福岡食べ歩きツアー2012 

レポついでにすっかり載せるのを忘れていたこちらも。
夏コミレポと日時がかなり前後することになりますが、4月のなのはオンリー
イベント
の翌日の話になります。

まずは昼前にはざまさん若林さんつかもとさん榊さんを拾い、
昼食に大名の料亭「稚加榮 本店」へ。

稚加榮 本店
住所:福岡市中央区大名2-2-17
電話:092-721-4624
時間:11:00~22:00
定休:無し

天神西通りから大名方面に入った先にある有名料亭で、昼はお得なランチが頂けます。
7598.jpg 7599.jpg
幸い待たされること無く中に入れ、今回は人数も多いのでカウンターではなく小上がりへ。

和定食(1300円)と、せっかくなのでイカの活造り(時価)を注文。
7600.jpg

まずはイカの活造りが登場。
7601.jpg 7602.jpg
まだ足がウネウネ動いています。
裏側が透けて見える透明な切り身をいただくと、程よい歯ごたえと甘みで美味。

和定食も登場。
7603.jpg
7604.jpg 7605.jpg
7606.jpg 7607.jpg
7608.jpg 7609.jpg
天ぷら、刺身、照り焼き、煮物、茶碗蒸し、蟹入り味噌汁とボリュームたっぷり。

そしてなによりここのランチの最大の特徴は、この店の名物であるつぶ出しチューブ
明太子が各テーブルに備え付けられていて、ご飯にかけ放題なのです。
7610.jpg 7611.jpg

イカ刺しで残った頭とゲソは素焼きと天ぷらにしてもらいました。
7612.jpg
7613.jpg 7614.jpg
素材が新鮮な上に作りたてなのでこちらも文句なしに美味し。
イカ刺しの時にあったコリコリとした歯ごたえが無くなり柔らかく。

しっかり食べてお腹いっぱいに。
7615.jpg 7616.jpg
ちなみに榊さんはチューブ明太を相当気に入ったようで、ご飯をお代わりして
テーブル備え付けのやつを殆ど一人で使い切りました(笑)。


お腹も膨れたところで次は太宰府へ。
7618.jpg 7619.jpg
若林さんとつかもとさんは去年来たらしいんですが、駆け足気味だったとのこと
なので、今回はのんびりと見て回ることに。

まずは参道に去年12月にオープンした「スターバックス 太宰府天満宮表参道店」で休憩。

スターバックス 太宰府天満宮表参道店
住所:福岡県太宰府市宰府3-2-43
電話:092-919-5690
時間:08:00~20:00
定休:不定休
駐車場:無し

噂に聞いた通り、見たこともない奇抜なデザインの内装。こらインパクトあるわ。
7620.jpg 7621.jpg
7622.jpg 7623.jpg
7624.jpg 7625.jpg
まあ正直奇抜過ぎてあんまりくつろげない気ががが(笑)。
実際スタバの割に妙にお客の回転早かったし(笑)。

休憩後は太宰府天満宮を参拝。
7627.jpg 7628.jpg

だざいふえん入口
7629.jpg 7630.jpg
ゲームセンターCXファンの若林さん達は、聖地巡礼として以前有野課長が立ち寄った
ここのゲームコーナーに来るのが目的だったそうな。

エスカレーターを登って九州国立博物館へ。
3677.jpg
生憎休館日な為中には入れませんが、建物だけでも一見の価値有りなので。
博物館横の東屋で休憩したりしつつも今度は下って行き禅寺の光明禅寺へ。

裏の庭園を案内すると、全員お~っと感嘆。
7631.jpg 7632.jpg
幸い人も少なく、ほぼ貸切状態で1時間ほどぼーっと。

本当なら奥の座敷でのんびりしたかったんですが、マナーの悪い観光客が増えた為
使えなくなってしまったとのことで、非常に残念。

癒されたところで参道に戻り、いつもの「松屋」でお茶を。

■松屋
住所:福岡県太宰府市宰府2-6-12
電話:092-922-6125
時間:9:00~18:00
定休:不定休
7633.jpg 7634.jpg
抹茶と梅ヶ枝餅のセットを注文し、裏の庭園へ。
7635.jpg

奥の桜がちょうどいい塩梅に。
7636.jpg

一番奥のベンチにはぬこが。
7637.jpg

焼きたて熱々の梅ヶ枝餅ウマウマ。
7638.jpg


その後は夕食まで時間もあるしということで、去年も行った福岡空港のランエンドへ。
7639.jpg 7640.jpg
飛行機の離発着が真下から見れるなかなか珍しいスポットなんですが、
関東なのは会の面々がもう子供のようにおおはしゃぎ(笑)。
7641.jpg
前回は天候が悪く肌寒いのもあったからなあ。
ちょうど着陸と離陸の入れ替わる時間で両方見れたのも良かった。

ついでに福岡空港の展望台へも。
7642.jpg 7643.jpg
こちらも好評でした。


飛行機を色々見てるうちに暗くなってきたので「天ぷらの平尾本店」で夕食を。
去年一度行ってるので一応他の店も候補で挙げたんですが、ほぼ満場一致でここに決まりました(笑)。

天ぷらのひらお 本店
住所:福岡市博多区東平尾2-4-1
電話:092-611-9033
時間:10:30~21:30
定休:年末年始
駐車場:有り

ご存知人気の天ぷら屋です。
7644.jpg 7645.jpg

皆思い思いに食券を購入。
7646.jpg 7647.jpg
私は今回新メニューのあじわい定食(680円)とご飯大盛り(50円)の食券を購入。

テーブルに付き、早速いかの塩辛を。
7648.jpg 7649.jpg

新作のわた入り塩辛。
7650.jpg 7651.jpg
ワタが入ったことでコクと苦味が増してこれまた美味しい。
当然ながらお酒に合うのではざまさん大絶賛(笑)。

塩辛を摘んでるうちに次々揚がってきます。
7652.jpg
7653.jpg 7654.jpg
いつもながらサクッと揚がって熱々で美味し。
あじわい定食は天ぷらのチョイスが海老、鶏もも、キス、イカ、野菜3種という、
バランスの取れたものでかなり好み。

これまた好評で何より。
いやー、他県から来た人に空港ランエンド&ひらおのコンボはもう鉄板だね(笑)。
特にはざまさんは「家の近くにあれば毎週通うのにー」と嘆いてました(笑)。


その後は博多方面に戻り、ヨドバシをぶらぶらしたりデイトスでお土産を物色したり
サンマルクカフェでお茶したりと満喫した後、みんなをホテルに送り届けて解散。

ほぼまる1日がかりでしたが、なのは会の面々も満足されたようで良かった良かった。

[ 2012/08/30 22:46 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

とらパFINAL 

告知が遅れましたが、明日行われるとらいあんぐるハート&リリカルなのは中心
都築真紀作品ONLY同人誌即売会「とらいあんぐるパーティーFINAL」に参加します。

8月26日(日)
東京都都立産業貿易センター 浜松町館 3F
風芽丘二丁目-5 「みはるワークス

新刊の方は、コミケが終わったばかりな為コピー本は無理でしたが、ジェバンニOOE氏が
またまた一晩でやってくれたペーパーを用意しております。

お世話になったオンリーの最後ということで私も何とか行きたいところだったんですが、
流石にコミケの2週間後に再度東京行きはちと無理でした。
というか、このスケジュールでへっちゃらなのはOOE氏かしろー君くらいだと思うの(笑)。

[ 2012/08/25 19:26 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2012年夏編 4日目 

8時過ぎに起床。いよいよ帰還の日です。
昨日の戦利品等を詰めたダンボールをフロントから発送し、朝食はホテルから
ちょっと歩いたところにある日本橋の蕎麦屋「そばよし」へ。

■そばよし
住所:東京都中央区日本橋本町1-1-7
電話:03-3241-0884
時間:月~金7:30~20:00、土11:00~15:00
定休:日祝

江戸時代から続く鰹節の卸問屋直営の店で、よくTVや雑誌でも紹介され、最近だと
ブラタモリ第3シリーズの最終回でも取り上げられてました。
7944.jpg 7945.jpg
店内はカウンターのみになってます。

季節メニューも豊富ですが、今回はスタンダードにかきあげそば(390円)と
半ライス(70円)の食券を購入。
7946.jpg 7947.jpg
7948.jpg

殆ど立ち食い蕎麦屋みたいなものなのですぐ出てきます。。
7950.jpg 7951.jpg
早速いただくと、流石に鰹節問屋直営だけあってつゆが美味い。
ガツンと来るタイプじゃないけど、濃厚で旨味と香りが豊か。
7952.jpg
ただ麺の方は普通かな。このつゆが相手だともうちょっとコシ強めの方がバランスが
取れるような気がするけど、まあ値段を考えると十二分でお釣りが来るクオリティかと。

そしてこの店のもう一つの特徴として、工場で鰹節を削る際に出る粉かつお、これが
かけ放題になっていて、ご飯にぱっぱっとかけ醤油をちょっと垂らして頂きます。
7953.jpg 7949.jpg
こちらも風味と旨味たっぷりでウマウマ。
蕎麦のつゆをちょっとかけるのもイイね。

お腹が膨れたところでホテルにすぐには戻らず、ホテルからちょっと北にある
人形町の和菓子屋「清寿軒」へ。

清寿軒
住所:東京都中央区日本橋堀留町1-6-1
電話:03-3661-0940
時間:9:00~17:00(売り切れじまい)
定休:土日祝
7954.jpg
どら焼きで有名な店なんですが、恥ずかしながら最近になるまで知りませんでした。
7955.jpg 7956.jpg
昼過ぎに売り切れることもあるそうなんですが、開店したての時間なので流石に余裕。
お土産用にどら焼きの大判と小判の詰め合わせを購入。

ホテルに戻った後はチェックアウトの時間を延長して昼までゴロゴロと。


時間になったのでチェックアウトを済ませ、荷物だけ預けてホテルを出て
まずは日比谷へ向かい、有名和菓子店「銀座かずや」へ。

銀座かずや
住所:東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル1F
電話:03-3503-0080
時間:11:30~17:00
定休:日祝

元日本料理職人の店主が製造から販売までを一人で手がける風変わりな店ながら、
代表作「かずやの煉」は数カ月前に予約しないと手に入らないという超人気の店です。
当然ながらそのかずやの煉が買えるとはハナから思ってなく、帰りの飛行機まで
時間もあるし、他の商品が買えればいいかなあという軽い気持ちでした。
7958.jpg
場所は地下鉄日比谷駅のA4出口から南東に進み、線路の手前で右に曲がったところの
雑居ビルの奥にあるんですが、初めての人にはかなり難易度高いです。
一応ビルの入口に「菓子」と書かれた立て看板(?)はあるものの、正直私も
最初見つけられずにこの区画をぐるっと1周しました。

店の前の着くとちょうど開店数分前で数人の列が。
7959.jpg
狙ってたわけじゃないんだけど、ナイスタイミングでした。

11時半の開店となり、10分ほど待って店内へ。
7962.jpg 7960.jpg
店内というかカウンターしか無いんですが(笑)。

驚いたことに今日はかずやの煉(6ケ入り2100円)の在庫がまだあるとのことで、即購入。
7961.jpg
お盆時期で予約する人が少なかったみたいなんですが、まさか買えるとは
思ってなかったので実にラッキーでした。

ホクホク顔で店を出る。いやー、嬉しい誤算でした。
7963.jpg
ちなみに店が入っているビルの隣にはゴジラの像が。


その後は久々に銀座のデパ地下巡りを。
前回来た時は三越が改装中だった為、色々変わっていて見応えがあり楽しめました。

あと地下で見かけて吹いた広告。
7957.jpg
あの人ってムネリンのことですよね(棒)。
7/25に就航したANAの成田-シアトル線の広告なんですが、肝心の「あの人」は
7/23にニューヨークヤンキースに移籍してるという間の悪さ(笑)。

そうこうしてるうちにお昼時になったので、コリドー通りにあるオイスターバー
「Ostrea(オストレア) 銀座コリドー通り店」へ。

Ostrea(オストレア) 銀座コリドー通り店
住所:東京都中央区銀座6-2-1ダヴィンチ銀座1F
電話:03-6215-6688
時間:平日11:30 ~14:30/17:00~25:00、土日祝16:00~23:00
定休:年中無休
7964.jpg
人気のオイスターバーで、昼のランチは前菜、サラダ、カキフライ、デザート、ドリンクが
飲み食べ放題になってます。

メイン料理を頼む形になっていて、牡蠣とルッコラのフェデリーニ(1000円)を注文。
7965.jpg
大盛り無料とのことなので、当然(笑)お願いする。

ドリンクはコーヒー、紅茶、アイスコーヒー、アイスティー、烏龍茶、オレンジジュース、
グレープフルーツジュースが揃ってます。
7966.jpg

まずはサラダと前菜を取って頂きます。
7967.jpg 7968.jpg
7971.jpg

続いてカキフライを。
7969.jpg
あっという間に無くなりますが、即補充されるので常に熱々の揚げたてが食べられます。
7972.jpg 7973.jpg
やや小ぶりで旬に比べると旨味もそれなりですが、食べ放題という点で考えれば十二分な
クオリティかと。何よりも揚げたてアツアツが気兼ねなく食べられるのが嬉しい。

