スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2012年夏編 3日目 

6時過ぎに起床し、昨夜買っておいたパンで朝食を済ましていざ出陣。

ゆりかもめに揺られビッグサイトへ到着。
7922.jpg
スペースに着き、OOE氏と合流して設営を。
7923.jpg
といっても今回はOOE氏が先に到着してて殆ど終わってたんですが。

設営が終わったところで挨拶回りを。
今回は若林さん達のところとすめらぎさん達のところに行くと、他の挨拶回りに
行く予定だったサークルさん達とことごとく遭遇し、まとめて挨拶が済んだので
かなり楽でした。

ちなみに、みんなが集まった際に一番の話題になったのは、やはり今回自主制作
戦車アニメを作る為にランエボ1台分ぶっこんだ人
の事でした(笑)。


挨拶回りが終わったところで10時となり、いよいよ開場。
毎度の鉄砲玉で15分ほど回った後はのんびり売り子を。
いつものごとく長い列こそ出来ないものの人が途切れることのないまたーりペースで、
来て下さる皆さんには本当に感謝です。

今回のお馬鹿ポスター
7924.jpg
去年夏と同じくスペース前の通路が通常よりも広く人の流れが多いのもあってか、立ち
止まって指さしたり吹いたり写真撮ったりする人が結構いて、受けたようで何よりでした。

そして去年一昨年と猛威を振るった猛暑は今年は若干弱まった感じ?
早朝の雨も予想されて蒸し風呂状態なるんじゃないかと危惧されてましたが、開場後
ちょっと降ったものの思ってたよりもかなりマシな状況だったんじゃないかと。

それに加えて過去の経験を元に暑さ対策をしていたのも功を奏しました。
フェイシャルペーパーで顔を拭いた後に風を当てるのが一番効果的だとわかったので、
秘密兵器首かけ扇風機を投入。これで去年一昨年に比べてかなり楽になりました。


お昼時も過ぎて落ち着いてきたところで開場前に行けなかった所への挨拶回りを。
年に2回くらいしか会えませんが皆さん変わりないようでよかったよかった。
お相手して下さって有難う御座いましたー。

ちなみに柳瀬さんの所に行くと、はじめてのあく終了記念本を出された藤木俊さん
比喩抜きで山のように積まれたスケブを物凄い勢いで描き上げてました(笑)。

スペースに戻り再びのんびり売り子をしてるうちに16時となり、C82も無事終了。
皆さんお疲れ様でしたー。
そういえば閉会後なんかアイマス島でスタッフがサイリウム振ってたり、どこぞの
島で拍手が延々続いてたりしてたけどあれは一体何だったんだろう?

そして既に当たり前の風景となった閉会即超高速撤収の図(笑)。
7925.jpg

その後はなのは会の面々と合流し、三角下の日陰でしばし夕涼みを。あー、すずしー。
ちなみに何か冷たいものでも買おうと近くのファミマに行くと、まるで暴徒の襲撃を
受けた後のような惨状で、売り物が殆ど残ってませんでした(笑)。
あれだけ山のような在庫があったはずなのにマジパネェ。

過去の経験から残りゲージにはかなり気を使ってたんですが、それでもこのまま直で
打ち上げに参加する体力気力は残ってなかったので、皆と別れてホテルに帰ることに。

さらばビッグサイト、次は冬に会おう。
7926.jpg


這々の体でホテルに帰還し、風呂に入って汗を流し一息ついたところでようやく落ち着く。
前日ちゃんと寝たおかげでベッドに倒れ込むことが無かっただけマシな方か。

そして落ち着いた途端に猛烈に腹が減ってくる。
打ち上げに行ったなのは会の面々が美味しそうなもの食べてるのでそれはもう余計に(笑)。
昼もパンとウィダinゼリーで軽く済ませただけだったからなあ。

孤独のグルメのゴローちゃんばりに今は何腹かと己の体に尋ねた所、
前回は肉だったけど、今回はカレーが無性に食べたくなる。
やっぱり暑くて疲れた時はカレーデスネー。

という訳で最初は「ジャイヒンド」か「ダクシン」に行こうかなと思いましたが、
せっかくなので新規開拓してみようと思い、御徒町にある「アーンドラ・キッチン」へ。

アーンドラ・キッチン
住所:東京都台東区上野3-20-2 水野ビル B1F
電話:03-5818-6564
時間:平日11:15~15:00/17:00~23:00、土日祝11:30~15:00/17:00~22:00
定休:無し

2009年にオープンした人気の南インド料理店で、以前から一度行ってみたかったので
ちょうどいい機会でした。
7927.jpg
場所はJR御徒町駅南口1から南に100mほど進んだ先の角を右に曲がった所になります。
写真は撮りそこねましたが、店内はよくあるインド料理店な内装ではなく、ちょっと
オシャレな洋食屋的な雰囲気。

インド料理店の常で無茶苦茶メニューが豊富ですが、ここは一通りの料理が揃っている
アーンドラ・ドーサ ミールスのノンベジタリアン(2490円)と、ラッシー(400円)を注文。
7928.jpg 7929.jpg
7930.jpg 7931.jpg
7932.jpg 7933.jpg
ちなみにミールスとは南インドのワンプレートの定食とのことで、これが
北インドだとターリーになるそうな。

ラッシー
7934.jpg
自家製ヨーグルトジュースで、濃厚で美味し。

まずはミニドーサが登場。
7935.jpg 7936.jpg
ドーサは米粉とすり潰した豆を発酵させて薄く伸ばして焼いた南インドのクレープで、
中にはスパイシーに味付けされたジャガイモが入ってます。
生地が美味しいのでそのまま食べてもいいし、豆と野菜のカレーのサンバルにつけても美味し。
7937.jpg
写真左のワダは南インドの甘くないドーナツで、あっさりしていて食べやすいです。
こちらもそのまま食べてもよし、ココナツチャトニーをつけてもよし。

ドーサを食べ終わるとメインのミールスが登場。
7938.jpg 7940.jpg
右のチキンカレーはスパイシーで、骨がするりと取れるほどよく煮込まれた
骨付きチキンが入ってます。
右上のシーフードカレーはエビがゴロゴロ。
左上のマトンカレーは羊肉の旨みがしっかり出てます。
左の野菜の炒め煮のポリヤルはあっさりしていてカレーの合間の箸休めに最適。

7939.jpg 7941.jpg
インドの薄焼きせんべいのパパドはよくある市販品ですが、その下にある全粒粉の
薄焼きパンのチャパティはナンのようなモチモチ感はありませんが、風味が
よくこれまたそのまま食べても美味しく、また各種カレーとの相性も抜群。
左のサンバルはドーサに出てきたのと同じもの。
左上のラッサムはタマリンドと胡椒の効いた辛酸っぱいスープで、めっちゃ辛いけど
体にジワーっと染み渡ります。
バスマティライスは絶妙の炊け具合で香りもよくパラパラで、カレーやラッサムを
かけて頂きます。

サンバル、ラッサム、ライスはおかわり自由とのことなので、当然お願い
してモッシャモッシャと食べる。
7942.jpg
ミールスだけでも十分お腹いっぱいになる量があったのに、ミニドーサとおかわりが
とどめを刺してお腹がもうはちきれんほど。いやー、食った食った。

どの料理も高レベルだったけど、個人的にはパスマティライスの美味しさが光ったなあ。
次は土曜日限定のハイデラバディ ダム ビリヤニを食べてみたい所。


大満足でホテルに帰還したあとは最後に1個とって置いたシュークリーの
シュークリームをデザートに。
7943.jpg
1日経っちゃったけど美味し。

その後は汗でびっしょりになって会場で着替えた衣類を洗濯したり収穫物を発送する
ために整理したりオリンピックを見ながらゴロゴロしたりしつつ就寝。
関連記事

[ 2012/08/22 21:53 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。