ごくたま 

「S.I.C. 極魂Vol.01 仮面ライダー響鬼」もゲット。

パッケージ
2085.jpg
正直「極魂」のフォントを見た時は担当者の正気を疑いましたが(笑)、
コンビニなんかでお客さんの目を引く為にあえてこういう風にしたのかな?

2086.jpg 2087.jpg
サイズを考えると造形も細かく塗装も綺麗。
2088.jpg
オプションとして素手の他に音激棒を持った手首が同梱。

2089.jpg 2090.jpg
サイズはFigma等より頭一つ小さいくらいで、可動は首の上下や肩の左右が造形の
都合であまり動かないのが残念ですが、そこ以外は概ね問題ないレベル。

2091.jpg
アニメイテッドオイルスリックや劇場版アーシー等のデラックスクラスの
バイクTFと相性がいい感じ。

2092.jpg
やや小ぶりのプロールだとちょっと辛そう。

2093.jpg
「火炎連打の型!てぁー!」
「痛いっシャ、何するっシャ!」

S.I.C.はそのサイズ故気軽に手を出せず最近は敬遠気味でしたが、このサイズと
価格でこのクオリティならそのへんの問題もクリアされるのでありがたい限り。
半年に1体くらいのゆったり目のペースでいいので、このクオリティを維持して
地道に続けてもらいたいものです。

[ 2009/01/31 14:33 ] 玩具 | トラックバック(-) | コメント(-)

俺は今、猛烈に熱血している! 

メガハウスの「ヴァリアブルアクション・クイーンサイダロン」を、再販した
キングスカッシャーと共にゲット。

・キングスカッシャー
2065.jpg 2066.jpg
劇中そのままのSD体型を見事に再現。金を基調とした塗装も綺麗です。
関節は適度な硬さで可動も上々。
オプションは剣、ブーメラン、クラブ、リモコンフリスビー、シールドが付属。
シールドは肩に接続できますが、ちょっとはめにくいです。

変形開始
2067.jpg
頭部と胸部、背面装甲と尻尾のパーツをそれぞれ倒す。
2068.jpg
サムライオンの頭部を引き出し、キングスカッシャー頭部を畳んで収納する。
2069.jpg
腕アーマーを開いて拳とツメを入れ替える。
2070.jpg
股関節を引き出し、脚部アーマーを腿の位置に移動させる。
2071.jpg
最後に展開したシールドを取り付けて完成。

サムライオン
2072.jpg 2073.jpg
こちらも劇中通りの姿に。
頭部を上に上げようとするとキングスカッシャーの頭が丸見えに
なっちゃうのがちょっと残念。


・クイーンサイダロン
2075.jpg 2076.jpg
キングスカッシャーとは打って変わった、黒を基調とした落ち着いた
カラーリングで、こちらも劇中通りの姿を見事に再現。
可動範囲はキングスカッシャーよりやや上になってます。
オプションはヤリ(ハルバード)、ムチ、シールドが付属。

変形開始
2076.jpg
頭部と胸部をそれぞれ倒し、ヤリパンサーの頭部を引き出す。
2077.jpg
クイーンサイダロン頭部を収納し、胸部を戻す。
2078.jpg
腕部装甲を下に降ろし、向きを整える。
2079.jpg
股関節を引き出し、脚部アーマーを腿の位置に移動させ、ツメを伸ばす。
2080.jpg
最後に尻尾部分を展開したシールドを取り付けて完成。

ヤリパンサー
2081.jpg 2082.jpg
こちらも劇中通りの姿に。
後発の為か、キングスカッシャーと違ってクイーンサイダロンの頭部が綺麗に
収納されるようになってるので、ヤリパンサー頭部はそれなりに可動します。


2083.jpg 2084.jpg
いやー、この2体がこんなクオリティの完成品で手に入るとはなあ。
ホントいい時代になったものです。俺は今、猛烈に感動している!
この調子で残りの守護騎士も…と言いたい所ですが、流石にそれは無理
だろうなあ(笑)。
とりあえず近いうちに当時品を発掘しよう。

[ 2009/01/30 22:24 ] 玩具 | トラックバック(-) | コメント(-)

忘年会と新年会 

ふたつまとめて。

まずは年末の忘年会。
いつもの飲み会メンバーで「ちんぷんかんぷん 薬院店」に行ってきました。

2043.jpg
看板も何も無く、相変わらず一見さんが入って来れない店構え(笑)。

焼き物がメインのお店ですが、頼めばお鍋も出来るとのことなので、
もつ鍋をお願いすることに。
2044.jpg 2045.jpg
ぐつぐつ煮立ったところでパクリと。
うぉー、もつがプリプリしてて滅茶苦茶美味い。
スープもあっさり目の醤油味で実にいい塩梅。

最後は雑炊に。
2046.jpg
うーん、美味しかった。
このクオリティは専門店にも負けてないんじゃないかなあ。

もつ鍋も美味しいけど、ここに来たらやっぱり焼鳥頼まなくっちゃ!
ということで他のメニューも。
照明が暗くてほとんど綺麗に取れなかったので数点のみ。

焼鳥盛り合わせ
2047.jpg
あぶりハツも和牛サガリも相変わらず美味しかった。

しそ巻、ピーマン肉詰め
2048.jpg 2049.jpg

えのき巻、ししとう巻
2050.jpg 2051.jpg

鉄板焼き、チャーハン
2052.jpg 2053.jpg

しこたま食べてお腹いっぱいに。
これだけ食べて4000円行かないからなあ。相変わらずコストパフォーマンス
抜群だわ。

ただ、どれも非常に美味しかったけど、全体的に味付けがやや濃い目なので、
最後の方でちょっとキツかったのが勿体無かったな。
次からは焼鳥の味付けをタレじゃなくて塩メインでお願いするのが良さそう。


続いて先日行われた新年会。
こちらは天神の鍋メインの居酒屋「四番館」へ。

もつ鍋・水炊き 四番館
住所:福岡市中央区天神3-4-28 天神ブロードウェイビル2F
電話:092-731-2545
営業:11:00~14:00(L.O.13:30) 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休:日曜

2054.jpg 2055.jpg
2056.jpg 2057.jpg
安くて美味しい鍋を食べさせてくれるお店で、今までとらのあな近くの年季の
入ったビルの2階にあったんですが、最近すぐ向かいのビルに移転してます。
ちなみ、にたにめそ君が予約の電話を入れた時にそのことについて何も言われ
なかったので、危うく迷うところでした(笑)。

定番の石鍋焼肉(飲み放題つき 3200円)を注文。

オードブル
2058.jpg 2059.jpg
他にも枝豆やポテトフライ等がこれでもか!ってくらい出てきて、鍋が来る
前にお腹いっぱいになりそうに(笑)。

グツグツ煮立った石鍋が登場。
2060.jpg 2061.jpg
上に乗った野菜の山を崩して混ぜ合わせ、熱々をハフハフといただく。

うん、いい感じに柔らかくなった肉や野菜と甘辛いタレとが相まってウマウマ。
濃い目の味に飽きてきたらポン酢につけて食べるとガラッと味が変って
さっぱりとした風味になり、これがまた美味し。

最後はご飯を投入してビビンバに。
2062.jpg 2063.jpg 2064.jpg
これがまたいい感じにおこげが出来て美味しいんですわ。
たにめそ君が最後までゴリゴリ鍋からそぎ落としてました(笑)。

久々に食べたけど美味しかった。
これで飲み放題まで付いて3200円と先のちんぷんかんぷんに負けず劣らずの
抜群のコストパフォーマンスだからなあ。ありがたい限りですわ。

[ 2009/01/28 23:34 ] 飲み部 | トラックバック(-) | コメント(-)

スーパーライダー大戦 

仮面ライダーディケイド 第1話「ライダー大戦」
196.jpg
てけてけてーてっ、ててっ

ディケイド、いよいよ始まりましたねー。

どんなものになるかと正直期待半分不安半分でしたが、いやー、冒頭の
ライダー大戦でいきなりやられました。
サイドバッシャーや巨大リョクオオザルはもちろん、キャッスルドランの
頭上に乗る龍騎やゼロライナーに立つゾルダ&マグナギガとステキ過ぎる。
なにげにモチーフ繋がりの組み合わせなのが心憎いなあ。

主人公の士は久々のぶっきらぼう系社会不適格キャラでしたが、流石に
あの撮る撮る詐欺は酷いと思う。そらヤクザじゃなくても怒るわ(笑)。
まあ最初のキャラ付けの為の演出だろうから今後は無いと思うけど。

演じる井上君はまだまだぎこちないですが、水嶋、佐藤、瀬戸ら最近の3人が
最初から上手過ぎただけで、ライダーの主役は大体最初はこんなものかと。
アギト1話であまりの棒っぷりに「日本人なのに日本語がカタコト」とまで
言われた要潤が夏の劇場版の頃にはメチャメチャ上達していたケースもある
ので、その辺は生暖かく見守る方向で(笑)。

ともすれば冗長になりそうな世界観の説明は、テンポ良く派手なビジュアルで
見せる事で結構わかりやすかったんじゃないかと。
ディケイドライバー発見のくだりは天井から落ちてくるカイザポインター並の
無理矢理感がありましたが(笑)。

そしてディケイド。
何といっても今回の最大の目玉、カメンライドの演出が格好いいです。
初っ端からクロックアップにオートバジン召還にオンゲキボゥ レッカァと
大盤振る舞いで、これはベルト欲しくなるわ。

現時点では素体の役割のみでディケイド単体としての魅力が乏しいので、
そこを今後どうしていくのかも楽しみです。

なにはともあれ1話の掴みとしては龍騎、電王並に良かったんじゃないかと。
いよいよ始まった10年に1度のお祭。全30話でどんな物語を見せてくれる
のか楽しみです。

あと、高岩さんが過労で倒れない事を祈ります(笑)。

[ 2009/01/27 07:32 ] 特撮 | トラックバック(-) | コメント(-)

多牛ですき焼きとステーキ 

去年の話になりますが、飲み会メンバーで多牛に行ってきました。

■多牛 駅南店
電話:092-483-0329
住所:福岡市博多区博多駅南1-5-3
営業:17:30~23:00
定休:月曜日

2020.jpg 2021.jpg
いつもの1階の焼肉ではなく、2階のお座敷へ

今回は事前に予約して、すき焼きコース(2604円)を。
2022.jpg

食前酢
2023.jpg

前菜
2024.jpg

綺麗なサシが入ったお肉が登場。
2025.jpg
今日のお肉は伊万里牛だとのこと。

鍋が温まってきたところで油を引き、
2026.jpg 2027.jpg
お肉と割下を入れて軽くひたひたに。

軽く火が通ったところで
2028.jpg 2029.jpg
溶いた卵にさっと潜らせパクリと。

うーん、美味い、美味すぎる。
口の中で蕩ける肉の旨みと甘味がもう堪りません。
みんな目尻と口元がだらしなく下がります(笑)。

続いて野菜を投入し、その上に改めて肉を。
2030.jpg 2031.jpg
こうする事で肉の旨みを野菜が吸って美味しくなるそうです。

美味い美味いとパクパク食べて肉があっという間に無くなったので、
追加で今度は国産牛(1人前840円)を。
2032.jpg 2033.jpg 2034.jpg
国産黒毛和牛は確かに美味しいんですが、脂身が多いのであまり量を
食べるとキツくなってくるので。
こちらも肉の味がしっかりしてて十二分に美味しかったです。

和気藹々と食べていると、ほとん君の目がピキーンと光り、
おずおずとメニューを差し出してくる(笑)。
2035.jpg
どうやら前回から気になっていたらしく、最近メニューに加わった1日7食
限定の国産黒毛和牛のステーキ(200g 2992円)が食べてみたいとのこと。
みんなも興味があるとのことだったので、せっかくだから注文してみる事に。

専用の鉄板と共にステーキ肉が登場。
2036.jpg 2037.jpg
店員さんに切り分けてもらい、さっと表面に焼き色が付いたところで取り皿に。
2038.jpg 2039.jpg
恐る恐る口に運んでみると…
うぉぉぉー、これまた口の中で蕩けるたまらない美味さ。
柔らか美味いってレベルじゃねえぞ!
勿体無いからと口の中でゆっくり噛もうとしてると、凄い勢いで唾が
出てきて口から溢れ出しそうに(笑)。

〆は当然うどんで
2040.jpg 2041.jpg
肉や野菜の旨みタップリの汁を吸い込んだうどんはプリプリした食感と
相まってまさに絶品。

デザートのカシスシャーベット
2042.jpg
程よい甘酸っぱさで口の中がさっぱりと。

いやー、お腹いっぱいで身も心も大満足。
ステーキ頼んじゃったのでいつもよりちょっと割高になりましたが、
それでも5000円は行かないという、内容から考えると破格のお値段。

あー、ここは焼肉もいいけどすき焼きも最高だわー。

[ 2009/01/22 23:46 ] 飲み部 | トラックバック(-) | コメント(-)

SD三馬鹿 

放映は終わっちゃいましたが、まあ塗った分は上げてみようかと。
2017.jpg 2018.jpg 2019.jpg
しかしまさかキャッスルドランに住んでるのが幽閉されてるんじゃなくて
自ら進んでだったとはなあ(笑)。
カードゲームで外出を決めるアレは、単に一度に全員出るとキャッスル
ドランが暴れるからなだけだったのね。
ザンバットソードと同時に存在したり、最終回で3人とも外に出たりできた
のは、渡が覚醒した事によりきちんとコントロールされるようになったと
いう事かな?

WEB拍手お返事

[ 2009/01/21 02:12 ] 特撮 | トラックバック(-) | コメント(-)

キバ最終回 

仮面ライダーキバ 第48話「フィナーレ・キバを継ぐ者」
195.png
久々にお絵かき掲示板絵を。
ダメ元でやってみたら投稿出来で良かった良かった。
いつの間にか規制解除されてたのね。

キバもとうとう終わりましたねえ。
湖に沈んだイクサの腕の伏線がきちんと回収されたのは感動しました。
ちょっと寄生獣のラストっぽかったけど(笑)。
岸辺にあった謎のオブジェはこの時の為のものだったのねー。

ラストバトルも「SUPER NOVA」がかかってからの兄弟タッグでの逆転は
良かったです。ただまあ、あのW壁ハメ→スネーキングデスブレイク→
エンペラームーンブレイクのやり過ぎコンボで過去キングさん可哀想
伝説が最後の最後でまた増えたわけですが(笑)。

そしてエピローグ、井上脚本で最終回が結婚式ということで一瞬ジェット
マンのアレを思い浮かべかけましたが、無事済んでホッと安心。
キスされた名護さん素過ぎだろう(笑)。
そして、最後に渡が人前で演奏する事で綺麗に締めるのかーと感心しかけた
ところに、正夫爆現で思いっきり吹いた(笑)。
いやー、バックトゥザフューチャーというかダイレンジャーというか、あの
落とし方は全く予想してなかったのでやられましたわ。
まさに終わりよければ全て良し。いい最終回でした。


番組が始まった当初は、わかりやすかった電王の余韻を引きずったままの所に、
現在と過去のザッピング的同時進行というわかりにくい構図が来た為、正直
とっつきにくいところはありましたが、物語のピースが揃ってきた中盤の
ルーク戦の頃からどんどん尻上がり的に面白くなっていき、終盤の盛り上がり
でいえばブレイド並ではなかったかと。

その一方、せっかくのフォームチェンジが有効に使われたとは言えず、結局
バッシャーフィーバーやダークキバのウェイクアップ3等も未使用のままで、
販促的な面ではフォローしようが無いくらい酷かったのもまた確かでした。
フィギュアーツへの過渡期とはいえ、装着変身系も後半全く出なかったしなあ。
ただ、バトルドラゴンシリーズに関してはバンダイが全面的に悪いってことで
みんな許してるんじゃないかと(笑)。流石にアレはどうしようもないわ。

てな感じで色々ありましたが、個人的には例年通り楽しめました。
出演者&スタッフの皆さん、1年間ありがとうございました。


来週からはいよいよディケイドが始まりますが、10番目の平成ライダーは
一体どんな物語になりますやら。
なにはともあれ10年に1度のお祭りということで非常に楽しみです。

[ 2009/01/20 03:47 ] 特撮 | トラックバック(-) | コメント(-)

SDダークキバ 

東京食べ歩きレポ(ぉぃもどうにか終わったので、キバSDの残りを。
1811.jpg
ラスト数週で一気に装着者が増えたダークキバですが、渡対大牙の
決着は果たしてどうなるのか。

[ 2009/01/17 22:35 ] 特撮 | トラックバック(-) | コメント(-)

新春初笑い 

KIKI君に誘われ、「福岡よしもと・ニューイヤーライブ」に行ってきました。

会場のイムズホールに着くと、
2000.jpg
2008M-1の優勝者「NON STYLE」が出る上に全席自由席という事で、
開場前から長蛇の列が階段に出来ていて、ホールのある9階から3階まで
ズラーっと並んでました。

開場後、どうにか席を確保。立ち見の人もいたので危ないところでした。
時間となり、高田課長の司会の下まずは「プー&ムー」「パタパタママ」
といった福岡の中堅芸人が登場。結構手堅く面白かったです。

続いては若手芸人16組が登場。
上は先の中堅芸人に匹敵するクラスから、下は学芸会以下までと、
非っ常ーーーーに幅広かった(笑)。

ただ、今回からの(?)新趣向で、先着300名に渡されたカラーボールの
投げ込まれた数によってギャラが決まる「ジャッジタイム」という、
どこかで聞いたようなシステムが導入されたんですが、16組もやると
最初の方は誰が何をやったのかわからなくなってきて、結局面白い面白く
ないではなく、キャラのインパクトがあった方が強いというアレな結果に。
構成にも難ありで、まだまだ改善の余地は多そうです。


そしていよいよラスト3組「NON STYLE」「笑い飯」「COWCOW」が登場。

「NON STYLE」はまさに今回の目玉で、登場するや否や会場が黄色い歓声で
埋め尽くされました。ネタは結婚式ネタと野球部ネタの2本立てで、どちらも
勢いがあって面白かったです。

「笑い飯」は蚊ネタとアリネタの虫ネタコンボで、延々とボケを
ボケで返し合い続けるWボケはやはり独特で笑いました。

トリの「COWCOW」はかなりの長丁場でしたが、ダレることなくアドリブ
入れまくりで最後まで笑いっぱなしでした。
序盤で使った小ネタをスルッと途中途中に入れてくるのは流石だなあ。
ただまあ、福岡には伊勢丹無いから伊勢丹の紙袋ネタのウケがイマイチ
だったのは仕方ないよね(笑)。

いやー、やはり第一線で活躍する芸人さんはレベルが全然違うなあ。
新春早々大笑いさせていただきました。


会場を出ると、散々笑って疲れたのもあってお腹がグーっと。
イムズのレストランは同じような人達で多そうだったので、ちょっと
歩いて親富孝通りを脇に入ったところにある「DINER'S ONO」へ。

DINER'S ONO
住所:福岡市中央区舞鶴1-3-5
電話:092-731-6870
営業:11:30~14:00 17:30~24:00
定休:無休

1224.jpg 2001.jpg
夏の頃に飲み部で行ったONOグループのお店で、
2002.jpg
新鮮な地鶏や季節の料理の旬のおまかせコース(2680円)を注文。

まずはギネスビールとコロナビールで乾杯。
2003.jpg 2004.jpg

季節の小鉢
2005.jpg
アサリのマリネと小鰯のカレー南蛮漬け。

地鶏の盛り合わせ
2006.jpg 2007.jpg
新鮮で歯ごたえのある地鶏をたまり醤油やポン酢、柚子胡椒、塩で。
意外とボリュームもあって食べ応えがありました。

昆布〆ささ身と旬根菜の生春巻き ゴマ味噌ソース
2008.jpg
あっさりさっぱりと。

名古屋コーチンの石焼き
2009.jpg 2010.jpg
下味が付いた名古屋コーチンを熱々の石の上でジュージューと。
甘目の味付けと柔らかな鶏肉が実に美味し。

蒸し鶏と芽キャベツ・クリームチーズのフリットサラダ レモンバジルドレッシング
2011.jpg
芽キャベツのフリットがなかなか新鮮な食感。

牡蠣のフレンチオーブン焼き
2012.jpg
牡蠣の濃厚な旨みが凝縮されていて、思わず追加をお願いしそうに。

若鶏もも肉とほうれん草のフリカッセ バケット添え
2013.jpg
ジューシーな若鶏と濃厚なクリームの組み合わせは最高。
残ったクリームはバケットで綺麗に掬い取りました。

地玉子を使ったとろとろふわふわオムライス
2014.jpg
締めにオムライスはちょっと重いかなと最初思いましたが、意外なほど
スルスルッと食べれました。
文字通りとろとろふわふわの玉子とフレッシュなトマトペーストと
あっさり目のバターライスのマッチングが絶妙で美味しかったです。

お腹いっぱいで大満足。
お土産でかしわおにぎりもしっかり貰ったし、やはりここは
コストパフォーマンスが高いなあ。

いやー、今日は色々楽しかった。
誘ってくれたKIKI君には感謝感謝。

[ 2009/01/12 23:55 ] うまい物 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2008冬編 5日目 

ほとん君のレポはこちら

さあ、長いようであっという間だった東京遠征も今日で最終日。

当初、昨日の疲れを考慮して一人だけチェックアウト時間を延長するつもり
でしたが、思ったよりも体力が回復してたのでみんなと同行する事に。

チェックアウトを済ませて昨日の購入物を発送した後、神田の
「近江屋洋菓子店」へ。

近江屋洋菓子店 神田店
住所:東京都千代田区神田淡路町2-4
電話:03-3251-1088
営業:月~土 9:00~19:00/日祭日 10:00~17:00
定休:元旦

1979.jpg 1980.jpg
1981.jpg 1982.jpg
すっかりお馴染みの、搾りたてのフルーツジュースとボルシチが
飲み放題のお店です。

ドリンクバー(525円)とイチゴが乗った黄桃ショート(441円)を注文。
1983.jpg
お昼の事を考えてボルシチは控えめで。

フルーツジュース1杯目はケーキに合わせてストロベリーに。
1984.jpg
ほのかな甘味とやや強めの酸味のバランスがいい感じ。

2杯目はピンクグレープフルーツに。
1985.jpg
いつものグレープフルーツよりも酸味と苦味が押さえられていて美味。

今が旬のイチゴの乗った黄桃ショートは素朴で温かみのある美味しさ。
1986.jpg

こちらは飛田君のブラックベリーパイ
1987.jpg

ほとん君のフルーツサンドショート
1988.jpg
どれも美味しそうでした。

ほとん君のボルシチ
1989.jpg
にんじんとジャガイモが大きめでゴロゴロ入ってて実に美味し。
っていうか一気に盛りすぎだ(笑)。


のんびりまったりしてるうちにお昼時に。
当初はみんなでゴーゴーカレーにでも行こうかと話してましたが、
飛田君達は残ってボルシチを満喫する(笑)とのことだったので
私とたにめそくんの二人で行く事に。

途中、老舗手打ち蕎麦屋「神田まつや」の近くを通ると、
1990.jpg
大晦日という事で長蛇の列が。
ここのお蕎麦ももいつか食べてみたいなあ。

ゴーゴーカレー 秋葉原1号店
住所:東京都 千代田区神田佐久間町1-16-1 大橋ビル1F
電話:03-5256-5525
営業:10:55~21:55
定休:年中無休

1991.jpg
ついにはニューヨークにまで出店した、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの
金沢発祥のカレーチェーン店。

1992.jpg 1993.jpg
つい先日大通りに2号店が出来たものの、昼時とあってこちらの1号店の
方もお客さんでいっぱいでしたが、10分ほど待ってどうにか入店。

私はせっかくなので今回もメジャーカレー(1000円)に挑戦。
1994.jpg
相変わらずドでかいぜ。

たにめそ君はロースカツカレーのヘルシークラス(600円)に
1995.jpg
生卵(50円)のトッピングで。

流石に量が多いので、まずエビフライやウインナーのトッピング類を
たにめそ君に取ってもらう。
「あ、じゃあ代わりにこっちのロースカツを…」
いやいやいや、こっちにも山ほどあるからいらないいらない(笑)。

いざ食べ始めると、うん、美味しい。
やっぱりチェーン系カレーとしては上々の味だなあ。
順調に支店も増えてるみたいだし、福岡にも出店してくれないかしら。

そんな感じで嬉々として食べていたんですが、段々とペースが鈍く。
むぅ、やはりジュースで結構胃が膨れてしまってたか。
結局たにめそくんに協力してもらい、カレーの方も1/5ほど食べて
もらうことでどうにか完食。
あー、美味しかったけど当分カレーは食べなくていいな(笑)。


はちきれんばかりになったお腹を抱えて飛田君達と合流。
もりそばんさんとはここでお別れし、羽田空港へ。

お土産はここ最近「ベルン」のミルフィユばかりだったので、
1996.jpg
今回は「銀座ウエスト」のリーフパイに。

たにめそ君はお母さんへのお土産であれこれ買ってましたが、前回好評
だったという「浅草 満願堂」の芋きんつばが第1ターミナルの方で売って
無いのは残念でした。
というか、第1ターミナルと第2ターミナルで扱ってる土産物の種類に結構
差があることを今回初めて知りましたわ。てっきり全く同じだとばかり。

そうこうしてると時間となり、いよいよ出発。
1997.jpg

行きと違って途中飛行機が結構揺れましたが、何とか福岡空港に到着。
1998.jpg
今回も非常に濃い5日間でしたが、大きな事故も無く無事に過ごせて
何よりでした。皆さんお疲れ様でしたー。


ちなみに、持って行ったデジカメには2GBのSDカードを入れてたんですが、
帰ってチェックしてみた所、ほぼいっぱいになってました。
おかしいなあ。殆ど食べ物しか撮ってなかったはずなんだけどなあ。

[ 2009/01/10 23:24 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2008冬編 4日目 

ほとん君のレポはこちらこちら

おはようございました。いよいよ決戦の日です。
みんなのおかげで製本作業も無事終わり、準備も万端。

前日に買ったパンで軽く朝食を取り、集合時間にホテルのロビーでみんな
集まると、たにめそ君だけが中々来ない。
あれー?と思ってると電話があり、「ゴメンナサイ今起キマシタ」と。
昨夜手伝ってもらった身なので申し訳ない限り。

幸い時間的には全然余裕があったので、気を取り直して東京駅に向かい、
八重洲口からタクシーに乗ってビッグサイトへ。

前回、ホテルから乗ったタクシーが不慣れな運ちゃんで時間がかかった為、
今回大丈夫かとちと心配でしたが、流石は東京駅に集まるベテランさん、
築地のあたりがちょっと渋滞したくらいであっという間に到着。

いざ決戦の地
1966.jpg
みんなと別れて入場し、先に着いてOOE氏と共に設営をした後に挨拶回りを。
前回に続き、今回も知り合いのサークルさんの多くが近隣にまとまってて
くれたので助かりました。


いよいよ開場。
なのはもStSが終了して1年以上が経ち、劇場版までもうしばらくあるという
ことで正直今回のなのは島にどれだけ人が来るのか不安でしたが、流石に
前回ほどではないものの、それでも予想以上の人出の大賑わいで、なのは
人気の根強さを改めて実感しました。

当方もいつもながらのまたーリペースで、おかげさまで13時過ぎには
コピー誌は完売、オフセのほうもまずまずという結果と相成りました。
お越し下さった皆様ありがとうございますー。

ちなみに今回の馬鹿ポスター
1967.jpg
「名護さんに言われちゃあしょうがないな」と言って立ち寄って
くれる人が結構いてくれました(笑)。


落ち着いたところで朝行けなかったところに挨拶に。

まずほとん君の所に行くと、やはり速攻で完売だったそうで、ほとん君、
相方君、もりそばんさんチヒロさんら、やり遂げた男達の顔が眩しく
輝いてました。
というか、
1999.jpg
ここはどこのサークルなんだか(笑)。

東123を一通り回った後は東456の方に向かい、龍炎狼牙さん間垣亮太さん
柳瀬敬之さんといった方々に御挨拶。今回も色々お話できてよかったです。
ちなみに間垣さんのところでたにめそ君に会ったんですが、どうもお説教された
直後だったらしく、ガンプラ1/60位のサイズまで小さくなってました(笑)。

自スペースに戻ると、今度は逆にやはざまさんこんがりぱすたさん木の子
さん
いった方々に来ていただいたり。わざわざありがとうございますー。

そうこうしてるうちに16時となり、C75も無事終了。
1968.jpg
するや否やあっという間に机と椅子が片付けられてワゴンやトラックが登場。
みんなすっかり高速撤収に慣れたなあ。

いやー、それにしても今回は晴天の上に暖かく、人の流れもちょうどいい
塩梅で、実に過ごしやすいコミケでした。次もこんな感じだといいなあ。


閉会後は、なのはサークルの飲み会に御一緒させていただく事に。
IDさんいつも幹事お疲れ様です。

■味一献 土風炉 秋葉原店
住所:東京都千代田区神田佐久間町3-37
電話:03-3865-0880
営業:月~金・祝前 11:30~14:00 17:00~23:30/土日祝 14:30~23:30
定休:無休

1969.jpg
秋葉原パセラ近くの総武線の高架下にある居酒屋さんで、
みんな好き好きに色々注文。
1970.jpg 1971.jpg
1972.jpg 1973.jpg
1974.jpg 1975.jpg
1976.jpg 1977.jpg
ハラペコモードだったので、OOE氏と共にバクバク食べる。

ワイワイとしてるうちに、持ち寄った玩具がこんなに(笑)。
1978.jpg
みんな荷物が多いハズなのに何でこんなに持って来るんだ(笑)。
くそう、こんなことなら昨日買ったアクティベイターズを持って
くりゃあよかった(ぉ

そんな感じで若林まことさんつかもとたかしさんMがんぢーさん
いっしたいらさんまぐまぐさんが互いの玩具で遊びまくったり、松乃
かねるさん
なまくらさんが日本酒を凄い勢いでかっぱかっぱ飲んだり、
みんなで蕎麦をズルズルすすったりしてるうちに時間も経ち、若林さん達が
別の飲み会の方へ参加するとのことだったので、ここで一度お開きに。

残った面子はそのままま2次会に突入だったんですが、体力ゲージが
かなりやばいことになってきてたので私もここで失礼することに。
皆さんお疲れ様でしたー。


フラフラしながらホテルに戻り、なんとか風呂にだけ入ると文字通り
ベッドに倒れこんでバタンキュー。
泥のように眠zzzz…

[ 2009/01/09 23:04 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2008冬編 3日目 

飛田君のレポはこちら
ほとん君のレポはこちら

今日はコミケ2日目ですが、たにめそ君が打ち合わせに出かけるのと
ほとん君が前日搬入に立ち会う為に閉会後にビッグサイトに行くらいで、
みんなほとんどフリーの日に。

まず朝はほとん君、相方君、もりそばんさんと共に再び築地市場へ。
1898.jpg
今回地下鉄で10分程で新橋に着く好立地なので、通わない手は無いのです。

今日もチェック。
1899.jpg
昨日から微妙に変わってる(笑)。

早速場内の魚がし横丁に行ってみると
1900.jpg
昨日以上の物凄い人出。まだ8時台なんですが…
うーん、昨日は臨時開市日だったから少ない方だったのかな。

寿司大の列なんて横丁脇まで列が続く物凄いことに。
1901.jpg 1902.jpg
並ぼうとしてる人に店員さんが「今からですと4時間くらいは並ぶ事に…」
と言ってました(笑)。

という事で今回も寿司以外のものを食べようという事でアレコレ迷いましたが、
寿司大の隣にある車海老のフライが美味しいと評判の「八千代」へ行く事に。

■八千代
住所:中央区築地5-2-1 築地卸売市場6号館
電話:03-3547-6762
営業:5:00~13:00
定休:日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる)

1903.jpg
10分ほど並んで入店。
1906.jpg
今回も店内がいっぱいだったので、ほとん君&相方君、私&もりそばんさんに
分かれて座ることに。

1904.jpg 1905.jpg
私は一番人気の車海老・アジ・ホタテフライ定食(1300円)をタルタルソース大目で。

10分ほどで登場。
1907.jpg 1908.jpg
どれもカラッと綺麗に揚げられていて、海老、ホタテは共に身がプリプリで
口の中で噛み締めると旨みがぎゅーっと。
そしてアジフライ、これが絶品。
肉厚でホクホクの身とサクサクの衣のハーモニーが堪りません。
これらのフライと卵が荒めに切られていい具合の食感の自家製タルタル
ソースとがまた実に良く合って、あっというまに完食。

もりそばんさんの頼んだ車海老フライあたま定食(1300円)。
1909.jpg 1910.jpg
カツとじならぬエビフライとじでこちらも美味しそうでした。


おなかも膨れたところで横丁を離れ、場外市場を抜ける形で外に出ようとすると、
1911.jpg
さっきの横丁を上回る人出でぶったまげる(笑)。

脇の通りも人でいっぱい。
1912.jpg

人気の玉子焼き店「大定(だいさだ)
1913.jpg
行列が100mくらいできてました。
どこの大手サークルかと(笑)。

謎の大根
1965.jpg
ご自由にと言われましても…

鯨肉の試食
1914.jpg
血合いが濃くて美味しかったです。

市場を抜けた後は新橋駅までのんびり歩き、ホテルに帰還。


ホテルで一息ついたところで、当初の予定では昼頃までコピー誌作業を
しようと思ってたんですが、フロアの方が早々に清掃作業に入っちゃた為、
部屋をしばらく出て行かざるを得ない事に。

たにめそ君は打ち合わせ、飛田君たちは流弾屋のBANG-YOUさんと合流する
とのことなので、私は一足先に出てアメトイ屋巡りをすることに。

まずは本郷三丁目の「ラバーダック」へ向かうも、生憎定休日だった為
湯島の方まで歩き、次の目的地の「ノンストップ」へ。

ノンストップ
住所:東京都千代田区外神田6-16-5 ミヤマビル1F
電話:03-5818-2494
営業:12:00~21:00(日曜のみ20:00まで)
定休:不明

1915.jpg
店に入るとTFアニメイテッドの玩具がドーンと。
1916.jpg 1917.jpg 1918.jpg
おおおー、ここは天国じゃー。

秋葉原からそれほど離れてないのに初日に覗いたラジ館内のショップよりも
お手ごろ価格な上に種類も豊富。
ショックウェーブどころか出回り始めたばかりのはずのジェットファイア&
ジェットストームも普通にゴロゴロしてるもんなー。
今度から通うようにしよう。

幸いというか生憎というか、ヴォイジャークラスのモノは東京に出発する前に
通販で注文済みだったので、代わりに未入手だったアクティベイターズの
グリムロックとメガトロンを購入。


ホクホクで店を出て大通りに向かうと、すぐ近くにどら焼きの名店「うさぎや」が。

うさぎや
住所:東京都台東区上野1-10-10
電話:03-3831-6195
営業:9:00~18:00
定休:水曜日

年末ということもあって、ここも凄い人出で混み合ってました。
1919.jpg
家族へのお土産にするには日持ちがしないので、とりあえずホテルで
みんなと食べる用のどら焼き(1個180円)を購入。


うさぎやを出たあたりでお腹も空いてきたので、更にちょっと北上し、
デミグラスソースが美味しいと評判の洋食屋「厳選洋食 さくらい」へ。

厳選洋食 さくらい
住所:東京都文京区湯島3-40-7 7F/8F
電話:03-3836-9357
営業:11:30~22:45
定休:不明

1920.jpg 1921.jpg
非常にオシャレなお店で、お昼時とあってこちらも混んでましたが、
10分ほどで席につけました。

1922.jpg 1923.jpg 1924.jpg
こちらはメンチカツも美味しいとのことだったんですが、流石に立て続けに
揚げ物はキツイので、デミグラスソースのオムライスセット(1800円)に。

サラダ
1925.jpg

スープ
1926.jpg

オムライスが登場。
1927.jpg
一見すると初日に食べたヨシカミのオムライスとそう変わらないみたいですが、
薄焼き卵の焼き加減のレベルが段違いで、実にキメ細やかかつなめらかで
うっとりするほどの美しさ。
1928.jpg
真ん中から割ってみると、薄焼き卵の内側はとろとろの半熟で、チキン
ライスといい感じに混ざり合ってます。
そのチキンライスも単なるケチャップライスではなく、ブイヨンで炊いた
ものや玄米などとをブレンドした、しっとり目のリゾット風になってます。

ドキドキしながら口に運んでみると、デミグラスソースと薄焼き卵とチキン
ライスの三位一体の筆舌に尽くしがたい複雑玄妙な美味さに、脳天が撃ち
抜かれたようなショックを受けました。美味い~美味過ぎる~。

特にこの黒褐色のデミグラスソースが素晴らしい。
超濃厚で、コクと旨みと酸味と甘味、そして苦味とが渾然一体となった超絶品。
この苦味は好みが分かれると思いますが、自分は物凄く気に入りました。

最初、昼に食べるにはちょっと割高かなとも思いましたが、このクオリティ
なら全然納得です。

食後の紅茶
1929.jpg

いやー、噂に違わぬ美味しさでした。次に来る時は評判のメンチカツと
デミグラスソースたっぷりのハヤシライスかビーフシチューを食べて
みたいところ。


お腹が膨れたところで更に北上して今度はアメ横へ。
1930.jpg 1931.jpg
うわ、年末のアメ横は子供の頃以来十数年ぶりでしたが、相変わらずの人出だわ。

人の波を掻き分け、次の目的地「レッドマーキュリー」へ。

レッドマーキュリー 上野店
住所:東京都台東区上野6-10-7アメ横プラザ101号
電話:03-3837-0355
営業:10:00~20:00
定休:毎月第2水曜日

こっちもアニメイテッド玩具がいっぱいじゃあ。
1932.jpg 1933.jpg
色々限定品等も置いてて眼福でした。
ただ、今は直ってるけどサイトのトップページの店舗住所を移転前のままに
するのは勘弁して欲しかったです。おかげで最初旧店舗の方に行ってしばらく
ウロウロするハメに。


アメトイ屋も満喫したので、今度は千駄木に向かい、知る人ぞ知るな自家製
チーズケーキが絶品と評判の喫茶店「結構人ミルクホール」へ。

結構人ミルクホール
住所:東京都文京区千駄木2-48-16
電話:不明
営業:12:00~19:00
定休:金曜日

1934.jpg
通りからちょっと脇に入った住宅地の中にポツンとある辺鄙な立地な上、
絶対一見さんが入りそうに無い外観(笑)。

大丈夫なんじゃろかと恐る恐る入ってみると、
1935.jpg 1936.jpg 1937.jpg
こじんまりとしながらもなんだか良く分からないカオスな空間。
まんだらけをものすごく上品にしたような雰囲気とでもいえばいいのか。
1938.jpg
席に着き、評判のチーズケーキを頼もうとすると、今年の営業最終日な為
用意した数が少なかったらしく、なんとケーキ類は全て完売したとのこと。
がーんorz

仕方がないのでもう一つの評判の想いやり生乳(600円)のみ注文。
1939.jpg
日本で唯一無加熱殺菌で出荷されているという想いやりファームの牛乳
だそうで、一見普通の牛乳なんですが、飲んでみるとこりゃ凄い。
ビックリするくらいクセが無くさらりとしていて、スルッと抵抗無く
口の中に入っていくのは衝撃的でした。これは一飲の価値ありです。

生乳に感動しつつも、やっぱりチーズケーキも食べたかったなあ…
としょんぼりしてると、可哀想に思ったのか店主さんが「こちらで
よろしければ」とガトーショコラをカットした際に出た端の方を
サービスで出してくれました。
1940.jpg
あ、ありがとうございますー(感涙)。
1941.jpg
せっかくなのでいっしょにホットココア(750円)を追加。

wktkで食べてみると、しっとりしていて自家製チョコレートが非常に濃厚
なんだけど、決してくどくはないという絶妙のバランスで美味しかったです。
うん、有名店のガトーショコラにも負けてないという噂は本当でした。
これより更に美味しいと言われるチーズケーキは一体どんな味なんだろう…

ホットココアの方は、想いやり生乳の成分が壊されないようややぬるめに
暖められており、自家製チョコレートといい感じに混ざり合い、非常に
柔らかい安らげる味になってます。

幸せ気分で店内でしばしのんびりとくつろいだ後、店主さんにお礼を
言って退店。次の東京訪問時にも必ず寄ろう。
あと福岡に戻った後でHPを見るとチーズケーキは通販をしてるようなので、
近いうちに注文しようと思います。


色々満喫したところでホテルに戻り、コピー誌の製本を本格的に開始。

一人で黙々と折ってるとたにめそ君が打ち合わせから帰って来たので、
引きずりこんで手伝ってもらう事に。

二人だべりながら折ってるうちにいつの間にか夕食時になったので、
さてどうしようかーと話していると、ほとん君から電話が。
前日搬入も無事終わって今から戻るところなので、何処か美味い店に
連れてけーとの指令が下る(笑)。

朝が揚げ物だったからあっさり目のものがいいとのことだったので
当初は神田に最近出来た醤油ラーメンが評判の「神田 磯野」に行こうと
したんですが、念のため電話してみたところこちらも今年の営業最終日
という事で普段よりも早めに閉まる為、合流してからだと行けそうに
無いので泣く泣く断念。

どうしたものかと思ったところ、ビッグサイトからりんかい線で移動しやすい
大井町に心当たりがあったのでそちらで合流する事に。

ちなみに飛田君は途中で体調を崩した為ビッグサイトには行かず既に
ホテルに戻っていたそうで、声をかけてみたところ明日に備えて休養
しておくとの事。


尚、集合場所に辿り着くまでに、乗った京浜東北線が事故の為動かな
かったり、りんかい線に乗り換えようとしたら隣のホームから先に電車が
出たりといった細かいアクシデントが続出しましたが、ここでは割愛。

B&M 151A
住所:東京都品川区東大井6-2-24 ドラゴンハイツ1F
電話:03-5471-6420
営業:11:30~15:00(LO14:30)17:00~23:00(LO22:00)
定休:正月のみ

1942.jpg
ステーキハウスで有名なB&Mが経営してるしゃぶしゃぶとすき焼きのお店で、
以前冬のワンフェスの帰りに寄った、やや分かりにくい立地ながらも駅から
近くて値段の割に味量共に申し分の無い、コストパフォーマンスの高いお店です。

あっさり目がいいとのことなので、
1943.jpg 1944.jpg 1945.jpg 1946.jpg
しゃぶしゃぶコースの豚ロース(2200円)と豚特上バラ(1990円)を注文。

前菜
1947.jpg
左上より巨峰のワイン漬け、鹿児島の鰤そーめん、枝豆の豆乳豆腐、
ずわい蟹の蟹味噌和え、生湯葉のわさび醤油かけ、海ぶどう
店員さんが一つ一つ丁寧に解説してくれます。どれも美味しかった。

しゃぶしゃぶ用鉄鍋が煮えてきたところでに香り付けの白ワインを
1948.jpg

豚ロース&豚特上バラ
1949.jpg 1950.jpg
無菌状態で育てられたSPF豚とのことで、どちらも綺麗な色をしてました。

野菜
1951.jpg
結構ボリュームがあります。

いざしゃぶしゃぶ開始
1952.jpg
相変わらずここの肉は全くといっていいほどアクが出ないんだよなあ。

ポン酢とゴマだれでパクリと
1953.jpg 1954.jpg
うーん、どちらも甲乙付けがたし。

ゴマだれは唐辛子を加える事で坦々麺風味に
1955.jpg
この味がクセになるんですよ。

鍋を綺麗に食べた後は、締めのリゾットに
1956.jpg 1957.jpg
1958.jpg 1959.jpg
ミネストローネ風リゾットとカニとあさりのリゾットの2択ですが
幸い鍋が二つなので両方お願いすることに。
1960.jpg 1961.jpg
どちらも美味しかったけど、個人的には塩胡椒やチーズ等、何も足さなくても
十分美味しかったカニとあさりのリゾットの方が好みかな。

デザート
1962.jpg
柚子のシャーベット、柿、チョコレートケーキ
最後まで至れり尽くせり。

これで一人約2700円だからなあ。相変わらずコストパフォーマンス高いわ。
みんなも満足してくれたようで何よりでした。
特に前日搬入でテンションの上がっていたほとん君は相当気に入ったようで、
明日の打ち上げの場所はここにする!と息巻いてました。
え、連荘だけどみんなそれでいいの?(笑)


ホテルに戻り、一息ついたところでたにめそ君に加えて相方君と
もりそばんさんにも手伝ってもらって製本作業を再開。
ちなみにほとん君はテンション上がりすぎた反動で帰りの電車あたりから
ぐったりしてきたので、飛田君同様明日に備えて早めに休む事に。

とりあえずやり方を教え、紙束を渡して各人個別に折作業をやってもらったん
ですが、相方君ももりそばんさんも飲み込みが早く、かつ丁寧であっという
間に頼んだ分が完成。
おお、これならOOE氏の厳しい品質チェックも大丈夫だわ(笑)。

担当分を折ったみんなが集まったので、残りを分担して折ったり
ページ順に重ねたり。

途中で休憩してうさぎやのどら焼きをパクリと。
1963.jpg 1964.jpg
やはり当日に食べると皮はフワフワ餡はしっとりで美味しいわあ。

ワイワイとやってると、12時頃にはどうにか折り作業が終了。
最後の方はみんなあきれ気味になってましたが(笑)、おかげで助かりました。
たにめそ君、相方君、もりそばんさん、ありがとうございますー。

いやー、毎回自分でも馬鹿じゃないかとは思うんだけどねー。
あと黙ってたけど、実はOOE氏の方でも製本してるので、これでも
全体の約半分なのよね(爆)。

後はホッチキス留め作業を残すのみなのでここで解散し、
一人ホッチキスマッスィーンと化して留めまくる。
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ…

[ 2009/01/08 02:55 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2008冬編 2日目 

飛田君のレポはこちら
ほとん君のレポはこちら
こんがりぱすたさんのレポはこちら

午前中はみんなで築地市場へ。
1859.jpg

相変わらずの拾得物掲示板。
1860.jpg
いつ見てもシュールなので必ずチェックするようにしてます(笑)。

こちらは競り場入場禁止の張り紙。
1861.jpg
以前より競り場は関係者以外原則入場禁止のはずなんですが、いつのまにか
外国人観光客の観光ルートになってしまい、非常にマナーが悪い人が多くて
競りに支障が出るほどな為、先日からこういうことになったそうです。
数回通っただけですが、確かにマナーの悪い人は目についたからなあ。
ターレがやってきても我が物顔で歩いて避けない人の多い事多い事。
まあこれは外国人に限った話じゃなくて日本人観光客も大概ですが。

場内の魚がし横丁に向かうと、年末ということもあって大賑わい。
1863.jpg 1862.jpg
お気に入りの寿司大はもとより、お寿司系はどこも大行列なので早々に
あきらめ、さてどこで食べようか迷いましたが、たにめそ君のリクで
去年来た時に食べた鮪のステーキが絶品だった「洋食 たけだ」へ。

洋食 たけだ
住所:中央区築地5-2-1 築地卸売市場8号館
電話:03-3543-0855
営業:3:00~13:30
定休:日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる)

1864.jpg
10分ほど待って入店。

私と飛田君、ほとん君は前回食べなかった鮪のトロステーキ(1200円)を注文。
1865.jpg
私はこれにアジフライ(350円)を、飛田君はエビフライ(350円)追加。

店内は12席ほどしかないので最初バラバラで入店しましたが、席が空き次第
他のお客さんに詰めてもらい、みんなでまとめて座れました。
1866.jpg
こういう気遣いは嬉しいものです。他のお客さん&おばちゃんありがとう。

そうこうしてるうちに料理が登場。
1867.jpg 1868.jpg
いざ食べてみると、おお、前回食べた鮪の尾肉ステーキはまるまるお肉
みたいでしたが、こちらは表面だけを焼いて中は生のままなので、外は
お肉だけど中は血合い強めでしっかりトロと、二つの味を一度に楽しめる
面白美味しさでした。
鮪自体も美味しいんでしょうが、なんといってもかかってるバター醤油ソースが
絶品なんだよなあ。ぶっちゃけこれだけでご飯何杯でもいけそう(笑)。

トッピングのアジフライはやや小ぶりですが、フワフワとした身を
サクサクの衣で包んでいてこれまた美味し。

ご飯を半分ほど食べたところでちょいがけカレー(100円)を追加。
1869.jpg
たまねぎが大きく昭和のカレーって感じ。

たにめそ君の鮪の尾肉ステーキ。
1870.jpg
少し分けてもらいましたがこちらも相変わらず美味しかった。


お腹が膨れたところでみんなと別れ、市場を出て汐留駅まで歩き、
1871.jpg
一人ゆりかもめに揺られてビッグサイトへ。

まずは西館の委託をお願いしてる「びぶりお出版」さんの所へ行き、
続いて「クリムゾンカフェ」さんに御挨拶に。
龍騎の頃からお付き合いさせてもらってますが、最近ではすっかり
平成ライダーのオフィシャル漫画家さんに。
今回久々に色々とお話できてよかったです。

特撮島を回った後は東館へ。
1872.jpg
いつもの連絡通路じゃなく外から回ってみましたが、こうして外側から
見ると改めて人の凄さが分かります(笑)。

東館に到着し、まずはほとん君に頼まれたサークルさん巡りを。
新刊を代理購入後、すかさずほとん君の新刊を渡して離脱という、
ほとん君直伝の「辻斬り挨拶」を慣行。
当然ながら相手サークルさんはビックリされるところばかりで、申し訳ない
なあとは思いつつも、正直ちょっと楽しかったです(笑)。

任務も無事完了したので今度はTF島とSDガンダム島に向かい、去年に続き
横井画伯に御挨拶したりマイミクの方々のところを回ったりと満喫。

その後は「びぶりお出版」さんに戻って売り子を代わったりしてましたが、
時間になったのでOOE氏からコピー誌の原束を受け取りビッグサイトを離脱。


ホテルに戻り一息つくと、今度はたにめそ君と相方君と共に某所へ。
ちなみに、出発前に先に向かっていた飛田君より連絡があり、当初予定していた
移動ルートが途中で一駅分くらい歩かないといけなくて大変との事だったので、
急遽別ルートで移動することに。おかげで何事も無く無事到着。
タツオはまた犠牲になったのだ…。

そうこうしてるうちに別行動だったほとん君とこんがりぱすたさん、先に
集まっていた飛田君、日向悠二さんOggieさん迦楼羅淳さんと合流し、
「飢る噛む!」の某焼肉屋さんへ。
1873.jpg
夏に食べて感激した、焼肉の次元を超えた焼肉を食べさせてくれるお店で、
再訪を楽しみにしてました。
特にたにめそ君なんてこの店に来たいが為にわざわざ今回の遠征に参加
したくらいですから(笑)。

相変わらずギュウギュウの店内
1874.jpg
いつ来てもお客さんでいっぱい。

辛味噌とキャベツ
1875.jpg
この自家製辛味噌が絶品で、いくらでもキャベツが入ります。
次に来る時は空きボトル持って来てこっそり詰めようかしら(笑)。

大将オススメの日本酒
1876.jpg
ラベルの無い一升瓶が出てきたときは何事かと思いましたが、なんでも
銘柄がバレると色々とマズイことになるらしい(笑)。

勧められるまま飲んでみると、口当たりが良く非常に美味で、あまり
お酒に強くない私もついつい杯を重ねてしまうほどでした。
おかげで顔がこれ以上ないくらい真っ赤になってほとん君に笑われる事に。
いやー、こんなのをあんな値段で出してるのがバレたらそら怒られるわ(笑)。

お肉の注文は常連の迦楼羅さんにおまかせすることに。

カルビわさび焼き
1877.jpg 1878.jpg
1879.jpg 1880.jpg
半面を炭火で軽く炙ってる最中におろし立ての本わさびをチョイと乗せ、
それを醤油にちょっとだけ漬けてパクリと。
うーん、美味い、美味すぎる。
よくある市販のチューブ練りわさびの無駄に鼻にツンに来る辛さではなく、
新鮮な本わさびの豊かな風味と熟成された肉とが一体となったこの
美味しさはもう堪りません。

サンカク
1881.jpg 1882.jpg 1883.jpg
両面を軽く炙っただけの、殆んど生といっていい状態を口の中に放り込むと、
程よく溶けた表面の脂のなんともいえない甘さが口の中にじゅわ~っと広がり、
これまた筆舌に尽くしがたい美味しさ。

モツ盛り合わせ
1884.jpg 1885.jpg
程よい下味のついたプリプリとした新鮮なモツが口の中で蕩けます。

ロース
1886.jpg
カルビに比べるとややあっさり目ですが、こちらもまた美味。
ちなみに写真が減っていってるのは、どんどん食べるのに
夢中になっていってる為(笑)。

今回はサイドメニューも色々と試す事に。

ビビンバ
1887.jpg 1888.jpg
これだけでも十分美味しいんですが、
1889.jpg
辛味噌を足す事により更に美味しく。

ビビンバについてくるスープ
1890.jpg
これもまた美味し。なんでだ?

ユッケ
1891.jpg
新鮮な生肉と濃厚な卵のハーモニー。

卵ご飯
1892.jpg
日向さんがお気に入りという、前回食べれなかった評判の卵ご飯。
上のユッケに乗ってるのと同じく、新鮮な●●の●●産の卵の濃厚な
旨みが満遍なくご飯に絡んだそれは絶品で、みんな貪るように完食。

自家製りんごジュース
1893.jpg
濃厚かつすっきりとしていて美味。
これがサービスでタダとかマジでおかしいから。

もう馬鹿みたいに「美味しい」「美味しい」を繰り返してますが、
本当にここの料理はみんな美味しいんです。

ちなみにこの店に来るのが初めてだったほとん君と相方君とこんがりぱすた
さんはというと、出てくる料理ごとに感激してて、最後の方は感激疲れと
いうか美味疲れでヘロヘロになってました(笑)。

そして大将も、隙あらばテーブルに来て薀蓄を語り始め、一向に止まらず
どうしようとみんなが思い始めたあたりで店員のお姉さんに呼ばれて我に
返って戻るを繰り返すといった感じで、相変わらずでした(笑)。

その興が乗ってきた大将が「飲んだ事無いでしょ」と奥から出してくれた
のが、日本酒で有名な八海山が作っているという地ビール
1894.jpg
ピルスナーは香りが良くコクと苦味があり、ヴァイツェンは苦味が少なく
フルーティーでどちらも美味しかったです。

そんな感じで美味い美味い言いながらワイワイと。
1895.jpg
迦楼羅さんの仕事の苦労話やら日向さんとほとん君の仲がいいんだか悪いん
だかなやりとりやらOggieさんのグッスマのクリスマスfigma写真コンテスト
入賞
の話やらで色々と盛り上がりました。
個人的にはOggieさんの作品はもっと上位に来ても良かったと思うんだけどなあ。

あ、知らない人に説明しますと、Oggieさん作成のあのSOS団部室、あれは既製品
流用なんかじゃなくて、床タイルの1枚1枚をはじめとして、殆どの建材、小物、
備品が文字通りの手作りなんです。Oggieさんまじぱねえ。


そんな感じでお腹も心もいっぱいになったところでお会計。
渡された紙を見ると「34000円(一人約3800円)」と

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

いや、確かに前回に比べたらお肉は幾分控えめだったんですが、
オカシイから、この値段は絶対オカシイから。
大将、いくら趣味の店とはいえこんなことしてたら潰れますよ?(笑)

会計を済ませて店を出ると大将が炭を熾していてまたもやトークが始まり、
「あ、肉食べて体が酸性になってるからアルカリ性も取らなきゃ!」と
またもや店から自家製梅干を持って来て薦められる。
あー、もう、ホントに商売考えてないなこのオッサンは!大好きだ!(笑)
1896.jpg 1897.jpg
それでこの梅干がまた程よい浸かり具合の甘さと酸味で美味しいんですわ。

大満足で大将に挨拶して駅まで戻り、日向さん達と別れて岐路に着くことに。


で、あー、美味しかったねえと、のんびりホテルに戻ってる途中、今日同じ
ホテルで合流して夕食を一緒にする予定だったのが、飛行機の都合で遅れる
ことになったもりそばんさんからのメールが来てたことにようやく気付き、
慌てて連絡を取ってみるとホテルで一人おなかを空かして泣いてるとのこと。

幸い帰路の途中にゴーゴーカレーがあったので、メジャーカレーの持ち帰りを
大急ぎで持っていくことに。
何とかもりそばんさんが餓死する前に帰り着いたのはいいんですが、シングル
部屋のテーブルでモリモリ食べて骨と皮だったそばんさんが回復していく様を、
背後のベッドに5人並んで腰掛かけて生暖かく見守るという、何かの宗教儀式
みたいな珍奇な様相に(笑)。

もりそばんさんも無事回復したところで色々だべってましたが、時間も遅く
なってきたのでほとん君&相方君を残して退散する事に。
部屋を出る際、荷物を漁られるもりそばんさんの悲鳴が聞こえたような
気もしたけど多分気のせい気のせい。

部屋に戻ってある程度コピー誌を折った後、就寝。

[ 2009/01/07 01:06 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2008冬編 1日目 

例によって殆ど食べある記ですが、飛田君たにめそ君ほとん君、
相方君
と共に冬コミに参加する為東京に行ってきました。

飛田君のレポはこちら
ほとん君のレポはこちら
こんがりぱすたさんのレポはこちら

まずはコミケ前日の27日に福岡空港に集合していざ出発。
1814.jpg

雲が殆ど無い快晴で、富士山もごらんの通りはっきりと。
1815.jpg
それなりに飛行機に乗ってますが、ここまで綺麗に見えたのは
初めてでした。

ちなみにこの時デジカメの不調(ズーム時にレンズ内の汚れが映る)に気付き、
同型を使っていたほとん君に貸してもらう事に。ありがたやありがたや。


出発が遅れたりした為、30分ほど遅れて到着。
1816.jpg
時間が無いので昼食は夏同様空港地下のフードコート
1817.jpg
東京シェフズキッチン」で済ますことに。

私と相方君は浅草の洋食屋「ヨシカミ」のオムライス(800円)を注文。
1818.jpg 1819.jpg
付け合せが全く無いのでちょっと割高感がありましたが、綺麗に焼かれた
薄焼き卵に包まれたチキンライスは程よい味付けで美味しかったです。

こちらはほとん君のハンバーグセット(850円)。
1820.jpg
コストパフォーマンス的にはこっちの方が良さそうでした。

写真はありませんが飛田君は銀座のとんかつ屋「銀座 梅林」のカツカレーを注文。
そちらも美味しかったとのこと。

いやー、空港でこれだけのものがこの値段で食べれるのはありがたいですな。
昔は高いまずい遅いの三拍子だったのに、空港の食事も随分と改善されたものです。

と、みんなで和気藹々と食べてると、フラッと一人でどこかに行っていた
たにめそ君が、近くのマクドナルドで話題のクォーターパウンダーを買って
戻ってきました。福岡では取り扱ってないので食べてみたかったらしい。
1821.jpg 1822.jpg
もそもそと食べ始めたので感想を聞くと「うん、普通にマック」とのことで、
早速ほとん君に「こっちは美味しいですよ!」といじられてました(笑)。


お腹も膨れたところで京急に乗り馬喰町(ばくろちょう)のホテルへ。
1823.jpg
建物自体はやや年季が入ってましたが、最近改装したようで部屋自体は
小奇麗でいい感じでした。

荷物を置くと一息付く間もなく今度は上野へ向かい、国立科学博物館で行われて
いる「もやしもん展」こと「菌類のふしぎ きのことカビと仲間たち」へ。
1824.jpg 1825.jpg

お札風入場チケット。
1826.jpg
オリゼーかわゆす。

光のオリゼーのお出迎え。
1827.jpg
タイミングが合わず綺麗に撮れなかった。

この手の展示会にしては珍しく撮影OKなのはありがたい。
1828.jpg

到着したのが16時過ぎ(閉館17時)だったので超駆け足で回ることに
なったんですが、
1829.jpg 1830.jpg
1831.jpg 1832.jpg
今年最終日ということもあってか物凄い人でびっくり。

菌がいっぱい。
1833.jpg 1834.jpg

菌説明パネルにこっそり描き下ろしイラストが隠されてたり。
1835.jpg

カビアートによるオリゼー。
1836.jpg

見る前は学術的な部分はおまけ程度と思ってたんですが、
純粋に展示会としても面白かったです。
正直もっとゆっくり回りたかった。

そしてもやしもん作者の石川先生直筆の落書き。
1854.jpg
もうホントにあちこちに描かれていて見つけるのが大変でした。
1855.jpg 1856.jpg
1857.jpg 1858.jpg
かなり撮ったはずですが、これでも全部じゃないんだろうなあ。

オリゼーの書割
1837.jpg
みんなハメ撮り(笑)してました。

第2会場では石川先生の複製原画が展示されていて、
1838.jpg
みんなで食い入るように鑑賞。
描き込みが物凄かったです。

最後は物販コーナー。
1839.jpg
会場限定グッズは綺麗に完売してましたが、それでも盛況でした。

博物館を出ると実物大のクジラのオブジェがお出迎え。
1840.jpg
ライトアップされて迫力がありました。

ライトアップといえば
1841.jpg
国立科学博物館の正面入口も荘厳な雰囲気。
スケジュール的に止むを得ないとはいえ、ここは常設展も充実してるから
やはりもっとゆっくり見て回りたかったなあ。


展示会を満喫したところで、こんがりぱすた定食のこんがりぱすたさんと
合流して夕食は赤羽の居酒屋「まるます家」に行く予定だったんですが、
店に確認の電話を入れてみると既に2階の座敷は予約で埋まってるとのこと。がーん。
以前予約できないかと電話した時は土日は予約できないって言ってたんだけどなあ。

止むを得ないので秋葉原のインド料理屋「ジャイヒンド」に変更し、駅前で
こんがりぱすたさんと合流して向かうことに。
ちなみにぱすたさんはほんわかした雰囲気の好青年でした。

■ジャイヒンド
住所:東京都千代田区神田練塀町49 東和ビル1F
電話:03-3253-2626
営業:11:30~14:30/17:00~21:30
定休:年中無休

1842.jpg
アキバヨドバシの近くにあるお気に入りのインド料理屋さんですなんが、
ここしばらく御無沙汰で去年の夏以来の訪問に。
オーナーシェフのラジさんはいましたが、いつも応対してくれる女将さんが
いなかったのは残念でした。最近出来た2号店の方に行ってるのかな?

相変わらずメニューが豊富で目移りしますが、お好みのカレー1種を選び、
タンドールチキン、チキンティッカ、シークカバブらのタンドール料理と
スープ、サラダ、ヨーグルトデザート、食後のドリンクが付く定番の
Aセット(2450円)を注文。

食前にマンゴーラッシーを追加。
1843.jpg
相変わらず濃厚で美味しかった。

本日のスープのクラムチャウダー
1844.jpg
あっさり目の味付けで。

タンドールチキン、チキンティッカ、シークカバブのタンドール料理3種と
サラダとパパド(ヒヨコ豆で作ったインドのせんべい)
1845.jpg
タンドール料理は相変わらずどれもジューシー。
そしてチキンティッカとパパドはスパイシーでした。

食べてるうちにカレーも登場。
私が注文したサグマトン
1846.jpg
羊肉の入ったほうれん草のカレーで、臭みの無いマトンと毎日フレッシュな
ほうれん草をペーストして作っているサグソースの相性はバッチリ。

飛田君のシュリンプバターマサラ
1847.jpg
トマト&バターソースの海老カレーで、こってり濃厚なトマト&バター
ソースとプリプリした海老のハーモニーがクセになります。

たにめそ君のチーズラジゼ
1848.jpg
チーズと野菜たっぷりのカレーで、トマトソースの酸味とカッテージチーズが
良く合ってます。

ほとん君のマライコフタ
1849.jpg
チーズと野菜とスパイスを丸めたものの素揚げ(コフタ)が入ったカレーで、
濃厚なカレーソースと一緒に食べると非常に美味。

相方君のキーマとなす
1850.jpg
鳥ひき肉と茄子のカレーで、クリーミーかつスパイシーな、バランスの
取れた人気メニュー。

こんがりぱすたさんのチキンラジゼ
1851.jpg
トマトとカシューナッツのカレーソースに鳥もも肉と野菜がたっぷり入った
カレーで、ぱすたさんがこういう店で食べるのが初めてとのことだったので
お勧めしてみましたが、気に入ってもらえたようで何よりでした。

ナン
1852.jpg
熱々のフワフワモチモチで美味。ボリュームも申し分なし。

みんなでシェアしながら食べましたが、相変わらずどれも美味しかったです。
1853.jpg
ぱすたさんの進路相談に飛田君とたにめそ君がアドバイスするといった
感じの話をメインにワイワイと。

そうこうしてるうちにいつの間にか店内がいっぱいになってきたので、
そろそろおいとましようとしたところ、ほとん君、相方君、こんがり
ぱすたさんの3人が2/3ほどしか食べてないことが発覚。
まあここのは結構ボリュームあるからなあ。

慌ててみんなで残りを食べましたが、私とたにめそ君も結構お腹いっぱい
だったので、飛田君が増えるウエストと引き換えに孤軍奮闘することで
どうにか完食。
タツオのウエストは犠牲になったのだ…


ラジさんに挨拶をして店を出た後はヨドバシを見て回り、ほとん君が
インアクションオフシュートの無頼(ゼロ専用機)800円に飛びついたり
飛田君がオバマ機こと超合金VF-25Sを前に買うた止めた音頭を踊った末
購入したりと色々楽しんだ後、ぱすたさんと別れてホテルに帰還。
明日の打ち合わせをして就寝。

[ 2009/01/06 00:20 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

冬コミ新刊の委託に関して 

冬コミの新刊「キバまんが大王」ですが、オフセで出せるかコピー誌になるかの
ラインが本当にギリギリだった為、委託に関しては全く手付かずだったんですが、
とらのあなさんとメロンブックスさんで取り扱ってもらえる事になりました。

両店舗さんに登録され次第また御報告しますので、何卒宜しくお願いいたします。


あとSD絵も追加。
1810.jpg
来週でお役御免っぽいですが、はてさてどういった結末になるのやら。

[ 2009/01/05 13:05 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

年賀絵 

1813.jpg
何も無いのも寂しいので年賀絵をでっち上げてみる。
例によってやっつけですが、丑年なので牛モチーフライダーの
ゼロノスアルタイフォームで。

厳密には牛じゃなくて牽牛星モチーフですが、まあゾルダよりは
適任かなあと。

[ 2009/01/03 23:37 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

あけましておめでとうございます 

あけましておめでとうございます。
今年も玩頑堂&みはるワークスを何卒宜しくお願いいたします。

今年の抱負は「何事もゆとりを持って動く」で。
冬コミでは修羅場のツケのせいで色々と悔いの残る結果になったので、
今年はまずそのあたりから改善していきたいところであります。

ちなみに、今日は入稿祝いに注文して不在中に届いていたTFアニメイテッド
玩具と東京で買ったヘケヘケで1日中遊ぶという、相変わらずのダメっぷりを
発揮しておりました(笑)。
1812.jpg
いやー、やっぱり疲れを取るには玩具テラピーが一番だネ。
セーフガードもショックウェーブもブリッツウイングもヘケヘケも
アクティベイターズもレジェンズもみんないい出来で幸せだわー。

[ 2009/01/01 23:48 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

PIXIV
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム