jpg
通販で買った私のはこんな感じででヨレヨレでした。
なので店頭で買う人はよく吟味する事をお勧めします。
ヘケヘケ版だとこのへんは改善されてるのかしら?


変形開始
1450.jpg
銃を外し、車体側面のパーツをずらす。
1451.jpg
リアのパーツを上げ、車体後部を180度回転させる。
1452.jpg
つま先を引き出して展開し、ドアのパーツを畳む。
1453.jpg
車体下部に収納されていた腕を引き出す。
1454.jpg
フロントの先端を引き上げると連動して頭部が出てくる。
1455.jpg
頭部を前に向け、車体前部を90度曲げる。
1456.jpg
収納されていたアシッドブラスターを展開し、ルーフを背中に折り畳んで完成。


ロボットモード
1457.jpg 1458.jpg
G1のイメージそのままに、非常にスマートなプロポーションで格好いいです。
肩のウイングのせいか、踵がある割にちょっと後ろに倒れやすいのが難点かな。


可動に関しては、標準的な箇所に加え、手首、肘、腰、膝のロール軸、
肩の二重関節+前後スイング、膝の二重関節、足首のニ軸可動という
デラックスクラスとしては破格の可動を誇り、目茶目茶よく動きます。
1459.jpg
片膝立ちも楽々。


[ 2008/09/04 23:11 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

PIXIV
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。