パスタも登場。
7974.jpg 7975.jpg
フェデリーニはスパゲッティよりもやや細めのパスタで茹で具合、味付け共に良く、
牡蠣はプリプリでルッコラもいっぱい乗っててボリュームもバッチリ。

当然ながらカキフライおかわり。
7976.jpg
うめーうめー。
ただ味付けが基本的に備え付けのソースだけなのがちょっと残念。
まあ食べ放題でタルタルソースやレモンまで用意しろというのも酷な話なんでしょうが。

続いてデザートに突入。
7970.jpg 7977.jpg
7978.jpg
フルーツもありましたが、この自家製のぶどうのパンナコッタが濃厚で美味しく
こればっかり食べてました。

12時前後だとお客が多くバタバタしてそうですが、私が入店したのがピークを過ぎた
13時半過ぎだったので既に落ち着いており、ランチタイム終了までしばしのんびりと。
しかし銀座のこの立地でこのコストパフォーマンスの高さはまさに驚愕だなあ。
というかこんなにサービス良くて大丈夫なの?と心配になるレベル(笑)。
そら昼時は近隣のサラリーマンやOLが列をなすわ。


その後は再び銀座をブラブラと。
銀座松屋でやってた「タツノコプロテン」を見ようか迷いましたが、微妙にタイミングが
ズレそうだたのでパスすることに。
しかし以前あったゲゲゲ展といい、銀座松屋って立地の割にマニアックな展示会が
多いような気が。

それにしても天気がピーカンもいいところで暑い暑い。
昨日がこの天気じゃなくて本当に良かった。

あまりに暑いので人形町に帰還する途中の築地で途中下車し、
「茶の実倶楽部 築地新店」で休憩を。

茶の実倶楽部 築地新店
住所:東京都中央区築地2-11-12
電話:03-3542-2336
時間:10:00~18:00(喫茶室は17:00まで)
定休:日祝

築地の場外市場にあるお茶屋「魚がし銘茶」の支店で、場所は地下鉄築地駅2番出口
から北東に100m進んだ所になります。
7979.jpg 7980.jpg
1階で先に代金(500円)を払い、2階の喫茶室へ。

お茶とお菓子のセットも選べますが、ここは当然かき氷で。
7981.jpg 7982.jpg
種類は前回来た時が
ほうじ茶だったので抹茶のことのはで。

程なく登場。
7983.jpg 7984.jpg
結構ボリュームがあります。
7985.jpg
早速いただくと、氷はきめ細かく舌の上でシャリシャリ残る食感が良い上に、
なによりも抹茶が非常に濃厚で香りも良く美味しいです。
流石はお茶屋なだけあります。

氷だけだと飽きそうになりますが、底の方には抹茶アイスが。
7986.jpg

氷を食べ終えたところでお茶のサービスも。
7987.jpg

昼と同じ感想だけど、500円でこのクオリティは素晴らしいなあ。
夏季限定の上、微妙に店が開いてるタイミングが合わずなかなか来れないのが残念。


人形町に戻り、ホテルに向かう前に「志乃だ寿司総本店」へ。

志乃多寿司総本店
住所:東京都中央区日本橋人形町2-10-10
電話:03-5614-9300
時間:9:00~19:00
定休:無し
7988.jpg
7989.jpg 7990.jpg
今回は滞在中に食べなかったので、お土産用にいなり寿司が6個入った
志乃多(580円)を購入。

ホテルに預けていた荷物を回収して羽田空港へ。
ホント乗り換え無しで行けるのは便利だわ。

羽田空港へ到着。
7991.jpg

お土産は既に買ってるのでそのままゲート内へ入り、出発ゲートラウンジ内に去年9月に
新しく出来た「CAPTAINS' TOKYO(キャプテンズ・トーキョー)」エリアをブラブラと。
7992.jpg 7993.jpg
7994.jpg 7995.jpg
お土産はもちろんのこと、本屋やパン屋なんかも入ってます。

他にもホットサンドとフレッシュジュースの専門店「サンフレッシュカフェ」や
8000.jpg 7999.jpg
おにぎりと味噌汁の専門店「五穀豊穣 蔵一」等も。

また、フードコートにはご当地B級グルメのメニューが揃ってました。
7997.jpg 7998.jpg

飛行機の時間までまだもうちょっとあったので、早めの夕食をということで
一角にある立ち食い寿司屋「又こい家 羽田店」へ。

又こい家 羽田店
住所:東京都大田区羽田空港3-3-2 東京国際空港第1旅客ターミナル2F
      出発ゲートラウンジ(中央) キャプテンズ トーキョー内
電話:03-3747-0133
時間:6:30~20:00
定休:無し
8001.jpg 8002.jpg
築地の鮪の仲卸問屋が経営するお店です。
8003.jpg 8004.jpg
8005.jpg
こういう店はどうしても身構えてしまいますが、メニューを見ると1貫120円からで、
ネタにもよりますがかなりリーズナブル。

おまかせ握り(800円)を注文。
8006.jpg
目の前の職人さんがテキパキと握っていき、程なく出てきたのは
中トロ、赤身、カンパチ、スズキ、アジの5貫。
食べてみると、こう言ったら失礼だけど思ったよりもネタの質が良く、
シャリの握り具合も申し分無しでなかなか。

サーモン、〆さば、まぐろ(全て120円)を追加。
8007.jpg
値段を考えればどれも上々。特に鮪の仲卸問屋だけあって赤身は侮れないレベル。

うん、値段もそこそこだし、気軽に食べるには最適かと。
何よりゲート内だから出発時刻までの移動時間を気にせず食べられるのがいいですな。


小腹を満たしたところで出発の時間になったのでそそくさ搭乗し出発。
8009.jpg
その後は何事も無く無事福岡空港に到着…

暑っ、福岡蒸し暑っ!

東京も暑かったけど、福岡は昼間雨が降ってたせいもあって不快指数がパネェ。
ともあれ無事帰還。今回も充実した4日間で、無事過ごせて何よりでした。


■いつものお土産コーナー
志乃多寿司総本店のいなり寿司はその日のうちに。
8010.jpg 8011.jpg
相変わらず揚げとシャリだけのシンプルこの上ないのに何でこんなに美味しいんだろう?

かずやの煉は翌日にいただきます。
8012.jpg 8013.jpg
包みを解くと笹の香りがし、モチモチプルプルしてて濃緑が映えます。
8014.jpg 8015.jpg
早速いただくと、口の中に広がる濃厚な抹茶の風味と何とも言えないねっとりとした
舌触りのハーモニーで、得も言われぬ美味しさ。
なるほど、これはたしかに人気出るわけだわ。
ただ、数カ月前から予約してまで食べたいかと問われると、流石にちょっと首を捻るかな。
いや、こんな事言うと買えない人に怒られそうだけど。

清寿軒のどら焼きは4日持つので翌日以降に。
8016.jpg 8017.jpg
箱が洒落てます。

大判は一般的などら焼きの形で、小判は生地一枚で餡を包む形になってます。
8018.jpg
8019.jpg 8020.jpg
冷蔵庫に入れて翌日以降に食べたので生地、餡子共にしっとりしてました。
多分当日だと生地はもっとふわふわだったんだろうな。
餡は甘さ控えめで、生地とのマッチングが絶妙。
生地と餡子のバランスは小判のほうが好みでした
大判は生地を、小判は餡子を楽しむ感じかな。

豆源の豆菓子は日持ちするのでボチボチと。
8021.jpg
とはいってもおとぼけ豆はかっぱえびせんもビックリのやめられない止まらない状態で
あっという間に食べ尽くしてしまったんですが(笑)。
やはりおとぼけ豆はお徳用で買うべきだな。

[ 2012/08/23 21:26 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2012年夏編 3日目 

6時過ぎに起床し、昨夜買っておいたパンで朝食を済ましていざ出陣。

ゆりかもめに揺られビッグサイトへ到着。
7922.jpg
スペースに着き、OOE氏と合流して設営を。
7923.jpg
といっても今回はOOE氏が先に到着してて殆ど終わってたんですが。

設営が終わったところで挨拶回りを。
今回は若林さん達のところとすめらぎさん達のところに行くと、他の挨拶回りに
行く予定だったサークルさん達とことごとく遭遇し、まとめて挨拶が済んだので
かなり楽でした。

ちなみに、みんなが集まった際に一番の話題になったのは、やはり今回自主制作
戦車アニメを作る為にランエボ1台分ぶっこんだ人
の事でした(笑)。


挨拶回りが終わったところで10時となり、いよいよ開場。
毎度の鉄砲玉で15分ほど回った後はのんびり売り子を。
いつものごとく長い列こそ出来ないものの人が途切れることのないまたーりペースで、
来て下さる皆さんには本当に感謝です。

今回のお馬鹿ポスター
7924.jpg
去年夏と同じくスペース前の通路が通常よりも広く人の流れが多いのもあってか、立ち
止まって指さしたり吹いたり写真撮ったりする人が結構いて、受けたようで何よりでした。

そして去年一昨年と猛威を振るった猛暑は今年は若干弱まった感じ?
早朝の雨も予想されて蒸し風呂状態なるんじゃないかと危惧されてましたが、開場後
ちょっと降ったものの思ってたよりもかなりマシな状況だったんじゃないかと。

それに加えて過去の経験を元に暑さ対策をしていたのも功を奏しました。
フェイシャルペーパーで顔を拭いた後に風を当てるのが一番効果的だとわかったので、
秘密兵器首かけ扇風機を投入。これで去年一昨年に比べてかなり楽になりました。


お昼時も過ぎて落ち着いてきたところで開場前に行けなかった所への挨拶回りを。
年に2回くらいしか会えませんが皆さん変わりないようでよかったよかった。
お相手して下さって有難う御座いましたー。

ちなみに柳瀬さんの所に行くと、はじめてのあく終了記念本を出された藤木俊さん
比喩抜きで山のように積まれたスケブを物凄い勢いで描き上げてました(笑)。

スペースに戻り再びのんびり売り子をしてるうちに16時となり、C82も無事終了。
皆さんお疲れ様でしたー。
そういえば閉会後なんかアイマス島でスタッフがサイリウム振ってたり、どこぞの
島で拍手が延々続いてたりしてたけどあれは一体何だったんだろう?

そして既に当たり前の風景となった閉会即超高速撤収の図(笑)。
7925.jpg

その後はなのは会の面々と合流し、三角下の日陰でしばし夕涼みを。あー、すずしー。
ちなみに何か冷たいものでも買おうと近くのファミマに行くと、まるで暴徒の襲撃を
受けた後のような惨状で、売り物が殆ど残ってませんでした(笑)。
あれだけ山のような在庫があったはずなのにマジパネェ。

過去の経験から残りゲージにはかなり気を使ってたんですが、それでもこのまま直で
打ち上げに参加する体力気力は残ってなかったので、皆と別れてホテルに帰ることに。

さらばビッグサイト、次は冬に会おう。
7926.jpg


這々の体でホテルに帰還し、風呂に入って汗を流し一息ついたところでようやく落ち着く。
前日ちゃんと寝たおかげでベッドに倒れ込むことが無かっただけマシな方か。

そして落ち着いた途端に猛烈に腹が減ってくる。
打ち上げに行ったなのは会の面々が美味しそうなもの食べてるのでそれはもう余計に(笑)。
昼もパンとウィダinゼリーで軽く済ませただけだったからなあ。

孤独のグルメのゴローちゃんばりに今は何腹かと己の体に尋ねた所、
前回は肉だったけど、今回はカレーが無性に食べたくなる。
やっぱり暑くて疲れた時はカレーデスネー。

という訳で最初は「ジャイヒンド」か「ダクシン」に行こうかなと思いましたが、
せっかくなので新規開拓してみようと思い、御徒町にある「アーンドラ・キッチン」へ。

アーンドラ・キッチン
住所:東京都台東区上野3-20-2 水野ビル B1F
電話:03-5818-6564
時間:平日11:15~15:00/17:00~23:00、土日祝11:30~15:00/17:00~22:00
定休:無し

2009年にオープンした人気の南インド料理店で、以前から一度行ってみたかったので
ちょうどいい機会でした。
7927.jpg
場所はJR御徒町駅南口1から南に100mほど進んだ先の角を右に曲がった所になります。
写真は撮りそこねましたが、店内はよくあるインド料理店な内装ではなく、ちょっと
オシャレな洋食屋的な雰囲気。

インド料理店の常で無茶苦茶メニューが豊富ですが、ここは一通りの料理が揃っている
アーンドラ・ドーサ ミールスのノンベジタリアン(2490円)と、ラッシー(400円)を注文。
7928.jpg 7929.jpg
7930.jpg 7931.jpg
7932.jpg 7933.jpg
ちなみにミールスとは南インドのワンプレートの定食とのことで、これが
北インドだとターリーになるそうな。

ラッシー
7934.jpg
自家製ヨーグルトジュースで、濃厚で美味し。

まずはミニドーサが登場。
7935.jpg 7936.jpg
ドーサは米粉とすり潰した豆を発酵させて薄く伸ばして焼いた南インドのクレープで、
中にはスパイシーに味付けされたジャガイモが入ってます。
生地が美味しいのでそのまま食べてもいいし、豆と野菜のカレーのサンバルにつけても美味し。
7937.jpg
写真左のワダは南インドの甘くないドーナツで、あっさりしていて食べやすいです。
こちらもそのまま食べてもよし、ココナツチャトニーをつけてもよし。

ドーサを食べ終わるとメインのミールスが登場。
7938.jpg 7940.jpg
右のチキンカレーはスパイシーで、骨がするりと取れるほどよく煮込まれた
骨付きチキンが入ってます。
右上のシーフードカレーはエビがゴロゴロ。
左上のマトンカレーは羊肉の旨みがしっかり出てます。
左の野菜の炒め煮のポリヤルはあっさりしていてカレーの合間の箸休めに最適。

7939.jpg 7941.jpg
インドの薄焼きせんべいのパパドはよくある市販品ですが、その下にある全粒粉の
薄焼きパンのチャパティはナンのようなモチモチ感はありませんが、風味が
よくこれまたそのまま食べても美味しく、また各種カレーとの相性も抜群。
左のサンバルはドーサに出てきたのと同じもの。
左上のラッサムはタマリンドと胡椒の効いた辛酸っぱいスープで、めっちゃ辛いけど
体にジワーっと染み渡ります。
バスマティライスは絶妙の炊け具合で香りもよくパラパラで、カレーやラッサムを
かけて頂きます。

サンバル、ラッサム、ライスはおかわり自由とのことなので、当然お願い
してモッシャモッシャと食べる。
7942.jpg
ミールスだけでも十分お腹いっぱいになる量があったのに、ミニドーサとおかわりが
とどめを刺してお腹がもうはちきれんほど。いやー、食った食った。

どの料理も高レベルだったけど、個人的にはパスマティライスの美味しさが光ったなあ。
次は土曜日限定のハイデラバディ ダム ビリヤニを食べてみたい所。


大満足でホテルに帰還したあとは最後に1個とって置いたシュークリーの
シュークリームをデザートに。
7943.jpg
1日経っちゃったけど美味し。

その後は汗でびっしょりになって会場で着替えた衣類を洗濯したり収穫物を発送する
ために整理したりオリンピックを見ながらゴロゴロしたりしつつ就寝。

[ 2012/08/22 21:53 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2012年夏編 2日目 

8時前に起床し、毎度恒例の築地市場魚がし横丁へ。
7833.jpg
相変わらず朝から人がいっぱい。

寿司大の行列も相変わらず(笑)。
7834.jpg 7835.jpg

久々に「米花」に行こうかとも思いましたが、せっかくの土曜日なので
「とんかつ八千代」へ行く事に。

■とんかつ八千代
住所:東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場6号館
電話:03-3547-6762
営業:5:00~13:00
定休:日曜、祝日、不定休(築地市場に準ずる)
7836.jpg 7837.jpg

火、木、土曜限定のチャーシューエッグ定食(1200円)を注文。
7838.jpg 7839.jpg

程なく登場。
7840.jpg 7841.jpg
箸で摘むと自重でプルプル震えるチャーシュエッグを口に入れると、
7842.jpg

うううううーまーいーぞー!

口の中でホロホロと溶けてもう堪りません。まさに絶品。
卵を崩して黄身とからめて食べるのもまた美味し。


お腹が膨れたところでそそくさと築地市場を離脱。
人形町に戻りホテルに帰還する途中、「シュークリー」へ立ち寄ってみる。

■シュークリー
住所:東京都中央区日本橋人形町1-5-5
電話:03-5651-3123
時間:9:30~19:00
定休:日曜(クリスマス、バレンタイン等除く)
7843.jpg
案の定シュークリームの朝の販売分で列ができてましたが、店員さんに聞くとまだ
残ってるそうなので並んだところ私の次の次の人で完売。危ないところだった。

順番が来たので店内に入り、とりあえずシュークリーム(220円)を3個購入。
7844.jpg 7845.jpg

ケーキも買ってみたいけどやっぱりどうしてもシュークリーム優先になっちゃうんだよなあ。
7846.jpg 7847.jpg
そして生憎明日から盆休みに入る為帰還の日にお土産に買って帰れないのが残念無念。

ホテルに帰還し、シュークリームを冷蔵庫に入れて昼までゴロゴロと。


昼になり、清掃も始まったのでホテルを出て、さてお昼は何を食べようか。
そういえば散々人形町に泊まってるのに一番有名なところで食べたことが
なかったなー、ということで親子丼で有名な「玉ひで」へ行く事に。

玉ひで
住所:東京都中央区日本橋人形町1-17-10
電話:03-3668-7651
時間:月~金11:30~13:00/17:00~22:00、土日祝11:30~13:00/16:00~21:00
定休:年中無休

言わずと知れた親子丼発祥の超有名&超人気の店です。
今まで盆や年末の休みにぶつかってましたが、今回コミケの開催が通常より
若干早めなのでギリギリで開いてる時に間に合いました。
7848.jpg
15人ほど並んでましたが、酷い時は50人近くのン時間待ちなんてことも
あるそうなので大人しく並ぶ。

20分ほど並んでから店の中へ。
7849.jpg
7850.jpg 7851.jpg
先に支払う形で、基本の元祖親子丼(1500円)を注文。

座敷に案内され4人がけテーブルへ。
7852.jpg
基本的に相席になります。

まずは鶏スープが登場。
7853.jpg
あっさり目で飲みやすいです。
せっかくなので塩を置いててくれると味の調節ができて良かったんだけど。

鶏スープを飲み、しばらく待ったところで元祖親子丼が登場。
7854.jpg 7855.jpg
金色の丼のフタを開けると、これまた金色の親子丼が。
7856.jpg 7857.jpg
備え付けの木のスプーンを使って早速いただくと、卵は半熟トロトロ、
軍鶏肉は適度な歯ごたえがあって美味しいです。
ただ、味付けが甘濃過ぎて食べてるうちに喉が乾いてきます。

5年ほど前に福岡に物産展で来た時にイートインで食べたことがあるけど、
ここまで甘濃くなかったような気が…
あれは先代の料理長の作だったから今は味付けが変わったのかなあ?

ともあれかねてよりの課題店に来ることができて満足満足。

ちなみに13時を過ぎると入口にはこんな看板が立ってました。
7858.jpg


お腹が膨れたところで店を出て甘酒横丁へ向かい、鯛焼屋「柳屋」へ。

■柳屋
住所:東京都中央区日本橋人形町2-11-3
電話:03-3666-9901
時間:12:30~18:00
定休:日祝
7859.jpg

ご存知たい焼き御三家のひとつで、ここもシュークリー、玉ひでと同じく明日から
休みに入るとのこと。
幸い先の親子丼がそれほどボリュームがなく若干お腹に余裕があったので、
たい焼き(140円)を1つ購入。
7860.jpg 7861.jpg
早速ガブリとかぶりつくと、高温で焼きあげてるので外はパリパリというかカリッカリ。
そしてあれだけ高温で焼きあげて外パリパリにもかかわらず、中の餡は水分多めで
トロットロ。うーん、このコントラストが素晴らしいなあ。


デザートもいただき満足したところでさてこれからどうしようかと悩んだ末、
せっかくなので完成した東京スカイツリーに行ってみることに。

人形町からだと浅草線で10分で行けるのがいいですな。

押上駅からエスカレーターを登りスカイツリーへ。
7862.jpg
おお、建設中のを何度か見てるだけにで完成した姿に感動もひとしお。

あまり深く考えずに来たけど、時間に余裕もあるしどうせなので登ってみることに。
で、4Fにある当日券販売の列に並ぼうとしたらまあ列が凄いこと凄いこと。

まず屋内にあるチケット売り場の外まで伸びた列の最後尾に並ぶ。
7863.jpg
列の脇でドリンク類や帽子なんかを売ってるのが商売上手やのう。

屋内に入るとコミケのシャッター前大手並みの列が。
7864.jpg
とはいえ屋内で冷房が効いてるのでコミケに比べればかなりマシな状況かと。
7865.jpg
側面にはスカイツリーを模したオブジェが展示。
7866.jpg
列の規模の割に進みが早く、お、これは思ったよりも楽勝かなと思いきや、
7867.jpg
チケット売り場前には先ほどと同規模の列がまだまだ続いてました。

ちなみに天井にトリプルモニター×3でスカイツリー及び周辺エリアを
題材にした映像が流れてます。
7868.jpg 7870.jpg
めっちゃ高精度で、このモニターでダライアスやってみたいなー。

そうこうしてるうちにようやく順番が。
7871.jpg 7872.jpg
結局1時間20分ほど並んでたのかな?
ともあれ天望デッキへの入場券(2000円)購入。

そのまま列を進み、エレベーターエリアへ。
7873.jpg 7874.jpg
4基あるエレベーターはそれぞれ四季をテーマにしていて、私が乗ったのは
鳳凰が描かれた秋でした。

エレベーターに乗り込みドアが閉まると、ビックリするくらい超高速&超静音であっと
いう間に350m上空の天望デッキへと到着。分速600mとのことで、1分かからなかった。
7875.jpg 7876.jpg
当然ながらここも人がいっぱいでした。

ぐるりと周囲を撮影。
7877.jpg 7878.jpg
7879.jpg 7880.jpg
7881.jpg 7882.jpg

一通り見て回ったので、最上階の天望回廊の入場券(1000円)を購入しエレベーターへ。
7883.jpg

ちなみにこのエレベーター、側面と天井がガラスになっていて、その超高速上昇
っぷりが実感できます。
7884.jpg 7885.jpg

450m上空の天望回廊へ到着。
7886.jpg
名前の通りツリーの周りをチューブ型に囲む回廊型になっていて、周囲をぐるりと
歩きながら最上エリアに進む形になってます。
7887.jpg
先程はそれほどでもありませんでしたが、流石にこの高さになると足も竦むな。

回廊を進みながらこちらでもぐるりと周囲を撮影。
7888.jpg 7889.jpg
7890.jpg 7891.jpg
7892.jpg 7893.jpg
当然ながらさっきの天望デッキよりも遠くまで見渡せます。

回廊を進んでいくと451.2mの最高到達点に。
7894.jpg 7895.jpg
ちなみに近くをヘリコプターが飛んでたんですが、ほぼ同じ目線の高さでした。

こちらも一通り見て回ったので天望デッキへと戻り、今度は足元がガラス張りに
なったガラス床エリアを。
7896.jpg 7897.jpg
おおお、これはタマタマがヒューッとなる。
ほとん君連れてきたら口から泡吹いて倒れそうだなあ(笑)。
いや、最近は高いとこも慣れてきたから意外と平気かも?

満喫したところでエレベーターで下へ。
7898.jpg
下りのエレベーターは鳥と雲が描かれた冬でした。

出口フロアには建設途中の精密な模型が。
7899.jpg 7901.jpg
7900.jpg


連絡通路を渡り次は商業施設の東京ソラマチへ。
行列&天空観覧で流石に疲れたので、6Fのソラマチダイニングにある「祇園辻利
あたりで久々に抹茶パフェかかき氷でも食べて休憩しようかなーと思ったんですが、
凄い行列だったので諦めることに。
スカイツリーであれだけ並んだから今日はもう行列はノーサンキューですじゃよ。

続いて4Fのショップエリアに向かいウロウロしてると、「豆源」があったので
お土産を購入することに。

豆源 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ4F
電話:03-5809-7175
時間:10:00~21:00
定休:無し
7902.jpg 7903.jpg
おとぼけ豆や抹茶豆なんかを幾つか購入。
おとぼけ豆のお徳用袋が無かったのが残念。本店とかの大き目の店舗でしか
扱ってないのかな?

その後もあちこちブラブラしましたが、どこも人が多くてくたびれてきたので
大人しく帰ることに。

ひと通り回った感想としては、思いっきりぶっちゃけて言うと、面白いことは
面白かったけど人多すぎるから別に無理して今行く必要はないなーと(笑)。
スカイツリーに登るのなら来年か再来年くらいの落ち着いた頃で十分かと。


人形町に戻る途中で夕食時になってきたので、当初の予定を変更して巣鴨に向かい、
駅前にあるラーメン屋「Japanese Soba Noodles 蔦」へ。

Japanese Soba Noodles 蔦
住所:東京都豊島区巣鴨1-14-1
電話:03-3943-1007
時間:火~土11:30~15:00/18:00~21:00、日祝11:30~15:00
定休:月曜

今年1月にオープンした店ですが、すでにかなりの人気店になってるとのこと。
場所は巣鴨駅の南口から左手にちょっと進んだ先の角を右手に曲がってすぐの
ところになります。
7905.jpg 7906.jpg
店に着くとちょうど夜の部が始まるところでした。ナイスタイミング。

何にするか悩みましたが、基本メニューらしい醤油そばの焼豚味玉付き(1100円)の
食券を購入。
7907.jpg 7908.jpg

カウンターには材料等の説明が。
7909.jpg 7910.jpg
ぱっと読むだけでも相当のこだわりがあるのがわかります。
去年冬に食べた「饗 くろき」も同じようなこだわりの解説があったけど、
最近の流行りなんだろうか?

待つこと10分ほどで登場。
7912.jpg 7913.jpg
琥珀色の綺麗なスープをすくい一口飲んでみると、めちゃめちゃ美味くて衝撃が走ります。

ベースの醤油の甘さと香り、鶏と昆布の旨み、そして秋刀魚のほんのちょっとの苦味、
これらが絶妙のバランスで混ざり合い、すっきりとしつつも深みのある、絶品の
味わいになっています。

そして見た目がちょっとひやむぎっぽい自家製のストレート麺は小麦の香りや
歯切れも良く、スープとの相性も抜群でスルスル入ります。
7914.jpg

焼豚は肩ロースとバラ肉の2種類で、どちらも旨みたっぷりの上適度な歯ごたえで
食べ応えがあります。
7915.jpg 7916.jpg

味玉も漬かり具合がよく中トロトロ、メンマも柔らかく食べやすいです。
7917.jpg 7918.jpg

とにかく全てにおいて抜かりのないハイレベルで、まさに絶品のラーメンでした。
次に来る時は煮干しそばや塩そば、つけそばも食べてみたいなあ。


お腹も膨れて大満足でホテルに帰還。
ちなみに巣鴨駅に噂の最新型自動販売機があったのでパシャリ。
7904.jpg
せっかくだから何か買ってみればよかったかな。

ホテルに戻ると、備え付けのコインランドリーで洗濯を。
7919.jpg
ここは無料で使えるのがありがたいです。

洗濯も終わって落ち着いたところで、朝に買っておいたシュークリーの
シュークリームをデザートにガブリ。
7920.jpg 7921.jpg
外のシュー生地はカリカリ、中のクリームは絶妙な甘さかつバニラビーンズの
風味豊かで相変わらず美ん味ぁいーい。
お土産に持って帰れないのが返す返すも残念だわ。


その後は毎度のごとくゴロゴロしてましたが、いつもの製本作業がないので
明日の準備をして早めに就寝。

[ 2012/08/21 23:42 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2012年夏編 1日目 

夏コミに参加する為に東京に行って来ました。
去年夏と同様でたにめそ君ほとん君、相方君が不参加の上、飛田君とも
別行動になる為、今回も一人旅に。ぼぼぼぼっちちゃうわ!

まずは10日の朝に福岡空港より出発。
7774.jpg 7775.jpg
無事羽田空港に着いた後は京急ですっかり定宿エリアとなった人形町に向かい、
先にホテルに荷物だけ預けて、とりあえず昼食を取ることに。
さてどこにしようかと迷いましたが、東日本橋の中華ダイニング「チャイニーズ
レストラン虎穴(フーシュエ)」へ。

■チャイニーズレストラン虎穴(フーシュエ)
住所:東京都中央区東日本橋3-5-16
電話:03-6661-9811
時間:火~土11:30~14:00 17:30~23:00、日祝17:30~23:00
定休:月曜
7776.jpg
7777.jpg 7778.jpg
ランチ時ということだけあって賑わってましたが、幸い待つこと無くカウンターへ。

前回来た時が担々麺だったので、今回は汁なし担々麺の大盛り(900円)に。
7779.jpg
本当なら普通盛り+おにぎりで行きたかったけどメニューから無くなってて残念。
まあ50円であのボリュームはお得過ぎたしランチ時には手間かかるから已む無しか。

ともあれ10分ほどで登場。
7780.jpg 7781.jpg
テーブル備え付けの紙エプロンを装着し、グリグリとよーくかき混ぜてから頂きます。
7782.jpg
麺は担々麺と同じくまるでつけ麺のようなちぢれ太麺で、これに濃厚でゴマの風味
たっぷりのタレと挽き肉がよく絡んで実に美味し。
辛さも結構ありますが、タレに軽く生クリームがかかってるので若干緩和されてる感じ。
ちょっとカルボナーラっぽい?

ズゾズゾと一心不乱に食べて完食。やっぱり美味しいなあ。
次に来る時は汁あり担々麺の辛さと山椒増量+ジャスミンライスでお願いしようかな。
ちなみに店を出ると待ち客の列ができてました。流石人気店、危ないところだった。


お腹も膨れたところで馬喰横山から清澄白河に向かい、駅から15分ほど歩いた
ところにある東京現代美術館でやっている「館長 庵野秀明 特撮博物館
ミニチュアで見る昭和平成の技
」へ。
7783.jpg 7784.jpg

もうどのエリアも面白くてテンション上がりまくり。
特撮のプロップをここまで間近に見れる機会なんてそうそう無いもんなあ。
特に地下エリアの倉庫を再現した「特殊美術係倉庫」エリアがステキ過ぎる。

そして今回のイベントのメインである新作映像「巨神兵東京に現る」は、本編映像は
もちろんですが、なにより各種特撮技術のメイキングが非常に面白く、特に「軌跡」
エリアで流れていたメイキング映像は是非とも円盤化していただきたい所。

そして展示品は原則撮影禁止なんですが、出口付近に造られている「特撮スタジオ・
ミニチュアステージ」エリアのみは撮影可能になっていて、ここだけても相当
楽しめるようになってます。
7785.jpg 7786.jpg
7787.jpg 7788.jpg
7789.jpg 7791.jpg
7792.jpg 7793.jpg

ジオラマ中央の建物にグッスマの看板があってワロタ。
7790.jpg

やや駆け足気味でしたがそれでも全部回るのに3時間近くかかりました。
本気でじっくり見て回ったら半日は余裕で潰れるだろうなあ。

あとオプションの音声ガイドは500円で清川元夢さんの渋い声で70ヶ所も
解説してくれるので、オススメを通り越して必須。

10/8までやってるので、特撮好き、模型好きの人は是非行ってみることを
オススメします。
あ、ちなみにfigma巨神兵は完売してたので、大人しくカプセルだけ回してきました。


大満足したところで再び清澄白河駅に戻る。
しかし楽しかったのはいいんだけど、駅からちょっと歩かないといけないのが
難点だなあ。昼過ぎだったのでめちゃ暑かったし。
おかげで喉もカラカラ…ってことで、次は神田に向かい、すっかりおなじみの
「近江屋洋菓子店 神田店」へ。

近江屋洋菓子店 神田店
住所:東京都千代田区神田淡路町2-4
電話:03-3251-1088
営業:月~土9:00~19:00、日祭日10:00~17:00
定休:元旦
7794.jpg 7795.jpg
7796.jpg 7797.jpg
いつものドリンクバー(525円)とサマーチェリータルト(315円)を注文。

今日のドリンクバーはめろんとストロベリーとバナナミルク。
7798.jpg

まずはメロンをいただきます。
7799.jpg 7801.jpg
濃厚かつ自然な甘さで美味しい。
7800.jpg
サマーチェリータルトもあっさりしていて食べやすいです。

メロンは自分が注いだのがラストだったようで、レモネードに変わってたので次はこちらを。
7802.jpg
程よい酸味が疲れた体に染み渡ります。

続いて苺も。
7803.jpg
こちらは酸味が強めなのでシロップを足して。

せっかくなのでかき氷も
7804.jpg 7805.jpg
7806.jpg
イチゴシロップとあずきをかけて。

ボルシチもちょっといただく。
7807.jpg 7808.jpg
よく煮込まれててウマウマ。

しばしボケーッと休憩。
ああ、やっぱりここは落ち着くなあ。


満喫した後はラジオ会館やまんだらけやノンストップなんかを覗いて回る。
ノンストにFOCオプティマス&ジャズがあったのでちょっと悩んだけど、とりあえず
今回は見送る事に。

色々回ってるうちに夕食時になったのでさてどうしようかと。
7809.jpg 7810.jpg
7811.jpg 7812.jpg
以前から気になってた「伝説のすた丼屋」か最近出来た田中商店系の「田中そば店」か、
はたまた境界線上のホライゾンカフェをやってる「キュアメイドカフェ」にしようか
迷いましたが、結局今回も「BROWNIE(ブラウニー)」に行く事に。

■BROWNIE(ブラウニー)
住所:東京都千代田区外神田3-7-9
電話:03-3252-1165
営業:月~土11:30~21:00、日祝]11:30~17:00
定休:無休
7813.jpg

今回はチーズ煮込み野菜ハンバーグ(1000円)を注文。
7814.jpg 7815.jpg
時間のかかるメニューですが、幸い私の後にしばらくお客が来なかったので
頼んでみました。

10分ほどで登場。
7816.jpg 7817.jpg
7818.jpg
ハンバーグは肉汁溢れるタイプじゃないけど、手作り感溢れる感じで、
中に入ったハーブのおかげで香りと後味がいいです。
上にかかった煮込み野菜はナス、パプリカ、ズッキーニ、グリンピース、しめじ、
といった豊富な野菜のカポナータ風で、ハンバーグとの相性も良くご飯が進みます。

やっぱりここは何を食べても美味しいのう。
7819.jpg
カウンターに張っていた季節メニューの黒ゴマタンタンライスも良さ気だったなあ。
というか、秋葉原は他にも行ってみたい店があるのについここに来ちゃうので困る(笑)。


お腹もいっぱいになったところで宿に向けて帰還。
7820.jpg
の途中で旧ラジオ会館跡地をパシャリ。
前回来た時はまだ建物が残ってたけど、完全に取り壊されてました。

そして連絡通路にある魂ネイションズAKIBAショールームをしばし覗く。
7821.jpg 7822.jpg
スーパーロボット超合金のブラックマイトガイン格好いいのう。

ビッグオーダールームの再現度高ぇ。
7823.jpg 7824.jpg

タイバニのダブルチェイサーはこのボリュームなら8400円という価格も已む無しかと。
7825.jpg


人形町へ戻り、今回の宿の「日本橋サイボー」へ。
7826.jpg 7827.jpg
去年は改装工事なんかをしてたこともあり、約1年半ぶりの利用になります。

改装ってどこが変わったのかなーと思いながら入口を入ると、目の前の階段の
ところに荷物用のベルトコンベアーが増設されてました。
7828.jpg 7829.jpg
ここはフロントが半地下にあって出入りの度に階段を登り降りしないといけない
ので荷物がトランクの人なんかには不評だったからなあ。

チェックインして部屋へ。
改装により部屋の鍵が最近主流のカードキーに変わってました。出入りの度に
鍵をいちいち預けなくてよくなったのはありがたい。
7830.jpg 7831.jpg
部屋そのものは以前とそんなに変わってなさげですが、ユニットバスが一新
されてピカピカになってました。
7832.jpg
部屋備え付けのアメニティは必要最低限ですが、フロント脇には豊富に
取り揃えてるので問題無し。

ベッドでゴロゴロしてオリンピックを見たりした後に就寝。

[ 2012/08/20 22:28 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)

夏コミ新刊取り扱い開始  

夏コミ新刊「フォーゼまんが大王」のとらのあなさんメロンブックスさんでの
取り扱いが始まりました。
何卒ご利用の程よろしくお願い致しますー。


以下WEB拍手お返事

[ 2012/08/16 20:36 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏コミ終了 

夏コミも無事終了し、ようやく福岡に戻ってきました。
というわけで遅ればせながら参加された皆さんお疲れ様でしたー。
暑い中みはるワークスにわざわざお越しくださった方々には
本当に感謝です。

いつもの東京滞在記を色々と書きたいところですが、例によって
体力ゲージ点滅中のヘロヘロ状態なので気長にお待ちいただければ。

尚、今回の新刊「フォーゼまんが大王」はとらのあなさんメロン
ブックスさん
での委託を予定していますが、納品までもう少し
かかりそうなので、こちらももうしばらくお待ち下さい。

[ 2012/08/14 23:56 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

入稿完了 

今回も思いっきりギリギリでしたがなんとか入稿できました。
7773.jpg
ということで、夏コミの新刊は「フォーゼまんが大王」になります。夏コミキター!

コミックマーケット82
8/12(日) 東館 ラ-52b「みはるワークス」

■新刊
・フォーゼまんが大王
(A5オフセット36P 500円)
前回のなのはまんが大王3巻に続き、「殆ど死んでいる」さんからゲストページを
いただいてます。ありがたやー、ありがたやー。

・魔法少女リリカルなのは The Movie 1st&2nd A's 解説本
(A5オフセット 400円)


■既刊
・オーズまんが大王
・ディケイドまんが大王
・ライダまんが大王総集編1
・ライダまんが大王総集編2
・なのはまんが大王
・なのはまんが大王2
・なのはまんが大王3
・魔法少女リリカルなのは全話解説本
・魔法少女リリカルなのはA's全話解説本
・魔法少女リリカルなのはStrikerS全話解説本

■委託
・ウルトラマン80全話解説本(「思想脳労」さん
・魔法少女リリカルなのはVivid解説本6(「サイネリア」さん


また。また、10日(金)参加の「びぶりお出版」さんににこちらの既刊の
委託をお願いしております。
8/10(金) 西館 ひ-17a「びぶりお出版」
・オーズまんが大王
・ダブルまんが大王
・ディケイドまんが大王
・ライダまんが大王総集編1
・ライダまんが大王総集編2
※新刊のフォーゼまんが大王の委託はありません


そして合同誌のご案内。
今年も「ギコガコ堂」さん主催の合同誌に参加させて頂きました。
kitalink.jpg
(※バナークリックで告知ページに飛びます)

総勢25名が参加し、100P越えの大ボリュームの本となってますので、
こちらもよろしくお願いしますー。


ということで当日はなにとぞよろしくお願いしますー。

[ 2012/08/08 13:23 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

PIXIV
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム