スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キッチンハウスEIJIYAのとりなんとハンバーグ 

飛田君と博多駅南の「キッチンハウスEIJIYA」に行って来ました。

キッチンハウスEIJIYA
住所:福岡市博多区博多駅南三丁目9-21
電話:092-474-0911
営業:11:30~14:30、18:30~22:30
定休:日祝日
駐車場:無し

2344.jpg
最近お気に入りの、とりなんとハンバーグが美味しい定食屋さんです。

私はカレーにハンバーグの付くAカレー定食(780円)を、飛田君は
ジャポネソースのBバーグ定食のご飯大盛り(880円)を注文。
ハラペコだしせっかくなのでとりなんも食べようと、シェア用に
スパイシーとりなんの単品(680円)も追加。

大将がパンパンとハンバーグ生地を叩き始め、待つ事15分ほどで登場。
2345.jpg
ライスの上のハンバーグに玉子がかぶさり、その上からタップリのカレーが
かかってオムハンバーグカレーといった様相。
カレーはスパイシーさは無いもののまろやかな感じでハンバーグ、玉子とも
良く合いパクパクとスプーンが進みます。

スパイシーとりなん
2347.jpg
揚げたて熱々ジューシーのとりなんの上にピリ辛のサルサソースがかかっていて
相変わらず美味しいなあ。

こちらは飛田君のBバーグランチ。
2346.jpg
さっぱり目のジャポネソースと相まってこちらも美味しかったとのこと。

ただでさえボリューム満点なのにサイドまで追加したので二人ともお腹いっぱいに。
相変わらずここはコストパフォーマンスが高くていいなあ。

メインメニューは一通り試してみたので、次はオムライス辺りに
挑戦してみたいところ。
スポンサーサイト

[ 2009/04/25 20:10 ] うまい物 | トラックバック(-) | コメント(-)

必殺!超変形ライダー 

FFR(ファイナルフォームライド)シリーズの食玩版の「必殺!超変形ライダー」が
コンビニに売ってたので買ってきました。
1個399円の全4種になります。

■FA(ファイティングアクション)ディケイド
仮面ライダーディケイド
2305.jpg 2306.jpg
プロポーションは中々ですが、バンダイ食玩の例によって背中は真っ黒(笑)。

2307.jpg
サイズはSIC極魂とほぼ同じ。

2308.jpg
付属武器はライドブッカーソードモードのみ。
可動に関しては首(BJ)、肩、脇、上腕ロール、肘、股関(二重)、
太腿ロール、膝(二重)、足首(BJ)の21箇所と、腰と手首が回らない
点を除けば文句無し。

ただ、他の3体と同じ値段というのを考えると、ライドブッカーガンモードも
付けるか、もうちょっと細かいシール分けするかしてくれても良かったんじゃ
ないかなあと思ったり。


■クウガゴウラム
仮面ライダークウガ
2309.jpg 2310.jpg
変形時に頭部を収納する為背中がえぐれてます。肩の肉抜きっぷりが凄い(笑)。

2311.jpg
可動は肩、上腕ロール、肘、股関(BJ)、太腿ロール、膝、足首(BJ)の14箇所。
頭部と脇が固定なので取れるポーズにちょっと制限が出ます。

ゴウラムパーツ装着状態
2312.jpg 2313.jpg
ゴウラムの前脚は基部しか可動しないのでFFRみたくベルト位置には回せません。

ファイナルフォームライドゥ!ククククウガァ!
2314.jpg
「ちょっとくすぐったいぞ」
「え?うぉっ、とぁっ、あっああっ」

2315.jpg
頭部を背中に回す
2316.jpg
ゴウラムパーツを装着し、腕部を上げ、太腿ロールを横に回してつま先を曲げ
ゴウラムの前脚を前に回して完成。

クウガゴウラム
2317.jpg 2318.jpg
残念ながら羽根は開きません。
あと脇が固定なので後脚がややまっすぐ気味。

ファイナルアタックライドゥ!ククククウガァ!
2319.jpg
ゴウラム背中のジョイントにディケイドの足を固定し、搭乗させることが可能。
まあ実際のファイナルアタックライドは3話ラストのようにゴウラムが標的を
挟んで急降下し、ディケイドがそれに飛び蹴りをかます技なんですが。


