スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユニバースクラシック サンストリーカー 

・サンストリーカー
役職は戦士でランボルの双子の兄弟。
劇中での出番はそれほど多くなく、G1初期メンバーにしては珍しく人間嫌い。

こちらも国内のヘケヘケ版が今月18日頃に発売で、同じ型を使ったランボルも
後に発売予定。

ビークルモード
1460.jpg 1461.jpg
ランボルギーニ・ガヤルド風で、G1版と同じく後部には電子推進ブースターが。
プロールほど分割線も目立たずよくまとまってますが、成型色がややチープ
なのとルーフの塗装部との差が目立つのが難点。

下から覗くと
1462.jpg
これまたバイナルばりのみっちり具合。みっちりしていってね!
マフラー部は取り外して銃になります。


変形開始
1463.jpg
電子推進ブースターとマフラー部を外し、リアのパーツを左右に分割して
前の方に持ってくる。
1464.jpg
車体後部を180度回転させ、左右に分割して内側に90度回し、つま先を展開する。
1465.jpg
車体前部を前にスライドさせ、タイヤ基部を基点に180度回転させて腕部を出す。
1466.jpg
車体前部をカクカクとコの字に折り畳みロックする。
1467.jpg
腕を下ろして肩のフレームを調節し、ドア部を180度回転させる。
1468.jpg
ルーフ部を180度回転させるとオートモーフで頭部が展開し、最後に背中に
電子推進ブースターを取り付けて完成。


ロボットモード
1469.jpg 1470.jpg
これまたG1のイメージそのままに格好良くアレンジされてます。
胸部のサイバトロンエンブレム横の穴を見るに、ランボルだけではなく
アラートも出るっぽい?
ちなみに股間にキン○マがぶら下がってるように見えるのは気のせいです(笑)。


可動は、肩が水平に上がらなかったりと、プロールに比べるとちと劣りますが、
それでも標準的なデラックスクラスTFに比べれば十分破格の可動かと。
1471.jpg
膝が二重関節では無いので片膝立ちはやや苦しいですが、その代わり肘が
二重関節になっています。

ちなみに、胸部を180度回して手首を左右入れ替えるとランボル風に。
1472.jpg
似てない双子の設定を逆手に取ったナイスアイデア。
まあ、この写真だと色的にランボルじゃなくてタイガートラックに
なっちゃうんですが(笑)。


ということでプロール&サンストリーカーの新生クラシックの車モチーフ
2体の紹介でしたが、バイナルテックからのフィードバックによるビークル、
ロボット両モードでの破綻の無いプロポーションに加え、クラシック第1世代で
不満だった腰、手首、足首等の可動箇所の増設によるデラックスクラス最高の
可動領域と、まさにクラシック新世代を飾るにふさわしい傑作だと思います。

こんな凄いものが2000円程で手に入るんだから、本当にいい時代になったものです。

関連記事

[ 2008/09/06 22:27 ] トランスフォーマー | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

PIXIV
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。