スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2012年夏編 2日目 

8時前に起床し、毎度恒例の築地市場魚がし横丁へ。
7833.jpg
相変わらず朝から人がいっぱい。

寿司大の行列も相変わらず(笑)。
7834.jpg 7835.jpg

久々に「米花」に行こうかとも思いましたが、せっかくの土曜日なので
「とんかつ八千代」へ行く事に。

■とんかつ八千代
住所:東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場6号館
電話:03-3547-6762
営業:5:00~13:00
定休:日曜、祝日、不定休(築地市場に準ずる)
7836.jpg 7837.jpg

火、木、土曜限定のチャーシューエッグ定食(1200円)を注文。
7838.jpg 7839.jpg

程なく登場。
7840.jpg 7841.jpg
箸で摘むと自重でプルプル震えるチャーシュエッグを口に入れると、
7842.jpg

うううううーまーいーぞー!

口の中でホロホロと溶けてもう堪りません。まさに絶品。
卵を崩して黄身とからめて食べるのもまた美味し。


お腹が膨れたところでそそくさと築地市場を離脱。
人形町に戻りホテルに帰還する途中、「シュークリー」へ立ち寄ってみる。

■シュークリー
住所:東京都中央区日本橋人形町1-5-5
電話:03-5651-3123
時間:9:30~19:00
定休:日曜(クリスマス、バレンタイン等除く)
7843.jpg
案の定シュークリームの朝の販売分で列ができてましたが、店員さんに聞くとまだ
残ってるそうなので並んだところ私の次の次の人で完売。危ないところだった。

順番が来たので店内に入り、とりあえずシュークリーム(220円)を3個購入。
7844.jpg 7845.jpg

ケーキも買ってみたいけどやっぱりどうしてもシュークリーム優先になっちゃうんだよなあ。
7846.jpg 7847.jpg
そして生憎明日から盆休みに入る為帰還の日にお土産に買って帰れないのが残念無念。

ホテルに帰還し、シュークリームを冷蔵庫に入れて昼までゴロゴロと。


昼になり、清掃も始まったのでホテルを出て、さてお昼は何を食べようか。
そういえば散々人形町に泊まってるのに一番有名なところで食べたことが
なかったなー、ということで親子丼で有名な「玉ひで」へ行く事に。

玉ひで
住所:東京都中央区日本橋人形町1-17-10
電話:03-3668-7651
時間:月~金11:30~13:00/17:00~22:00、土日祝11:30~13:00/16:00~21:00
定休:年中無休

言わずと知れた親子丼発祥の超有名&超人気の店です。
今まで盆や年末の休みにぶつかってましたが、今回コミケの開催が通常より
若干早めなのでギリギリで開いてる時に間に合いました。
7848.jpg
15人ほど並んでましたが、酷い時は50人近くのン時間待ちなんてことも
あるそうなので大人しく並ぶ。

20分ほど並んでから店の中へ。
7849.jpg
7850.jpg 7851.jpg
先に支払う形で、基本の元祖親子丼(1500円)を注文。

座敷に案内され4人がけテーブルへ。
7852.jpg
基本的に相席になります。

まずは鶏スープが登場。
7853.jpg
あっさり目で飲みやすいです。
せっかくなので塩を置いててくれると味の調節ができて良かったんだけど。

鶏スープを飲み、しばらく待ったところで元祖親子丼が登場。
7854.jpg 7855.jpg
金色の丼のフタを開けると、これまた金色の親子丼が。
7856.jpg 7857.jpg
備え付けの木のスプーンを使って早速いただくと、卵は半熟トロトロ、
軍鶏肉は適度な歯ごたえがあって美味しいです。
ただ、味付けが甘濃過ぎて食べてるうちに喉が乾いてきます。

5年ほど前に福岡に物産展で来た時にイートインで食べたことがあるけど、
ここまで甘濃くなかったような気が…
あれは先代の料理長の作だったから今は味付けが変わったのかなあ?

ともあれかねてよりの課題店に来ることができて満足満足。

ちなみに13時を過ぎると入口にはこんな看板が立ってました。
7858.jpg


お腹が膨れたところで店を出て甘酒横丁へ向かい、鯛焼屋「柳屋」へ。

■柳屋
住所:東京都中央区日本橋人形町2-11-3
電話:03-3666-9901
時間:12:30~18:00
定休:日祝
7859.jpg

ご存知たい焼き御三家のひとつで、ここもシュークリー、玉ひでと同じく明日から
休みに入るとのこと。
幸い先の親子丼がそれほどボリュームがなく若干お腹に余裕があったので、
たい焼き(140円)を1つ購入。
7860.jpg 7861.jpg
早速ガブリとかぶりつくと、高温で焼きあげてるので外はパリパリというかカリッカリ。
そしてあれだけ高温で焼きあげて外パリパリにもかかわらず、中の餡は水分多めで
トロットロ。うーん、このコントラストが素晴らしいなあ。


デザートもいただき満足したところでさてこれからどうしようかと悩んだ末、
せっかくなので完成した東京スカイツリーに行ってみることに。

人形町からだと浅草線で10分で行けるのがいいですな。

押上駅からエスカレーターを登りスカイツリーへ。
7862.jpg
おお、建設中のを何度か見てるだけにで完成した姿に感動もひとしお。

あまり深く考えずに来たけど、時間に余裕もあるしどうせなので登ってみることに。
で、4Fにある当日券販売の列に並ぼうとしたらまあ列が凄いこと凄いこと。

まず屋内にあるチケット売り場の外まで伸びた列の最後尾に並ぶ。
7863.jpg
列の脇でドリンク類や帽子なんかを売ってるのが商売上手やのう。

屋内に入るとコミケのシャッター前大手並みの列が。
7864.jpg
とはいえ屋内で冷房が効いてるのでコミケに比べればかなりマシな状況かと。
7865.jpg
側面にはスカイツリーを模したオブジェが展示。
7866.jpg
列の規模の割に進みが早く、お、これは思ったよりも楽勝かなと思いきや、
7867.jpg
チケット売り場前には先ほどと同規模の列がまだまだ続いてました。

ちなみに天井にトリプルモニター×3でスカイツリー及び周辺エリアを
題材にした映像が流れてます。
7868.jpg 7870.jpg
めっちゃ高精度で、このモニターでダライアスやってみたいなー。

そうこうしてるうちにようやく順番が。
7871.jpg 7872.jpg
結局1時間20分ほど並んでたのかな?
ともあれ天望デッキへの入場券(2000円)購入。

そのまま列を進み、エレベーターエリアへ。
7873.jpg 7874.jpg
4基あるエレベーターはそれぞれ四季をテーマにしていて、私が乗ったのは
鳳凰が描かれた秋でした。

エレベーターに乗り込みドアが閉まると、ビックリするくらい超高速&超静音であっと
いう間に350m上空の天望デッキへと到着。分速600mとのことで、1分かからなかった。
7875.jpg 7876.jpg
当然ながらここも人がいっぱいでした。

ぐるりと周囲を撮影。
7877.jpg 7878.jpg
7879.jpg 7880.jpg
7881.jpg 7882.jpg

一通り見て回ったので、最上階の天望回廊の入場券(1000円)を購入しエレベーターへ。
7883.jpg

ちなみにこのエレベーター、側面と天井がガラスになっていて、その超高速上昇
っぷりが実感できます。
7884.jpg 7885.jpg

450m上空の天望回廊へ到着。
7886.jpg
名前の通りツリーの周りをチューブ型に囲む回廊型になっていて、周囲をぐるりと
歩きながら最上エリアに進む形になってます。
7887.jpg
先程はそれほどでもありませんでしたが、流石にこの高さになると足も竦むな。

回廊を進みながらこちらでもぐるりと周囲を撮影。
7888.jpg 7889.jpg
7890.jpg 7891.jpg
7892.jpg 7893.jpg
当然ながらさっきの天望デッキよりも遠くまで見渡せます。

回廊を進んでいくと451.2mの最高到達点に。
7894.jpg 7895.jpg
ちなみに近くをヘリコプターが飛んでたんですが、ほぼ同じ目線の高さでした。

こちらも一通り見て回ったので天望デッキへと戻り、今度は足元がガラス張りに
なったガラス床エリアを。
7896.jpg 7897.jpg
おおお、これはタマタマがヒューッとなる。
ほとん君連れてきたら口から泡吹いて倒れそうだなあ(笑)。
いや、最近は高いとこも慣れてきたから意外と平気かも?

満喫したところでエレベーターで下へ。
7898.jpg
下りのエレベーターは鳥と雲が描かれた冬でした。

出口フロアには建設途中の精密な模型が。
7899.jpg 7901.jpg
7900.jpg


連絡通路を渡り次は商業施設の東京ソラマチへ。
行列&天空観覧で流石に疲れたので、6Fのソラマチダイニングにある「祇園辻利
あたりで久々に抹茶パフェかかき氷でも食べて休憩しようかなーと思ったんですが、
凄い行列だったので諦めることに。
スカイツリーであれだけ並んだから今日はもう行列はノーサンキューですじゃよ。

続いて4Fのショップエリアに向かいウロウロしてると、「豆源」があったので
お土産を購入することに。

豆源 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ4F
電話:03-5809-7175
時間:10:00~21:00
定休:無し
7902.jpg 7903.jpg
おとぼけ豆や抹茶豆なんかを幾つか購入。
おとぼけ豆のお徳用袋が無かったのが残念。本店とかの大き目の店舗でしか
扱ってないのかな?

その後もあちこちブラブラしましたが、どこも人が多くてくたびれてきたので
大人しく帰ることに。

ひと通り回った感想としては、思いっきりぶっちゃけて言うと、面白いことは
面白かったけど人多すぎるから別に無理して今行く必要はないなーと(笑)。
スカイツリーに登るのなら来年か再来年くらいの落ち着いた頃で十分かと。


人形町に戻る途中で夕食時になってきたので、当初の予定を変更して巣鴨に向かい、
駅前にあるラーメン屋「Japanese Soba Noodles 蔦」へ。

Japanese Soba Noodles 蔦
住所:東京都豊島区巣鴨1-14-1
電話:03-3943-1007
時間:火~土11:30~15:00/18:00~21:00、日祝11:30~15:00
定休:月曜

今年1月にオープンした店ですが、すでにかなりの人気店になってるとのこと。
場所は巣鴨駅の南口から左手にちょっと進んだ先の角を右手に曲がってすぐの
ところになります。
7905.jpg 7906.jpg
店に着くとちょうど夜の部が始まるところでした。ナイスタイミング。

何にするか悩みましたが、基本メニューらしい醤油そばの焼豚味玉付き(1100円)の
食券を購入。
7907.jpg 7908.jpg

カウンターには材料等の説明が。
7909.jpg 7910.jpg
ぱっと読むだけでも相当のこだわりがあるのがわかります。
去年冬に食べた「饗 くろき」も同じようなこだわりの解説があったけど、
最近の流行りなんだろうか?

待つこと10分ほどで登場。
7912.jpg 7913.jpg
琥珀色の綺麗なスープをすくい一口飲んでみると、めちゃめちゃ美味くて衝撃が走ります。

ベースの醤油の甘さと香り、鶏と昆布の旨み、そして秋刀魚のほんのちょっとの苦味、
これらが絶妙のバランスで混ざり合い、すっきりとしつつも深みのある、絶品の
味わいになっています。

そして見た目がちょっとひやむぎっぽい自家製のストレート麺は小麦の香りや
歯切れも良く、スープとの相性も抜群でスルスル入ります。
7914.jpg

焼豚は肩ロースとバラ肉の2種類で、どちらも旨みたっぷりの上適度な歯ごたえで
食べ応えがあります。
7915.jpg 7916.jpg

味玉も漬かり具合がよく中トロトロ、メンマも柔らかく食べやすいです。
7917.jpg 7918.jpg

とにかく全てにおいて抜かりのないハイレベルで、まさに絶品のラーメンでした。
次に来る時は煮干しそばや塩そば、つけそばも食べてみたいなあ。


お腹も膨れて大満足でホテルに帰還。
ちなみに巣鴨駅に噂の最新型自動販売機があったのでパシャリ。
7904.jpg
せっかくだから何か買ってみればよかったかな。

ホテルに戻ると、備え付けのコインランドリーで洗濯を。
7919.jpg
ここは無料で使えるのがありがたいです。

洗濯も終わって落ち着いたところで、朝に買っておいたシュークリーの
シュークリームをデザートにガブリ。
7920.jpg 7921.jpg
外のシュー生地はカリカリ、中のクリームは絶妙な甘さかつバニラビーンズの
風味豊かで相変わらず美ん味ぁいーい。
お土産に持って帰れないのが返す返すも残念だわ。


その後は毎度のごとくゴロゴロしてましたが、いつもの製本作業がないので
明日の準備をして早めに就寝。
関連記事

[ 2012/08/21 23:42 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

PIXIV
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。