スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京滞在記2012年冬編 1日目 

レポが遅れましたが、冬コミに参加する為に東京に行ってきました。
今回のメンバーは私と飛田君とたにめそ君の3人で、飯塚さんとほとん君と
相方君は留守番に。

まずは29日の午前中に福岡空港でたにめそ君と合流。
8318.jpg
飛田君は30日入りなので二人で東京に向かいます。
今回は去年のようなトラブルもなく、定刻通りに無事羽田空港に到着。

そのまま京急経由で今回の宿のある東銀座へと向かい、ホテルに荷物だけ預けて
昼食を取りにすぐ近くにある築地市場へ。

流石に年末だけあって場外市場は大賑わい。
8319.jpg 8320.jpg

反対に場内の魚がし横丁は昼時を過ぎて半分くらいの店が閉まってる為人少な目。
8321.jpg

とはいっても寿司大の列は相変わらずでしたが(笑)。
8322.jpg 8323.jpg

さて何を食べようかと悩む。
たにめそ君は住んでいるところが海から近く普段から新鮮な魚を食べ慣れてる為
刺身系を食べさせても「ふーん」くらいでリアクションが今ひとつ薄いので、
ここは揚げ物系で行くしかない!ということで「とんかつ 八千代」へ。

■とんかつ八千代
住所:東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場6号館
電話:03-3547-6762
営業:5:00~13:00
定休:日曜、祝日、不定休(築地市場に準ずる)

ここ最近上京毎に通ってる揚げ物メインのお店で、少し並んでましたが10分ほどで入店。
8324.jpg 8325.jpg
というか私らが並んだ所で列を締め切られて危ないところだった。

8326.jpg 8327.jpg
8328.jpg 8329.jpg
ダメ元でチャーシューエッグ定食(1200円)があるか聞いてみたところ、なんと
ラス1が残ってるとのことで当然注文。あとせっかくなので旬のカキフライも追加。
たにめそ君はメンチ穴子フライ定食(1300円)にカレーのちょいがけ(100円)を追加。

程なく登場。
8330.jpg
…したのはいいけどカキフライのバラ追加じゃなくて間違って通常の
定食の皿で来おったわ。あれー?
いやまあお腹減ってたしこれでもいいんですけどね。
8331.jpg 8332.jpg
早速チャーシューエッグにかぶりつくと、相変わらずのトロットロでマジ堪りません。
これだけでも東京に来た甲斐があったというものよ。
8333.jpg 8334.jpg
カキフライの方も大き目のカキがカラッと揚がっており、サクっという衣の
歯ごたえとジュワ~と口の中に溢れるカキの旨味がこれまた堪りません。

こちらはたにめそ君のメンチ穴子フライとちょいがけカレー。
8335.jpg 8336.jpg
互いにシェアしましたが、穴子フライは中の穴子がフワッフワの
ホロッホロでこれも絶品。
魚介類には厳しいたにめそ君も素直に美味しいと絶賛してました。
いやあ、今回も美味しかった。最近上京のにチャーシューエッグに遭遇できて幸せです。

お腹も膨れた所で場外市場の方を人ごみをかき分けつつブラブラと。
8337.jpg
たにめそ君が包丁屋で親父さんと話し込んだりつまみ系の土産物に興味を引かれたり。


色々回った所でチェックイン可能な時間になったのでホテルへ向かう。
8339.jpg 8340.jpg
今回はいつもの人形町や神田のホテルが取れなかった為東銀座という初めての場所に
なったんですが、築地は近いし作りも綺麗でなかなか良さ気な感じ。

荷物を部屋に置いてゴロンとベッドに横になると、猛烈な睡魔に襲われる。
実は朝方までコピー本の原稿をやっていた為昨日から寝てなかったので、軽く
仮眠を取ることにし……20時まで爆睡する。
ぬぉー、ノンストップが今日の夕方までの営業だったから行こうと思ってたのにー。

ちなみにたにめそ君は夕方からのSD系の飲み会に参加するとのことで、ホテルに
着いた後は別行動になってます。

幸い寄るつもりだったもう1軒のアメトイ屋「レッドマーキュリー 上野店」が
まだ開いていたのでそちらに向かうことに。


レッドマーキュリー 上野店
住所:東京都台東区上野4-9-2-小出ビル4F
電話:03-3837-0355
時間:11:00~21:00
定休:年中無休

8341.jpg 8342.jpg
8343.jpg
上野のアメ横近くの雑居ビルの4階にあるんですが、とにかく場所が分かりにくい
上に急な階段を登らないといけないという初心者に厳しい店で、私も初めて来た
時は店の場所を見つけるまでかなり手こずりました。

店の方はノンストあたりと比べるとちと割高感はありますが、結構広く品揃えも
新しいのから古いのまでかなり豊富で色々と目移りします。


満喫した所で流石にお腹も減ってきたので、すこし南下したところにある
インド料理店「アーンドラ・キッチン」へ。

アーンドラ・キッチン
住所:東京都台東区上野3-20-2 水野ビル B1F
電話:03-5818-6564
時間:平日11:15~15:00/17:00~23:00、土日祝11:30~15:00/17:00~22:00
定休:無し

8344.jpg 8346.jpg
前回の上京時に行って気に入った南インド料理のお店です。
8347.jpg 8348.jpg
8349.jpg 8350.jpg
今回のお目当てである土曜日の夜限定のハイデラバディ・ダム・ビリニヤ(1490円)と
ラッシー(400円)を注文。

程なく登場。
8352.jpg 8356.jpg
ビリヤニというのはインドの炊き込みご飯のようなものだそうで、作るのに
非常に手間がかかる為土曜夜のみの限定メニューになっています。
まずはそのままをいただくと、相変わらず絶妙な炊け具合のバスマティライスでこれ
だけでも十分美味しいのに、これにマトンの旨みたっぷりの肉汁やスパイスの複雑な
香りが合わさり得も言われぬ美味しさ。
8357.jpg
中には大き目の骨付きマトンがゴロゴロ入っていて、これがまたスパイシーかつ
柔らかくて美味しい。

ルチ・カ・サラン
8353.jpg 8358.jpg
サイドに添えられたスープカレーで、単体だとかなり辛め。
これをビリニヤにかけていただくとよりスパイシーさが増します。

ライタ
8354.jpg 8359.jpg
ヨーグルトの中に刻んだ玉ねぎやキュウリや香草が入っている、デザートではなく
ソースとしてのヨーグルトで、こちらもビリヤニにかけていただきます。
最初はおっかなびっくりだったけど、いざ食べてみるとビリヤニに酸味と甘味と
野菜のシャキシャキ感が加わってこれはこれでなかなか。

付け合せのスライスオニオン
8355.jpg
合間合間にシャクシャクと。

ラッシー
8351.jpg
どろり濃厚で美味し。

ボリュームもガッツリあってお腹いっぱいに。
いやー、独特だけど美味しかった。こりゃ人気なのも限定なのも納得ですわ。

その後は秋葉原に向かいヨドバシ等をブラブラしてからホテルに帰還。
関連記事

[ 2013/01/21 23:30 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。