■キバアロー
仮面ライダーキバ
2320.jpg 2321.jpg
胸部が赤一色なので、ガンダムマーカーあたりで黒のラインを書き足して
やりたいところ。

2322.jpg
キバアロー時に矢となる、ヘルズゲート開放時の右脚を模した武器が付属。
可動は首、肩、脇、肘、股関(BJ)、太腿ロール、膝、足首(BJ)の15箇所。

キバットパーツ装着状態
2323.jpg 2324.jpg
背中にでっかいキバットが付く以外は見た目の変化無し。

ファイナルフォームライドゥ!キキキキバァ!
2325.jpg
「ちょっとくすぐったいぞ」
「?」
「ほら!」


2326.jpg
腕を横に上げ、下半身を左右に割りこちらも横に上げる。
2327.jpg
足首を180度回して裏返しにし、矢のパーツを刺す。

キバアロー
2328.jpg
流石は見立て変形に歴史のあるバンダイだけあってそれっぽく見えます。
まあその代わり裏からはとても見れたもんじゃありませんが(笑)。

ファイナルアタックライドゥ、キキキキバァ!
2329.jpg
ディケイド単体では当然ながら支えられないので台座等が必要になります。


■リュウキドラグレッダー
仮面ライダー龍騎
2330.jpg 2331.jpg
プロポーションはいいものの下半身の肉抜きっぷりが凄い(笑)。
キバと同じくマスクのスリットをガンダムマーカーあたりで塗って
やりたいところ。

右手にドラグクロー、左手にドラグセイバーを持たせることができます。
2332.jpg
可動は肩、脇、肘、股関(BJ)、膝、足首(BJ)の12箇所。
オプションが豊富な分一番可動箇所が少なく、特にクウガと同じく首が
回らないのが残念。

フル装備状態
2333.jpg 2334.jpg
R&Mや装着変身でも可能な装備なので先の2体よりも違和感はありません。
抜きの関係でドラグレッダーの腕がドラグシールドにくっついた状態に
なってます。

ファイナルフォームライドゥ!リュリュリュリュウキィ!
2335.jpg
「ちょっとくすぐったいぞ」
「ん?おい!……これは!?」

2336.jpg
頭部を後ろに倒し腕を横に広げ、下半身を左右に割りこちらも横に上げる。
2337.jpg
下半身を外側に90度回して上下をひっくり返し、左つま先にドラグクロー、
右つま先にドラグセイバー、両肘にドラグシールドを装着する。

リュウキドラグレッダー
2338.jpg 2339.jpg
左側面はまだ見れたFFRと違い、左右両側面とも酷い事に(笑)。
ライダー時の見た目を優先したんでしょうが、これは脚部の肉抜き穴と
シールの位置を逆にした方が良かったんじゃないかなあ。

2340.jpg
参考までに同じ龍型のミニプラ龍折神との比較

ファイナルアタックライドゥ!リュリュリュリュウキィ!
2341.jpg
一応ディケイドの右肩に引っ掛けるところがあるんですが、きちんと
固定できません。

全部乗せ
2342.jpg
ユウスケにかかる負担が凄い事に(笑)。


本家のFFRに比べると流石に物足りないところはありますが、400円と言う
値段でプロポーション、可動、塗装(シール分け)、変形をここまで
バランス良く成立させてるのは凄い。
次弾はFAディエンド、ブレイドブレード、ファイズブラスター、アギト
トルネイダーが決まってるようで楽しみです。

[ 2009/04/22 22:05 ] 玩具 | トラックバック(-) | コメント(-)

リテイクだ! 

相方君に怒られたので(笑)アニメイテッドスワープの変形動画を
撮り直しました。

以下WEB拍手お返事

[ 2009/04/19 22:27 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

JEWELのロールケーキ 

那の川のケーキとプリンのお店「JEWEL(ジュエル)」に行ってきました。

■JEWEL
住所:福岡市中央区高砂2-10-7
電話:080-2710-8278
営業:11:00~無くなり次第終了
定休:不明
駐車場:無し(建物の裏手に100円パーキング有り)

2298.jpg 2299.jpg
先月中旬頃にオープンしたばかりのお店なんですが、宣伝の類を殆どしてないにも
かかわらず口コミであっという間に広まり既にかなりの人気店になっています。
場所は那の川四つ角の角っこの、ラーメン屋「豚と節家」の右隣になります。

予約推奨との話だったので前日に電話し、
・プレーン(1260円)
・とろけるショコラ(1386円 →1646円)
・濃厚クリームチーズ(1365円)
・イチゴ(1386円 →1606円)
・メロンの王様(1879円)
・ブラウンスイス牛プリン(294円)
・ジャージ牛プリン(294円)
※追記
一部の値段が変わった模様

上記のメニューよりスタンダードなプレーンととろけるショコラを注文。

2300.jpg
店内に入ってみると、奥の厨房を除けば受け渡しカウンターとちょっとした
テーブル&椅子があるだけというシンプルな作り。

聞いてみたところ、出来立てを食べてもらいたい為ショーケースの
類は使わないようにしてるとのこと。
予約の旨を伝えると奥の厨房から持ってきてもらい、無事購入。
ちなみに完全予約制というわけではないそうなんですが、作られてる方が
一人なのでどうしても作れる数に限りがあるとのことなので、やはり事前に
予約しておくのが良さそうです。


wktkで家に帰り早速箱をオープン。
2301.jpg
真ん中にクリームがドンとあり、見た目は堂島ロールそっくり(笑)。

まずはプレーンをパクリ。
2302.jpg
うううううーまーいーぞー!!!
きめ細かくふわふわかつしっとりとしたケーキ生地と甘さ控えめであっさり
軽めのクリームとのハーモニーがまさに絶妙で堪らない美味しさ。

続いてとろけるショコラを。
2303.jpg
こちらはチョコクリームが濃厚なれど甘さ控え目で、これがまたふわふわ
しっとりのケーキ生地と良く合い絶妙のマッチング。
ちなみにカットする際、プレーンは殆ど抵抗無くさっくり切れましたが、
ショコラの方はクリームが濃厚な分抵抗がありちょっと切りにくかったです。

2304.jpg
いやー、美味しい上に食後感が全く重くないのが凄い。
おかげでついついフォークが伸び、一気に半分近くまで食べてしまった(笑)。


うーん、以前食べた堂島ロールに勝るとも劣らない味で素晴らしかった。
次はフルーツ入りやプリンを食べてみたいところですが、近々テレビに
取り上げられるとのことで、こりゃ一気にブレイクしそうだなあ。

[ 2009/04/16 21:35 ] うまい物 | トラックバック(-) | コメント(-)

WEB小説出身ラノベ 

ほぼ同時に2冊出てたのでまとめて購入&読了。
2343.jpg

■ソードアート・オンライン1 アインクラッド/川原礫(電撃文庫)
今年の第15回電撃大賞<大賞>を受賞した川原礫さんの新作で、2002年より
WEB上で連載されていた同名の作品の商業出版版になります。

設定そのものは割りとありふれた、ぶっちゃけて言うと第1回電撃大賞<金賞>の
「クリス・クロス 混沌の魔王」やこの手のジャンルの元祖の「クラインの壷」と
色々被るんですが、いい意味で王道的なボーイミーツガール作品になっていて、
非常に面白かったです。
この1巻だけでも十分綺麗に終わってるんですが、話はまだまだ続くようで
一体どんな物語が待っているのか、楽しみでなりません。

しかしこの作品といい大賞受賞作の「アクセルワールド」といいWEB上で
連載中の「絶対ナル孤独」といい、題材はどれももの凄くありふれてるのに
これだけ面白いものが書けるというのは凄いなあ。
ラノベレーベル増殖に伴い奇を衒った作品が増えてきてる中、この才能は
貴重だわ。間違いなく今後の看板作家候補で電撃はますます層が厚くなりそう。

ただ、意図的にやってる部分もあるんでしょうが、それを汲んでもやはり
ネーミングセンスがアレなのがちょっと(笑)。
なんせアクセルワールドの原題が「超絶加速バーストリンカー」ですから(笑)。


■散る花の残すもの 迷宮街クロニクル2/林亮介(GA文庫)
こちらは2003年よりWEB上で連載されていた「和風Wizardry純情派」 を
加筆修正した商業出版版の2巻になります。

原題にあるように、要は「Wizardryシナリオ1の舞台が現代日本になったら?」
という着想を基に書かれた「隣り合わせの灰と青春」を地で行く話で、まあ
無茶振りなので色々設定的に首を捻るところもありますが、とにかく人間を
書くのが上手いのでぐいぐい読ませます。
登場人物が軽く50人を超える為最初はやや読みにくいものの、探索者は
もちろんのこと、それ以外のバーテン、鍛冶屋、商社の担当者といった
キャラまでが本当に魅力的で、読み終える頃には登場人物全員の外伝が
読みたくなるほど。
それでいてそのキャラの立った探索者達が死亡率14%の数字の元、容赦なく
死んでいくドライさが凄いです。

2巻では12月になりクリスマスを始め色々なイベントが起こり、主人公の真壁も
成長し探索に慣れていくんですが、その半面、街の外の人間とのズレが本人の
知らぬ間にどんどん大きくなっていき…
果たして彼は生き残れるのか?そして彼女との、また翠との関係はどうなるのか?
続く3巻が待ち遠しいです。

まあ、WEB版→自費出版版→漫画版→商業出版版と、追いかけるのが4回目に
なるので展開自体はもう十分知ってるんですが、回を重ねるごとにどんどん
加筆修正されていってるので、全く飽きずに毎回楽しんでます。
というか、どのあたりが改変されてるのか探すのも楽しみの一つだったり。

ただ、どうしてもわかりやすいキャッチーな売りが無いので売上的に厳しそう
なのが辛いなあ。
なんとか本編だけでなく、外伝の最強トーナメント編まで出して欲しいところ
なんですが。


図らずもWEB出身で色々と対照的な2作品を同時に読めた訳ですが、
漫画だけでなく小説でもWEBで人気を得た作品が商業化される土壌が
出来てきてるのは喜ばしい限りですな。

[ 2009/04/13 21:44 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

吉祥飯店の中華料理 

飯塚さん、磯部さん、あにめそさん、たにめそ君しろー君ほとん君
相方君、私の8人で長浜の「吉祥飯店 長浜店」に行ってきました。

■吉祥飯店 長浜店
住所:福岡市中央区長浜2丁目3-31 プレステージ北天神1F
電話:092-734-5213
営業:11:00~15:00/17:00~22:30
定休:不明
駐車場:有り

2281.jpg 2282.jpg
長浜市場前にある大衆中華料理屋で、素朴な味わいの揚州料理が
リーズナブルな値段で食べられるお店です。

焼餃子(シャオジャオズ)500円
2283.jpg 2284.jpg
1人前8個で、写真は2人前。
外はパリパリ、中はジューシー。

炒肉粉皮(チャオロウフンピー)950円
2285.jpg
豚肉と板春雨の野菜炒め
板春雨のぷるるちゅるんとした食感が美味しい。

炸鶏抉(ジャージークァイ)800円
2286.jpg
鶏肉の唐揚げ
揚げたて熱々。

香酥茄子(シャンスーチェズ)800円
2287.jpg
細切り揚げ茄子のミンチの豆板醤ソースあんかけ
外カリカリで中熱々トロントロンの茄子が相変わらず最高です。
前にも書きましたが、以前は茄子嫌いだったほとん君が、これを
食べたことで今ではすっかり茄子好きになってます(笑)。

溜肥腸(リュウフェイツァ)1100円
2288.jpg
豚ホルモンの醤油炒め
醤油味のあっさり目の味付けのホルモンが実に美味。

京醤肉絲(ジンジャンロウスー)1100円
2289.jpg
細切り肉の味噌炒めと白ネギの干し豆腐包み
干し豆腐の上に白ネギと味噌を乗せて巻いて食べるんですが、
みんな加減が分からなくて大量に味噌と白ネギが余ってました。

風味猪蹄(フンウーツーティ)900円
2290.jpg
豚足の炒め物
コラーゲンたっぷりの豚足がプルンプルン。

中華クレープ(450円)
2291.jpg
写真で2人前
鶏肉とネギの甘味噌クレープ包み
要は福新樓名物の拷焼肥鶏片(ショウケイ)と同じようなものかと。
先の京醤肉絲同様、ネギと味噌は良く合うなあ。

韮菜炒肝(ジウツァイチャオガン)800円
2292.jpg
ニラとレバーの炒め物
臭みの無いレバーが食べやすい。

水餃子(スイジャオズ)500円
2293.jpg
皮がプルンプルンでこちらもまた美味し。
皮がやや厚めなので焼餃子よりこっちの方が合ってるかも。

糖醋里脊(カンヅーリーチ)1200円
2294.jpg
豚ロースの揚げの甘酢がけ
要は中華風トンカツなんですが、かかってる甘酢のおかげでもの凄く
さっぱりと食べれます。

蟹粉炒飯(シエファンタオファン)900円
2295.jpg
カニチャーハン
パラパラでウマウマ。

揚州炒飯(ヤンショウチャオファン)750円
2296.jpg
揚州風チャーハン
こちらはしっとり目でチャーシュー、エビ、胡瓜等が入ってます。

抜絲白果(バースーハイコウ)700円
2297.jpg
薄焼き卵の天ぷらの飴煮
飴のかかった熱々状態を冷水にさっとくぐらせ、外がパリっとなった
ところを食べる中華デザートで、サクサクフワフワとした軽い食感が
非常に美味。

いやー、相変わらずどれも美味しいなあ。
どれもさっぱりとしていて食べやすいのがいいですな。
しかもこれだけ食べて一人3000円しないんだからホントリーズナブルですわ。

そんな感じでみんなでパクパクと食べながら……正確に言うと新しい料理が
来る度に欠食児童のように我先にと小皿に取りあい、あっという間にお皿を
空にしながらワイワイと。
ちなみにほとん君は向かい合わせになってた磯部さんを質問攻めにしてました(笑)。

店を出た後は腹ごなしがてらに赤坂のマックまで歩いてお茶を。
ほとん君がケータイクーポンであれやこれやと注文してエライ事になりながらも
またもやワイワイとダベってましたが、時間となったのでお開きに。
今回も楽しゅうございました。

[ 2009/04/08 22:14 ] 飲み部 | トラックバック(-) | コメント(-)

島系本店舞鶴店のラーメン 

舞鶴の「島系本店 舞鶴店」に行ってきました。

島系本店 舞鶴店
住所:福岡市中央区舞鶴1丁目6-14
電話:092-714-6776
営業:11:30~15:00 18:00~23:00
定休:無し
駐車場:無し(周りに100円パーキング有り)

2240.jpg
2月にオープンした、志免にある福岡では数少ない次郎系ラーメンが
食べられるお店「島系本店」の2号店になります。
ちなみに「島系本店」が店名なので、「島系本店」と「島系舞鶴店」
では無く「島系本店志免本店」と「島系本店舞鶴店」になるそうです。

2242.jpg
昼時ということもありお客さんでいっぱい。

2243.jpg
ラーメンと煮豚めしのセット(800円)の食券を購入。

10分ほどで登場。
2244.jpg 2245.jpg 2246.jpg
スープは背脂タップリで、その甘味と醤油ダレの旨みとが合わさった
濃厚な味で美味しいです。
麺は福岡の平均からするとかなりの太麺で、もぎゅもぎゅと食べ応えがあります。
食券を渡す時に店員さんに頼めばこれより更に太い極太麺にも出来るらしいん
ですが、これより太いとなると一体どうなるのやら。
煮豚はよく煮込まれた大振りのものがゴロンと。
ある程度食べたところで備え付けのおろしニンニクを入れてみると、更に
ガツンと来ました。後の口臭が怖いけどこれまた美味しいなあ。

2247.jpg
煮豚めしは濃い目の味付けの煮豚がご飯と良く合うんですが、ラーメンと
一緒に食べるとちょっと濃過ぎるなので、セットの場合はもうちょっと
薄目だといいかな。

今までの福岡には無かった味で、むさぼるようにずそずそと食べて完食。
美味しかったです。
次は野菜大目の極太麺で食べてみたいところ。

[ 2009/04/02 00:42 ] うまい物 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

PIXIV
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。