スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2012年夏編 4日目 

8時過ぎに起床。いよいよ帰還の日です。
昨日の戦利品等を詰めたダンボールをフロントから発送し、朝食はホテルから
ちょっと歩いたところにある日本橋の蕎麦屋「そばよし」へ。

■そばよし
住所:東京都中央区日本橋本町1-1-7
電話:03-3241-0884
時間:月~金7:30~20:00、土11:00~15:00
定休:日祝

江戸時代から続く鰹節の卸問屋直営の店で、よくTVや雑誌でも紹介され、最近だと
ブラタモリ第3シリーズの最終回でも取り上げられてました。
7944.jpg 7945.jpg
店内はカウンターのみになってます。

季節メニューも豊富ですが、今回はスタンダードにかきあげそば(390円)と
半ライス(70円)の食券を購入。
7946.jpg 7947.jpg
7948.jpg

殆ど立ち食い蕎麦屋みたいなものなのですぐ出てきます。。
7950.jpg 7951.jpg
早速いただくと、流石に鰹節問屋直営だけあってつゆが美味い。
ガツンと来るタイプじゃないけど、濃厚で旨味と香りが豊か。
7952.jpg
ただ麺の方は普通かな。このつゆが相手だともうちょっとコシ強めの方がバランスが
取れるような気がするけど、まあ値段を考えると十二分でお釣りが来るクオリティかと。

そしてこの店のもう一つの特徴として、工場で鰹節を削る際に出る粉かつお、これが
かけ放題になっていて、ご飯にぱっぱっとかけ醤油をちょっと垂らして頂きます。
7953.jpg 7949.jpg
こちらも風味と旨味たっぷりでウマウマ。
蕎麦のつゆをちょっとかけるのもイイね。

お腹が膨れたところでホテルにすぐには戻らず、ホテルからちょっと北にある
人形町の和菓子屋「清寿軒」へ。

清寿軒
住所:東京都中央区日本橋堀留町1-6-1
電話:03-3661-0940
時間:9:00~17:00(売り切れじまい)
定休:土日祝
7954.jpg
どら焼きで有名な店なんですが、恥ずかしながら最近になるまで知りませんでした。
7955.jpg 7956.jpg
昼過ぎに売り切れることもあるそうなんですが、開店したての時間なので流石に余裕。
お土産用にどら焼きの大判と小判の詰め合わせを購入。

ホテルに戻った後はチェックアウトの時間を延長して昼までゴロゴロと。


時間になったのでチェックアウトを済ませ、荷物だけ預けてホテルを出て
まずは日比谷へ向かい、有名和菓子店「銀座かずや」へ。

銀座かずや
住所:東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル1F
電話:03-3503-0080
時間:11:30~17:00
定休:日祝

元日本料理職人の店主が製造から販売までを一人で手がける風変わりな店ながら、
代表作「かずやの煉」は数カ月前に予約しないと手に入らないという超人気の店です。
当然ながらそのかずやの煉が買えるとはハナから思ってなく、帰りの飛行機まで
時間もあるし、他の商品が買えればいいかなあという軽い気持ちでした。
7958.jpg
場所は地下鉄日比谷駅のA4出口から南東に進み、線路の手前で右に曲がったところの
雑居ビルの奥にあるんですが、初めての人にはかなり難易度高いです。
一応ビルの入口に「菓子」と書かれた立て看板(?)はあるものの、正直私も
最初見つけられずにこの区画をぐるっと1周しました。

店の前の着くとちょうど開店数分前で数人の列が。
7959.jpg
狙ってたわけじゃないんだけど、ナイスタイミングでした。

11時半の開店となり、10分ほど待って店内へ。
7962.jpg 7960.jpg
店内というかカウンターしか無いんですが(笑)。

驚いたことに今日はかずやの煉(6ケ入り2100円)の在庫がまだあるとのことで、即購入。
7961.jpg
お盆時期で予約する人が少なかったみたいなんですが、まさか買えるとは
思ってなかったので実にラッキーでした。

ホクホク顔で店を出る。いやー、嬉しい誤算でした。
7963.jpg
ちなみに店が入っているビルの隣にはゴジラの像が。


その後は久々に銀座のデパ地下巡りを。
前回来た時は三越が改装中だった為、色々変わっていて見応えがあり楽しめました。

あと地下で見かけて吹いた広告。
7957.jpg
あの人ってムネリンのことですよね(棒)。
7/25に就航したANAの成田-シアトル線の広告なんですが、肝心の「あの人」は
7/23にニューヨークヤンキースに移籍してるという間の悪さ(笑)。

そうこうしてるうちにお昼時になったので、コリドー通りにあるオイスターバー
「Ostrea(オストレア) 銀座コリドー通り店」へ。

Ostrea(オストレア) 銀座コリドー通り店
住所:東京都中央区銀座6-2-1ダヴィンチ銀座1F
電話:03-6215-6688
時間:平日11:30 ~14:30/17:00~25:00、土日祝16:00~23:00
定休:年中無休
7964.jpg
人気のオイスターバーで、昼のランチは前菜、サラダ、カキフライ、デザート、ドリンクが
飲み食べ放題になってます。

メイン料理を頼む形になっていて、牡蠣とルッコラのフェデリーニ(1000円)を注文。
7965.jpg
大盛り無料とのことなので、当然(笑)お願いする。

ドリンクはコーヒー、紅茶、アイスコーヒー、アイスティー、烏龍茶、オレンジジュース、
グレープフルーツジュースが揃ってます。
7966.jpg

まずはサラダと前菜を取って頂きます。
7967.jpg 7968.jpg
7971.jpg

続いてカキフライを。
7969.jpg
あっという間に無くなりますが、即補充されるので常に熱々の揚げたてが食べられます。
7972.jpg 7973.jpg
やや小ぶりで旬に比べると旨味もそれなりですが、食べ放題という点で考えれば十二分な
クオリティかと。何よりも揚げたてアツアツが気兼ねなく食べられるのが嬉しい。

パスタも登場。
7974.jpg 7975.jpg
フェデリーニはスパゲッティよりもやや細めのパスタで茹で具合、味付け共に良く、
牡蠣はプリプリでルッコラもいっぱい乗っててボリュームもバッチリ。

当然ながらカキフライおかわり。
7976.jpg
うめーうめー。
ただ味付けが基本的に備え付けのソースだけなのがちょっと残念。
まあ食べ放題でタルタルソースやレモンまで用意しろというのも酷な話なんでしょうが。

続いてデザートに突入。
7970.jpg 7977.jpg
7978.jpg
フルーツもありましたが、この自家製のぶどうのパンナコッタが濃厚で美味しく
こればっかり食べてました。

12時前後だとお客が多くバタバタしてそうですが、私が入店したのがピークを過ぎた
13時半過ぎだったので既に落ち着いており、ランチタイム終了までしばしのんびりと。
しかし銀座のこの立地でこのコストパフォーマンスの高さはまさに驚愕だなあ。
というかこんなにサービス良くて大丈夫なの?と心配になるレベル(笑)。
そら昼時は近隣のサラリーマンやOLが列をなすわ。


その後は再び銀座をブラブラと。
銀座松屋でやってた「タツノコプロテン」を見ようか迷いましたが、微妙にタイミングが
ズレそうだたのでパスすることに。
しかし以前あったゲゲゲ展といい、銀座松屋って立地の割にマニアックな展示会が
多いような気が。

それにしても天気がピーカンもいいところで暑い暑い。
昨日がこの天気じゃなくて本当に良かった。

あまりに暑いので人形町に帰還する途中の築地で途中下車し、
「茶の実倶楽部 築地新店」で休憩を。

茶の実倶楽部 築地新店
住所:東京都中央区築地2-11-12
電話:03-3542-2336
時間:10:00~18:00(喫茶室は17:00まで)
定休:日祝

築地の場外市場にあるお茶屋「魚がし銘茶」の支店で、場所は地下鉄築地駅2番出口
から北東に100m進んだ所になります。
7979.jpg 7980.jpg
1階で先に代金(500円)を払い、2階の喫茶室へ。

お茶とお菓子のセットも選べますが、ここは当然かき氷で。
7981.jpg 7982.jpg
種類は前回来た時が
ほうじ茶だったので抹茶のことのはで。

程なく登場。
7983.jpg 7984.jpg
結構ボリュームがあります。
7985.jpg
早速いただくと、氷はきめ細かく舌の上でシャリシャリ残る食感が良い上に、
なによりも抹茶が非常に濃厚で香りも良く美味しいです。
流石はお茶屋なだけあります。

氷だけだと飽きそうになりますが、底の方には抹茶アイスが。
7986.jpg

氷を食べ終えたところでお茶のサービスも。
7987.jpg

昼と同じ感想だけど、500円でこのクオリティは素晴らしいなあ。
夏季限定の上、微妙に店が開いてるタイミングが合わずなかなか来れないのが残念。


人形町に戻り、ホテルに向かう前に「志乃だ寿司総本店」へ。

志乃多寿司総本店
住所:東京都中央区日本橋人形町2-10-10
電話:03-5614-9300
時間:9:00~19:00
定休:無し
7988.jpg
7989.jpg 7990.jpg
今回は滞在中に食べなかったので、お土産用にいなり寿司が6個入った
志乃多(580円)を購入。

ホテルに預けていた荷物を回収して羽田空港へ。
ホント乗り換え無しで行けるのは便利だわ。

羽田空港へ到着。
7991.jpg

お土産は既に買ってるのでそのままゲート内へ入り、出発ゲートラウンジ内に去年9月に
新しく出来た「CAPTAINS' TOKYO(キャプテンズ・トーキョー)」エリアをブラブラと。
7992.jpg 7993.jpg
7994.jpg 7995.jpg
お土産はもちろんのこと、本屋やパン屋なんかも入ってます。

他にもホットサンドとフレッシュジュースの専門店「サンフレッシュカフェ」や
8000.jpg 7999.jpg
おにぎりと味噌汁の専門店「五穀豊穣 蔵一」等も。

また、フードコートにはご当地B級グルメのメニューが揃ってました。
7997.jpg 7998.jpg

飛行機の時間までまだもうちょっとあったので、早めの夕食をということで
一角にある立ち食い寿司屋「又こい家 羽田店」へ。

又こい家 羽田店
住所:東京都大田区羽田空港3-3-2 東京国際空港第1旅客ターミナル2F
      出発ゲートラウンジ(中央) キャプテンズ トーキョー内
電話:03-3747-0133
時間:6:30~20:00
定休:無し
8001.jpg 8002.jpg
築地の鮪の仲卸問屋が経営するお店です。
8003.jpg 8004.jpg
8005.jpg
こういう店はどうしても身構えてしまいますが、メニューを見ると1貫120円からで、
ネタにもよりますがかなりリーズナブル。

おまかせ握り(800円)を注文。
8006.jpg
目の前の職人さんがテキパキと握っていき、程なく出てきたのは
中トロ、赤身、カンパチ、スズキ、アジの5貫。
食べてみると、こう言ったら失礼だけど思ったよりもネタの質が良く、
シャリの握り具合も申し分無しでなかなか。

サーモン、〆さば、まぐろ(全て120円)を追加。
8007.jpg
値段を考えればどれも上々。特に鮪の仲卸問屋だけあって赤身は侮れないレベル。

うん、値段もそこそこだし、気軽に食べるには最適かと。
何よりゲート内だから出発時刻までの移動時間を気にせず食べられるのがいいですな。


小腹を満たしたところで出発の時間になったのでそそくさ搭乗し出発。
8009.jpg
その後は何事も無く無事福岡空港に到着…

暑っ、福岡蒸し暑っ!

東京も暑かったけど、福岡は昼間雨が降ってたせいもあって不快指数がパネェ。
ともあれ無事帰還。今回も充実した4日間で、無事過ごせて何よりでした。


■いつものお土産コーナー
志乃多寿司総本店のいなり寿司はその日のうちに。
8010.jpg 8011.jpg
相変わらず揚げとシャリだけのシンプルこの上ないのに何でこんなに美味しいんだろう?

かずやの煉は翌日にいただきます。
8012.jpg 8013.jpg
包みを解くと笹の香りがし、モチモチプルプルしてて濃緑が映えます。
8014.jpg 8015.jpg
早速いただくと、口の中に広がる濃厚な抹茶の風味と何とも言えないねっとりとした
舌触りのハーモニーで、得も言われぬ美味しさ。
なるほど、これはたしかに人気出るわけだわ。
ただ、数カ月前から予約してまで食べたいかと問われると、流石にちょっと首を捻るかな。
いや、こんな事言うと買えない人に怒られそうだけど。

清寿軒のどら焼きは4日持つので翌日以降に。
8016.jpg 8017.jpg
箱が洒落てます。

大判は一般的などら焼きの形で、小判は生地一枚で餡を包む形になってます。
8018.jpg
8019.jpg 8020.jpg
冷蔵庫に入れて翌日以降に食べたので生地、餡子共にしっとりしてました。
多分当日だと生地はもっとふわふわだったんだろうな。
餡は甘さ控えめで、生地とのマッチングが絶妙。
生地と餡子のバランスは小判のほうが好みでした
大判は生地を、小判は餡子を楽しむ感じかな。

豆源の豆菓子は日持ちするのでボチボチと。
8021.jpg
とはいってもおとぼけ豆はかっぱえびせんもビックリのやめられない止まらない状態で
あっという間に食べ尽くしてしまったんですが(笑)。
やはりおとぼけ豆はお徳用で買うべきだな。
関連記事

[ 2012/08/23 21:26 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。