東京滞在記2007冬 3日目 

コミケ2日目ですが、午前中は去年同様の浅草観光に。
神田から地下鉄銀座線で浅草へ。

0278.jpg
ウ○コビルの変わらぬ眩い輝き(ぉぃ
0279.jpg
雷門を潜り
0280.jpg
仲見世通りも相変わらずのにぎわい。

途中でほとん君と飛田君が焼きたて人形焼(2個100円)に飛びついたり
0281.jpg 0282.jpg
みんなで熱々の揚げ饅頭(100円)を食べたりしながら進んで行き
0283.jpg 0284.jpg 0285.jpg
改修工事で綺麗になった宝蔵院を抜け、本堂へ。
0286.jpg 0287.jpg
例によってこれでもかってくらい煙を頭に浴びる(笑)。

参拝が終わった後は、浅草寺裏の方に回り、
1年ぶりの「グリル佐久良」で昼食を。
0288.jpg 0289.jpg

■グリル佐久良
電話:03-3873-8520
住所:台東区浅草3-32-4
営業:11:30~14:00 16:30~21:00
定休:不定休

0290.jpg 0291.jpg
私と飛田君がビーフシチュー(2100円)、ほとん君、相方君、
もりそばんさんがタンシチュー(2300円)を注文。
今年の営業は今日の昼までで、タンシチューは本来なら売り切れ
だったそうですが、せっかく来てくれたんだからと特別に正月用のを
出してくれるとの事。ありがたやー。

また、シチューと一緒にチキンライス(1000円)やらドライカレー
(1000円)やらニンニクライス(600円)やらを一緒に注文しようと
したら、そんなんじゃせっかくのシチューの味がぼやけちゃうわよと
女将さんに言われ、みんな普通のライス(300円)に。
な、なんて商売っ気が無いんだ(笑)。

そう、ここは料理の美味しさだけでなく、気さくな女将さんの
優しさが実に心地良いのです。
代わりに名物のカツサンド(1400円)を一つ注文。

そうこうしてるうちにビーフシチューと
0292.jpg
タンシチューが登場。
0293.jpg

うーん、相変わらず濃厚なデミグラスソースがめちゃウマー!
これでもかと入った牛肉が形はしっかりしてるのに口の中に入れた
途端ほろほろと溶ける柔らかさでもうたまりません。
少し分けてもらったタンシチューもとろんとろんで美味すぎる。

そしてカツサンドキター!
0294.jpg
話には聞いていたけど、なんというぶ厚さ。
いざ食べてみると、ミディアムレアの、ギリギリで火が通ってるか
通ってないかの絶妙な揚げ加減。噂に違わぬ美味しさでした。
見た目に反して意外と軽く、サクッと入るのがまたいいね。
そして、普通は4分割なんですが、人数に合わせて6分割にして
出してくれる心遣いが素晴らしい。

お腹も心もいっぱいになったところで女将さんと大将にお礼を
言って退店。浅草に来る事が会ったら絶対また来よう。

ただ、ここのすぐ近くにある「グリルグランド」も
0295.jpg
非常に美味しい洋食屋とのことで、こちらにもいつか行って
みたいんだよなあ。昨日の築地同様贅沢な悩みだわ。


さあ、これであとは「小桜」のかりんとうと「梅むら」の豆かんを
お土産に買って帰れば完璧だー、と向かってみると、なんと両店とも
昨日までの営業で既にシャッターが。
去年と同じ感覚だったけど、曜日がずれてるのをすっかり忘れてましたorz

せっかく来たのに…としょぼーんとしかけましたが、近くに大学芋やたい焼きの
美味しい店があると聞いていたので、一縷の望みを託してそちらに行ってみると、
幸いどちらも開いてました。
0296.jpg

千葉屋
電話:03-3872-2302
住所:台東区浅草3-9-10
営業:[月~土] 10:00~18:00 [日・祝] 10:00~17:00
定休:火曜

大学芋400g(700円)と切り揚げ400g(700円)を購入。
熱々も美味しそうでしたが、冷めて飴がパリパリになったのが
一番との事だったので、そのまま持ち帰ることに。
袋開けようとしたら飴ベトベトでエラい事になりそうだったし(笑)。

そして同じブロックの角を曲がったすぐ隣にあるたい焼屋
「たい焼 写楽」へ。

0297.jpg

たい焼 写楽
電話:03-3873-3453
住所:台東区浅草3-9-10
営業:11:00~18:00
定休:月曜

たい焼(140円)を購入。
0298.jpg
焼きたてのたい焼は外は薄皮のパリパリ、中は尻尾まで詰まった甘さ
控えめの餡が熱々でこれまた実に美味。
出来てまだそれほど経って無い店だそうですが、なるほどこりゃ
評判になるわな。飛田君があっという間に平らげてました(笑)。

ほくほくでホテルに戻った後は、夕方までは自由時間に。
私は一休みした後、コピー本の製本に着手。
ペタペタ折ってるうちにビッグサイトに行っていたOOE氏も戻って来て、
二人でひたすら折り折り折り折り…


夕方になったのでみんな集まって赤羽の「まるます家」へ…
0300.jpg

■まるます家
住所:北区赤羽1-17-7
電話:03-3901-1405
定休:月曜(祝日の場合は翌日)
営業:9:00~21:30

…行ったのはいいんですが、残念ながら2階の座敷は予約でいっぱいで、
1階2階別々のかなりバラバラにならないと入れないとのことで断念。
うーん、流石に9人でまるます家は無謀だったか。
私の見込みが甘かったせいでせっかく期待して赤羽まで来たのに、
みんなには残念な思いをさせてしまって申し訳無い限りorz

まるます家以外はこの界隈は詳しくなかった為、近場の駅前というか
駅中にあった「西安餃子」に入る事に。

■西安餃子 赤羽店
電話:03-5249-5311
場所:東京都北区赤羽1-1-1 アルカード赤羽
営業:11:00~23:00(L.O.22:00)
定休:無休

場所が場所だけに正直あまり期待してなかったんですが、
0301.jpg 0302.jpg
0303.jpg 0304.jpg
餃子や焼売等の飲茶系の種類が豊富な上に値段もそこそこで
コストパフォーマンスはかなり高かったです。


ホテルに戻ったところでOOE氏とまた製本作業に。
0299.jpg
折ったページはほとん君と相方君が順番に重ねてきれいに並べて
くれたので、その後の作業がかなり助かりました。ありがたやー。

折り作業の後はホッチキスでひたすらパチパチと止めていき、
12時前にはどうにかこうにか製本完了。

さあ、風呂にも入ったし明日の準備も出来たのでとっとと寝るかー
…と思ったら、鼻の奥がツーンとしてなにやら生暖かいものが
溢れてきて、あれよあれよという間に鼻血がドバドバと。
あわわわ、っと慌ててティッシュを詰めるも一向に止まらない。
結局1時間近く経ってからようやく完全に止まりましたが、むぅ、
知らないうちに気が高ぶって興奮してたのか、それとも大浴場で
長く湯船に浸かり過ぎてたのか。

決戦日を前にして急に不安要素が出てきましたが、まあベッドが
血だらけにならなかっただけでも良しとしとこう。
とりあえず気にしないことにして寝る事に。
関連記事

[ 2008/01/09 06:49 ] イベント | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

GAN

Author:GAN
玩具とかトランスフォーマーとか
特撮とかSDガンダムとか美味い
ものとか。

所属サークル:みはるワークス

メール:gan2●pm.highway.ne.jp
●を@に変えて下さい。

PIXIV
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム